*

映画「ホテル・ルワンダ」を見るべし!

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

試写会で、映画「ホテル・ルワンダ」を見た。
1994年、ルワンダで三ヶ月で数十万人が虐殺されるという悲劇が起きた。
多数派民族のフツ族の民兵が、少数派のツチ族とフツ族の穏健な人々をナタで殺しまくったのである。
当時、米「タイム」誌の表紙に「今、地獄に悪魔はいない。みんな、ルワンダへ出かけている」という見出しが出たのを思い出す。
そのとき、最高級ホテル「ホテル・ミル・コリン」の支配人が、自分の裁量で千人以上の難民をホテルにかくまって命を助けたという、実話に基づく映画である。
私は1997年以降、ルワンダを4回訪れ、森に木を植えたり、薪の燃焼効率をあげる改良カマドの普及を行うNGOの手伝いをしている。
だから、当然ルワンダがどんな状況なのか、どんな国なのか、ある程度は知っている。
第三世界を舞台にした映画は、現地を知っている者からすると、「けっ!」と思うものが少なくないが、この「ホテル・ルワンダ」はひじょうにリアルだった。
ルワンダでのロケもふんだんに取り入れているし、何より主人公がルワンダ人というのがいい。
外国の映画は外国人が主人公であることがふつうで、そうすると結局、外側からの視点で終わってしまうのだが、主人公が現地人だと、内側からの視点になる。
圧巻は、混乱がひどくなって、外国人が(国連の軍隊ごと)脱出するところ。
主人公が外国人ならこれで、「あ、助かった!」となるのだが、見捨てられたルワンダ人たちは呆然となる。
観客も彼らと一緒に究極の絶望状態を味わうはめになる。これはどんな戦場ジャーナリストの報告からも感じることができない。
脚本もよくできている。
シリアスな話なのに、ちゃんとエンタメになっているのはさすがハリウッド。
リアリティをギリギリ削って、一般観客のキャパに耐えるものになっている。
まあ、とにかくお奨めです。見てください。
シアターN渋谷にて「新春第2弾ロードショー!」だそうです。
詳しくはこのサイトをどうぞ。
http://www.mediasuits.co.jp/lineup/hotelrwanda.html

関連記事

no image

未確認思考物隊

1月からどうやら本当に始まるらしい関西テレビの 変な番組のタイトルが決まったと連絡があった。 「未確

記事を読む

no image

ソフィア・ローレンと苔

  人生で初めてのことだが、妻と母親と三人で瀬戸内を旅行してきた。 金比羅神社、直島、そして倉敷とい

記事を読む

no image

ダーティな本気はピュアなのか

斉藤一九馬『歓喜の歌は響くのか 永大産業サッカー部 総武3年目の天皇杯決勝』(角川文庫)を読んだ。

記事を読む

no image

印度放浪

私の本を韓国の出版社に売り込んでいるエージェントのカンさんに会う。 「最近はどうですか?」と訊いたら

記事を読む

no image

パキスタンの辺境

週刊プレイボーイのインタビューで集英社の会議室に行ったら 探検部で3年先輩のTさんがふらっと現れた。

記事を読む

no image

また知り合いがノンフィクション賞を受賞!

小説すばる(10月号)に、開高健ノンフィクション賞の発表が載っていた。 それを見て、たまげてしまった

記事を読む

no image

小説にいちばん近いルポ

 日本に移り住んだ外国人の食生活を追った『移民の宴』。「おとなの週末」で連載したものを大幅に加筆修正

記事を読む

『アヘン王国潜入記』ほか4点が電子書籍化

今ツイッターを見たら、私の本が4冊、電子書籍として紀伊國屋電子書籍ストアで販売開始されたというツ

記事を読む

no image

七夕に願いを

本日やっと東京の自宅に戻った。 ハルゲイザ(ソマリランドの首都)はさすがに遠い。 →ジブチ→アジスア

記事を読む

no image

ブータン旅より帰国

バンコク市内から幸か不幸かちゃんと空港へ行けてしまい、 本日帰国した。 タイ王朝が崩壊するかもしれ

記事を読む

Comment

  1. kow より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)
    ボクはこの映画の話、町山智浩氏の日記(とラジオ)で知りました。
    一時は日本未公開かもと言われていたのに
    劇場にかかるようで良かったですよ。

  2. 映画への期待。2005年12月05日。「ホテルルワンダ」

    「ホテルルワンダ」の劇場がようやく判った。 公式ホームーページにはシアターN渋谷

  3. タカノ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    公開が1月4日(土)に決まったそうです。

  4. 『ホテル ルワンダ / HOTEL RWANDA』 ☆今年13本目☆

    『ホテル ルワンダ』公式サイト:http://www.hotelrwanda.jp/原題:HOTEL RWANDA製作:2004年イギリス、イタリア、南アフリカ監督:テリー・ジョージ出演:ドン・チードル/ソフィー・オコネドー/ニック・ノルティ/ホアキン・フェニックス《公開時コピー》「愛する家族…

  5. 『ホテル ルワンダ / HOTEL RWANDA』 ☆今年13本目☆

    『ホテル ルワンダ』公式サイト:http://www.hotelrwanda.jp/原題:HOTEL RWANDA製作:2004年イギリス、イタリア、南アフリカ監督:テリー・ジョージ出演:ドン・チードル/ソフィー・オコネドー/ニック・ノルティ/ホアキン・フェニックス《公開時コピー》「愛する家族…

  6. byfiles より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (X11; Ubuntu; Linux i686; rv:10.0) Gecko/20100101 Firefox/10.0
    このアドバイスをありがとうございました。私はこの映画を見たことがないが、私は今それを見ています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • おお、とても持続可能と思えない飲み方をしてるのに持続して飲んでる大竹さん! ReplyRetweetFavorite
    • なお、今回の取材はたいへん疲れたので、持続可能な自分をめざすマイSDGs構想のため、6月は極力仕事をせず、本を読んだり映画を観たり酒を飲んだりして心身を休めるつもりです。 ReplyRetweetFavorite
    • イラク1ヶ月の取材を終え、無事帰国しました。現在は休載中となっている「イラク水滸伝」(オール讀物)の続きをいずれ再開するつもりです。お楽しみに〜 ReplyRetweetFavorite
    • 成田空港到着。例によって鬼のような細かい手続きに疲れるが、さまざまな国出身のスタッフが当たり前のように仕事をしているのが嬉しい。共通語は日本語で、その他、世界の主要言語に対応してる模様。私が理想とする「固有性を維持したまま世界に開かれた日本」が期せずして実現されている感じ。 ReplyRetweetFavorite
    • 飛行機に搭乗しようとしたら、「マスク持ってるか?」と訊かれ、「は?マスク?」と意味を計りかねたが、3秒くらいしてコロナ対策だ!と気づいた。国際線はまだコロナ世界なのだ。 ReplyRetweetFavorite
    • 中東旅の締めくくり?に万城目学著「パーマネント神喜劇」(新潮文庫)を読む。折り目正しいコメディに砂だらけの心が洗われる思い。解説の津村記久子さんの言うとおり、おっさんの神様の語りが絶品。いつまでも読んでいたくなる。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 祝!集英社文庫創刊45周年‼︎ 僕にとって集英社文庫といえば椎名さんの『岳物語』と高野秀行さんの『ワセダ三畳青春記』かな。いつまでも読み継がれてほしい文庫です。 https://t.co/GB9uL2KG9c ReplyRetweetFavorite
  • 2022年5月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑