*

在日外国人支援ボランティア

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

世界中の人たちに二十五年もお世話になりつづけている。
そろそろ何か恩返しをしなければと思い、
在日アジア、アフリカ、南米人の手助けをしとうと思い立った。
早い話が、仕事と関係のないボランティアをしたいのだ。
しかし、そういう人たちが今どんな状況にあるのか
よくわからない。
いったい何が困っていることなのかを知るために
昔、アジア系多国籍新聞社で一緒に仕事をしており
現在はNPO在日外国人情報センターを運営している小池昌氏にお話を聞きに行った。
で、いろいろ聞いた結果、
在日外国人がいちばん必要としているのは、
「日本人からの理解」だということだった。
一般の日本人は在日外国人がどこでどういう生活をして
なにを考えているのか、てんで知らない。
例えば、外国人参政権のことが話題になっているが、
当の外国人が参政権を欲しているかどうか
調査もされていないのが実情だという。
それも知らないのに、「日本は外国人に好きなように操られている」なんて誤解が
まかり通ったりする。
そういうことで、外国人の人たちは著しく迷惑を受けている。
また、根本的なことだが、
大多数の非先進国系在日外国人は、「日本がすごく好き」だという。
世界中の数多ある国からわざわざ日本を選び、定住し、多くは「もっと長くいたい」と思っている。
仕事があるだけでなく、治安がよく、人が親切で、文化が豊かな国だと認識している。
例えば、最近小池さんたちが行った在日フィリピン人のアンケートでは
「愛着をもつ場所は?」という質問に対し、
母国フィリピンと日本ではあまり数字が変わらない。
そして、その二つより「今(日本で)住んでいる町」と答えた人がずっと多かった。
つまり、気持ちとしては、ふつうの日本人と変わらないのである。
結局、そういうことを取材して、雑誌や本に書き、広く世間に知らしめることが
なにより重要だと小池さんは言う。
驚いたことに、私本来の仕事がいちばん必要とされているらしい。
今まで他のライターやジャーナリストがそういうことをやってこなかったのは
時間と労力ばかりかかってカネにならないからだろう。
ということなので、これから地道に取材をしていくことにした。
あくまでボランティアとして。

関連記事

no image

アマゾンの謎

 「極楽タイ暮らし」が手元になくなってしまった。  この本は一般書店では入手しにくいので、ネット書

記事を読む

no image

冷や汗をかいた…

『本の雑誌 おすすめ文庫王国2006』が発売された。 毎年楽しみにしているムックだが、今回は私自身も

記事を読む

no image

スーダン寿司

スーダン人の盲目の友人、というか最近では「出来の悪い弟」みたいな感じになっている アブディンから電話

記事を読む

no image

一度は行って見たい国

渋谷のトルコ料理店で若いユニークな女性2名と飯を食った。 一人は昨年まで大学院でアフリカのエリトリア

記事を読む

no image

前代未聞の藤沢周平ベストテン

『本の雑誌増刊 おすすめ文庫王国2007年』が発売された。 私はこの中で、なんと藤沢周平の全作品か

記事を読む

no image

野外の強者たち

 金曜日、山形かみのやま温泉で上映会。  いや、正確には山形大学医学部法医学科の先生が主催する「勉

記事を読む

新連載に驚く

昨日発売の季刊誌「考える人」(新潮社)にて、ようやく私の新連載「謎のアジア納豆」が始まった。

記事を読む

no image

カレセン

 “カレセン”という言葉を聞いてことがあるだろうか。 「枯れたおじさん好き」という意味で、“デブ専

記事を読む

no image

陳会長の誕生パーティで動転する

日本冒険作家協会の内藤陳会長の誕生日パーティがあるから来ないかと友人に誘われ、行ってみた。 陳会長は

記事を読む

no image

『誰も国境を知らない』

西牟田靖『誰も国境を知らない』(情報センター出版局)の書評を 「北海道新聞」に書く。 新聞の書評は

記事を読む

Comment

  1. don より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X 10_5_6; ja-jp) AppleWebKit/525.27.1 (KHTML, like Gecko) Version/3.2.1 Safari/525.27.1
    ありがとうございます。
    私の夫は外国人なので、
    今すごくウレシイ気持ちでいっぱいです。
    よろしくお願いします(笑)
    じゃなくて!
    あたらしいテーマの本も、読ませてもらうの楽しみにしています。

  2. LP より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 F08A3(c500;TB;W30H20)
    少し想像力を働かせれば、在日外国人が一番困っているのは確かに日本人の無理解だと思います。
    少し違う話ですが、週末に新宿に行くと、ガーナ人が駅前で寄付を呼びかけているのですが、目の前の喫煙所で見ているとなかなか日本人が立ち止まりません。黒人のNGOというだけで疑ってしまう人が多いのかも知れません。(信用できるかを調べたわけではありませんが)
    隣に日本人がいるだけで信用力が全然違うのだろうなと思います。またガーナ人の女の子が17才と聞いて何か手は無いだろうかと思案してる所であります。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 「清水さんはエッセイも一級品」と書くつもりだったのに、「清水さんのエッセイは一級品」と書いてしまった。これでは他の仕事が一級品じゃないみたいだ。もちろん全部一級品ですよ、すみません! ReplyRetweetFavorite
    • 清水さんはエッセイは一級品。読みやすい文章に誘われて、中世の人の息づかいを感じることができる。「スマホを手繰る」という斬新な表現にも感嘆した。蕎麦か!? ReplyRetweetFavorite
    • 私と対談本を出している歴史家の清水克行さんが「小説新潮」(9月号)にて「アナーキー・イン・ジャパン」なる新連載を始めた。同誌では私も「謎の未確認納豆を追え」という連載を行っており今月号は「西アフリカのハイビスカス納豆」。二人とも「それ、どうよ?」というタイトルだ…。 ReplyRetweetFavorite
    • 私はニュースの素材になるような取材をしていないから、そういうことをやっている人を尊敬するという意味です。 ReplyRetweetFavorite
    • 「人が表現者として世に出るのに必要なのは才能と運と継続」もけだし名言。 ReplyRetweetFavorite
    • 本棚で別の本を探していたら、大槻ケンヂ著『いつか春の日のどこかの町へ』(角川文庫)が目に留まり思わず再読してしまった。しみじみと明るく切ない名作。オーケンさんは大人になれない大人の話を書かせたら天下一品だ。 ReplyRetweetFavorite
    • 電車の中で親しげに「おう!」と声をかけてきた人がいて、誰かと思ったら弟だった。生きてたんだな、弟。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年8月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑