*

映画「ホテル・ルワンダ」を見るべし!

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

試写会で、映画「ホテル・ルワンダ」を見た。
1994年、ルワンダで三ヶ月で数十万人が虐殺されるという悲劇が起きた。
多数派民族のフツ族の民兵が、少数派のツチ族とフツ族の穏健な人々をナタで殺しまくったのである。
当時、米「タイム」誌の表紙に「今、地獄に悪魔はいない。みんな、ルワンダへ出かけている」という見出しが出たのを思い出す。
そのとき、最高級ホテル「ホテル・ミル・コリン」の支配人が、自分の裁量で千人以上の難民をホテルにかくまって命を助けたという、実話に基づく映画である。
私は1997年以降、ルワンダを4回訪れ、森に木を植えたり、薪の燃焼効率をあげる改良カマドの普及を行うNGOの手伝いをしている。
だから、当然ルワンダがどんな状況なのか、どんな国なのか、ある程度は知っている。
第三世界を舞台にした映画は、現地を知っている者からすると、「けっ!」と思うものが少なくないが、この「ホテル・ルワンダ」はひじょうにリアルだった。
ルワンダでのロケもふんだんに取り入れているし、何より主人公がルワンダ人というのがいい。
外国の映画は外国人が主人公であることがふつうで、そうすると結局、外側からの視点で終わってしまうのだが、主人公が現地人だと、内側からの視点になる。
圧巻は、混乱がひどくなって、外国人が(国連の軍隊ごと)脱出するところ。
主人公が外国人ならこれで、「あ、助かった!」となるのだが、見捨てられたルワンダ人たちは呆然となる。
観客も彼らと一緒に究極の絶望状態を味わうはめになる。これはどんな戦場ジャーナリストの報告からも感じることができない。
脚本もよくできている。
シリアスな話なのに、ちゃんとエンタメになっているのはさすがハリウッド。
リアリティをギリギリ削って、一般観客のキャパに耐えるものになっている。
まあ、とにかくお奨めです。見てください。
シアターN渋谷にて「新春第2弾ロードショー!」だそうです。
詳しくはこのサイトをどうぞ。
http://www.mediasuits.co.jp/lineup/hotelrwanda.html

関連記事

no image

シリアス・ファン

義兄マイク・ノックら義理の兄弟一同で新宿に集まり、昼食。 マイクは修行僧みたいな音楽家なのだが、彼

記事を読む

no image

漂流するトルコ

小島剛一『漂流するトルコ』(旅行人)をついに読んだ。 もともとは私が小島先生に「(名著『トルコもう

記事を読む

no image

編集者は辛いよ

私がプロデュースするアブディン『わが盲想』がいよいよ終盤にさしかかっている。 本来なら2月いっ

記事を読む

no image

あの映画は何だったのか

名前はよく知っているし、名場面や音楽も知っているような気がするが、 実は一度もちゃんと見たことがない

記事を読む

no image

アスクル人、カンヌを制す!?

『アスクル』に登場している沖縄の映画プロデューサーの井手君が上京、またうちに泊まっている。 毎晩、真

記事を読む

no image

日本浄土

 最近手元に置いて、仕事が手につかないとき、 つまりしょっちゅう、ページをめくるのは 藤原新也『日

記事を読む

no image

またプロレスの話ですが

三沢光晴の一件について長らく考えていたが、結局「三沢は死んでいない」という結論に達した。 「彼は俺

記事を読む

no image

四万十の至福

将来の極秘プロジェクトについて相談するため、 先週末から四日ほど高知・四万十市(中村)に行き、 現

記事を読む

no image

SPA!イスラム飲酒紀行はまだやってます

ときどき「SPA!のイスラム飲酒紀行は連載中止になったんですか?」と聞かれる。 パキスタン篇を2週連

記事を読む

no image

目指すはドリトル先生

読者の方からご指摘があったが、今回の『メモリークエスト』のカバーは 「ドリトル先生」をイメージした

記事を読む

Comment

  1. kow より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)
    ボクはこの映画の話、町山智浩氏の日記(とラジオ)で知りました。
    一時は日本未公開かもと言われていたのに
    劇場にかかるようで良かったですよ。

  2. 映画への期待。2005年12月05日。「ホテルルワンダ」

    「ホテルルワンダ」の劇場がようやく判った。 公式ホームーページにはシアターN渋谷

  3. タカノ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    公開が1月4日(土)に決まったそうです。

  4. 『ホテル ルワンダ / HOTEL RWANDA』 ☆今年13本目☆

    『ホテル ルワンダ』公式サイト:http://www.hotelrwanda.jp/原題:HOTEL RWANDA製作:2004年イギリス、イタリア、南アフリカ監督:テリー・ジョージ出演:ドン・チードル/ソフィー・オコネドー/ニック・ノルティ/ホアキン・フェニックス《公開時コピー》「愛する家族…

  5. 『ホテル ルワンダ / HOTEL RWANDA』 ☆今年13本目☆

    『ホテル ルワンダ』公式サイト:http://www.hotelrwanda.jp/原題:HOTEL RWANDA製作:2004年イギリス、イタリア、南アフリカ監督:テリー・ジョージ出演:ドン・チードル/ソフィー・オコネドー/ニック・ノルティ/ホアキン・フェニックス《公開時コピー》「愛する家族…

  6. byfiles より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (X11; Ubuntu; Linux i686; rv:10.0) Gecko/20100101 Firefox/10.0
    このアドバイスをありがとうございました。私はこの映画を見たことがないが、私は今それを見ています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : いい本買った。世界各地から来ている難民の人たちが、日本で手に入る食材で作る料理の本。 https://t.co/tSZtHo5Yya ReplyRetweetFavorite
    • RT : 【来店&オンライン】 『ある大学教員の日常と非日常』(晶文社) 『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)刊行記念 横道誠×高野秀行トークイベント 「迷宮めぐりの旅談義」 11/4(金)19:00 「混沌から明晰へ」と向かう作品世界… ReplyRetweetFavorite
    • 「連戦連敗の学習法」とは星の数ほどある語学習得法の中でも史上初にちがいない。 https://t.co/BJYpRz6oka ReplyRetweetFavorite
    • RT : 発売中の「女性セブン」に高野秀行さんの『語学の天才まで1億光年』についてのインタビューが掲載されています!取材、構成は佐久間文子さん。「びっくりするぐらい本格的な内容の本」としながら、高野さんの楽しい文体の理由も明かしてくださっています。 h… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 25以上の言語を学んだノンフィクション作家・高野秀行さんが明かす“連戦連敗”の学習法 https://t.co/odail34l2y 「ぼくは言語おたく、はやりの言葉で言うと『言語推し』ですね」 @… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行『語学の天才まで1億光年』 スペイン語=カクカク「平安京言語」他方ポルトガル語は アマゾン冒険でローマ字読みで習ったポル語が全く聞き取れず、ネイティブに学ぶべきだったとしきりに後悔しつつ、両言語を縦横に語る至言の数々 ただスペ語にクレ… ReplyRetweetFavorite
    • 野谷文昭先生、おめでとうございます! この本は、実在した主人公がコンゴ→アマゾン(プトゥマヨ川流域)→独立運動と移行していくという点で、私の『語学の天才まで1億光年』と見事にシンクロしており、本当に驚かされました。 https://t.co/MhFDF26sS6 ReplyRetweetFavorite
  • 2022年10月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑