*

映画「ホテル・ルワンダ」を見るべし!

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

試写会で、映画「ホテル・ルワンダ」を見た。
1994年、ルワンダで三ヶ月で数十万人が虐殺されるという悲劇が起きた。
多数派民族のフツ族の民兵が、少数派のツチ族とフツ族の穏健な人々をナタで殺しまくったのである。
当時、米「タイム」誌の表紙に「今、地獄に悪魔はいない。みんな、ルワンダへ出かけている」という見出しが出たのを思い出す。
そのとき、最高級ホテル「ホテル・ミル・コリン」の支配人が、自分の裁量で千人以上の難民をホテルにかくまって命を助けたという、実話に基づく映画である。
私は1997年以降、ルワンダを4回訪れ、森に木を植えたり、薪の燃焼効率をあげる改良カマドの普及を行うNGOの手伝いをしている。
だから、当然ルワンダがどんな状況なのか、どんな国なのか、ある程度は知っている。
第三世界を舞台にした映画は、現地を知っている者からすると、「けっ!」と思うものが少なくないが、この「ホテル・ルワンダ」はひじょうにリアルだった。
ルワンダでのロケもふんだんに取り入れているし、何より主人公がルワンダ人というのがいい。
外国の映画は外国人が主人公であることがふつうで、そうすると結局、外側からの視点で終わってしまうのだが、主人公が現地人だと、内側からの視点になる。
圧巻は、混乱がひどくなって、外国人が(国連の軍隊ごと)脱出するところ。
主人公が外国人ならこれで、「あ、助かった!」となるのだが、見捨てられたルワンダ人たちは呆然となる。
観客も彼らと一緒に究極の絶望状態を味わうはめになる。これはどんな戦場ジャーナリストの報告からも感じることができない。
脚本もよくできている。
シリアスな話なのに、ちゃんとエンタメになっているのはさすがハリウッド。
リアリティをギリギリ削って、一般観客のキャパに耐えるものになっている。
まあ、とにかくお奨めです。見てください。
シアターN渋谷にて「新春第2弾ロードショー!」だそうです。
詳しくはこのサイトをどうぞ。
http://www.mediasuits.co.jp/lineup/hotelrwanda.html

関連記事

no image

多忙な土曜日

「本の雑誌」2月号届く。 私も「レフリー・ジョー高野」として参加したプロレス本座談会は、 なかなか

記事を読む

no image

こういうときこそ日常

あいかわらず地震のニュースはひどい。 でもあまり悲惨な映像を見続けていると精神的に参ってしまうので

記事を読む

no image

驚異の山形勉強会

昨年に引き続き、山形大学医学部の先生主催による「勉強会」にお招きいただき、 週末は山形に行き、今さ

記事を読む

no image

時差ボケが治らない

珍しく時差ぼけになり、それがちっとも治らない。 朝頑張って起きても昼過ぎに眠くなり午後爆睡。 で、

記事を読む

no image

美味すぎる差し入れ

読者の方よりお酒をいただいた。 身内の方が、千葉県香取郡神崎町にある超老舗(江戸時代初期創業だそう

記事を読む

no image

モガディショで宮田珠己

ソマリランド&ソマリアでは、いろいろな理由で暇な時間がひじょうに長かった。 とくにソマリアの首都モガ

記事を読む

no image

ロスト・シティZ

最近、突然読書量が増えたのは、仕事のあとや合間でなく、 始まる前に机に向かって本を読むようになった

記事を読む

no image

ナイロビのカリフォルニアにて

結局、ナイロビ市内は昼前なら歩いても、気をつけさえすれば、 問題ないとわかった。 酒もちゃんと飲んで

記事を読む

no image

「間違う力」と「巻き込まれる力」

話すと長くなるが、成り行きで、ソマリランドの新聞に日本の中古車輸出会社の広告を載せるという仕事をやっ

記事を読む

no image

写真家・後藤修身の撮ったパキスタン北部辺境

先日、パキスタン北部のフンザ周辺の話を書いたら、反響が大きくてちょっと驚いた。 コメントの他にもメ

記事を読む

Comment

  1. kow より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)
    ボクはこの映画の話、町山智浩氏の日記(とラジオ)で知りました。
    一時は日本未公開かもと言われていたのに
    劇場にかかるようで良かったですよ。

  2. 映画への期待。2005年12月05日。「ホテルルワンダ」

    「ホテルルワンダ」の劇場がようやく判った。 公式ホームーページにはシアターN渋谷

  3. タカノ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    公開が1月4日(土)に決まったそうです。

  4. 『ホテル ルワンダ / HOTEL RWANDA』 ☆今年13本目☆

    『ホテル ルワンダ』公式サイト:http://www.hotelrwanda.jp/原題:HOTEL RWANDA製作:2004年イギリス、イタリア、南アフリカ監督:テリー・ジョージ出演:ドン・チードル/ソフィー・オコネドー/ニック・ノルティ/ホアキン・フェニックス《公開時コピー》「愛する家族…

  5. 『ホテル ルワンダ / HOTEL RWANDA』 ☆今年13本目☆

    『ホテル ルワンダ』公式サイト:http://www.hotelrwanda.jp/原題:HOTEL RWANDA製作:2004年イギリス、イタリア、南アフリカ監督:テリー・ジョージ出演:ドン・チードル/ソフィー・オコネドー/ニック・ノルティ/ホアキン・フェニックス《公開時コピー》「愛する家族…

  6. byfiles より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (X11; Ubuntu; Linux i686; rv:10.0) Gecko/20100101 Firefox/10.0
    このアドバイスをありがとうございました。私はこの映画を見たことがないが、私は今それを見ています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : 高野秀行オンラインイベント「辺境チャンネル」はただいま1周年記念で、過去のアーカイブ視聴の感謝セールをしております!『西南シルクロード〜』も『アヘン王国〜』も『幻のアフリカ納豆〜』もぜんぶ30%オフです!ぜひこの機会にお求めください!… ReplyRetweetFavorite
    • 妻の引き(悪運?)の強さに今さらながら驚く。ノンフィクションが映画化されること自体めったにないのに、それが芸能トップニュースの中で宣伝されている。おそるべし「犬部!」パワー。 https://t.co/QjAniDJvcm ReplyRetweetFavorite
    • RT : 初日満足度ランキング第1位! 嬉しすぎる。 ReplyRetweetFavorite
    • ご心配をおかけしております。現在都内のホテル療養中で、熱は下がり、状態は安定しています。でも酒は全く飲む気がしないのでまだまだ健康体には遠いのでしょう。しばらくSFを読みながら静かに過ごす予定です。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : インセイン刑務所内で軍が発砲。女性5人含む少なくとも 20人死亡 23日朝「拘束者による抗議の声」が外にも響き渡り、動画も拡散された。その後、軍の車両が施設に入った情報もあったが殺すとは… そもそも不当に逮捕・拘束されてる人ばかりで、刑務所… ReplyRetweetFavorite
    • RT : なんと!原案『犬部!』コミカライズ「ツヅキくんと犬部のこと」作者の衿沢世衣子さんによる映画版イメージイラストが公開♪ ReplyRetweetFavorite
    • 映画「犬部!」公開日に観に行く予定が その日に陽性判明。いつ観れるのだろう…。みなさん、私の代わりに観に行って下さいね。そしてどんな映画だったか教えて下さい。 https://t.co/HF9MG2n4OE ReplyRetweetFavorite
  • 2021年7月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑