*

在日外国人支援ボランティア

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

世界中の人たちに二十五年もお世話になりつづけている。
そろそろ何か恩返しをしなければと思い、
在日アジア、アフリカ、南米人の手助けをしとうと思い立った。
早い話が、仕事と関係のないボランティアをしたいのだ。
しかし、そういう人たちが今どんな状況にあるのか
よくわからない。
いったい何が困っていることなのかを知るために
昔、アジア系多国籍新聞社で一緒に仕事をしており
現在はNPO在日外国人情報センターを運営している小池昌氏にお話を聞きに行った。
で、いろいろ聞いた結果、
在日外国人がいちばん必要としているのは、
「日本人からの理解」だということだった。
一般の日本人は在日外国人がどこでどういう生活をして
なにを考えているのか、てんで知らない。
例えば、外国人参政権のことが話題になっているが、
当の外国人が参政権を欲しているかどうか
調査もされていないのが実情だという。
それも知らないのに、「日本は外国人に好きなように操られている」なんて誤解が
まかり通ったりする。
そういうことで、外国人の人たちは著しく迷惑を受けている。
また、根本的なことだが、
大多数の非先進国系在日外国人は、「日本がすごく好き」だという。
世界中の数多ある国からわざわざ日本を選び、定住し、多くは「もっと長くいたい」と思っている。
仕事があるだけでなく、治安がよく、人が親切で、文化が豊かな国だと認識している。
例えば、最近小池さんたちが行った在日フィリピン人のアンケートでは
「愛着をもつ場所は?」という質問に対し、
母国フィリピンと日本ではあまり数字が変わらない。
そして、その二つより「今(日本で)住んでいる町」と答えた人がずっと多かった。
つまり、気持ちとしては、ふつうの日本人と変わらないのである。
結局、そういうことを取材して、雑誌や本に書き、広く世間に知らしめることが
なにより重要だと小池さんは言う。
驚いたことに、私本来の仕事がいちばん必要とされているらしい。
今まで他のライターやジャーナリストがそういうことをやってこなかったのは
時間と労力ばかりかかってカネにならないからだろう。
ということなので、これから地道に取材をしていくことにした。
あくまでボランティアとして。

関連記事

no image

月刊日本語

昨日あたり発売になった「月刊日本語」の巻頭インタビューに私が登場させてもらっているが、 それとは別

記事を読む

no image

トルコで最も知られたジャナワール写真(画像)日本初公開

私たちがワン湖で撮影した謎の物体の解析をしようとあちこちに依頼しているが、なかなか専門家の方々が

記事を読む

no image

『犬部!』

明日7日、妻・片野ゆかの新刊『犬部!』(ポプラ社)が発売される。 犬部とは、北里大学獣医学部に実在

記事を読む

no image

狂気の起源を求めて

ビルマ(ミャンマー)難民研究者にして本人は医療難民の大野更紗さんのところに シャン料理をもっていく。

記事を読む

no image

「花より男子」

高校講演会ではいつもいろいろ面白いことがあるが、 今回いちばん驚かされたのは同行している集英社の担当

記事を読む

no image

タマキングの気づかい

三省堂神保町本店で宮田珠己ことタマキングとトークショーを行う。 驚いたのはタマキングが「Tシャツを2

記事を読む

究極の野菜はフグ野菜

今年も年初から忙しくなかなか読書の時間がとれないけれど、 読んだ本は当たりが多く、充実している。

記事を読む

no image

ダーティな本気はピュアなのか

斉藤一九馬『歓喜の歌は響くのか 永大産業サッカー部 総武3年目の天皇杯決勝』(角川文庫)を読んだ。

記事を読む

no image

an anとミャンマー

お待ちかね、「an an」に登場した。 しかも「永久保存版」と記されている。 美人レシピ142だそ

記事を読む

no image

ゾウ本あらため辺境中毒!

すっかり忘れていたが、今週の20日(木)に『辺境中毒!』(集英社文庫)が刊行される。 『辺境の旅は

記事を読む

Comment

  1. don より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X 10_5_6; ja-jp) AppleWebKit/525.27.1 (KHTML, like Gecko) Version/3.2.1 Safari/525.27.1
    ありがとうございます。
    私の夫は外国人なので、
    今すごくウレシイ気持ちでいっぱいです。
    よろしくお願いします(笑)
    じゃなくて!
    あたらしいテーマの本も、読ませてもらうの楽しみにしています。

  2. LP より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 F08A3(c500;TB;W30H20)
    少し想像力を働かせれば、在日外国人が一番困っているのは確かに日本人の無理解だと思います。
    少し違う話ですが、週末に新宿に行くと、ガーナ人が駅前で寄付を呼びかけているのですが、目の前の喫煙所で見ているとなかなか日本人が立ち止まりません。黒人のNGOというだけで疑ってしまう人が多いのかも知れません。(信用できるかを調べたわけではありませんが)
    隣に日本人がいるだけで信用力が全然違うのだろうなと思います。またガーナ人の女の子が17才と聞いて何か手は無いだろうかと思案してる所であります。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • それにしても、ソン・ガンホは黙って座っていて息をしているだけで面白い。 ReplyRetweetFavorite
    • ポン・ジュノ監督、ソン・ガンホ主演の『パラサイト 半地下の家族』を渋谷の東宝で観た。スクリーンがすごくでかいのに、まちがって前から四列目の席をとってしまったため、「観た」というより「現場に居合わせた」感じ。いや、すごい体験だった。 ReplyRetweetFavorite
    • 子だくさんの「やもめのジョナサン」夫婦が子供をぞろぞろ連れてハネムーンに行く場面と、情けない警官のなべおさみが泥まみれ涙まみれになる場面がいい。展開が早くて笑いあり涙ありでなんだかジャッキー・チェンの映画みたいだった。 ReplyRetweetFavorite
    • 映画好きの友人に強く勧められ、生まれて初めて「トラック野郎を観てしまった。第2作の爆走一番星。始まっていきなり主役の菅原文太がトルコ風呂の裸の女の子たちと酒盛りをしているシーンで度肝を抜かれる。でもあまりにあっけらかんとして、全然エロくないんだが。 ReplyRetweetFavorite
    • 「へうげもの」は完全に私の戦国〜江戸初期の概念を変えた。加藤清正なんて具志堅用高だとしか思えなくなってるし。 ReplyRetweetFavorite
    • 山田芳裕著『へうげもの』(講談社)25巻(最終巻)をようやく読了。長い長い旅を終えたよう。放心。 ReplyRetweetFavorite
    • やっと原稿書けた。酒飲みたい。 ReplyRetweetFavorite
  • 2020年1月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑