*

新企画持ち込みについて<関係者各位>

公開日: : 高野秀行の【非】日常模様

以前より私のところにはあちこちの出版社やテレビ制作会社・テレビ局より企画が持ち込まれているが、今年に入ってその数はどんどん増えている。講談社ノンフィクション賞受賞でまた新たに企画が来はじめている。

問題なのは、今年何回そういう新企画について打ち合わせをしたかわからないが、
最初から成立しない企画があまりに多すぎる。
相手の問題もあるし、私の方が自分の立場や仕事を説明しておくべきという部分もある。

遅まきながら、基本的な事柄をいくつかご説明したい。

1.現在決定している企画

◎アジア納豆紀行
 これは某社の雑誌で連載が決定している。ただし、今回は単なる私的旅行であり、
タイに来たついでに下見しておこうという程度のもの。だから版元が決まっていると書かなかったが、
複数の編集者から「うちでやりませんか」と打診されてしまった。
そういう編集の方には無駄な企画構成や社内根回しを強いてしまった可能性が高く、申し訳ないとしか言いようがない。
 もっとも、私の場合、連載が決定しているからといって、必ずやるとは限らないのではあるが…。

◎『謎の独立国家ソマリランド』続篇
 これも某社の雑誌で連載予定。まだ一行も書いてないが…(涙)

この2つ以外は未定です。

2.ソマリランドの文庫化
 まだ新刊本が店頭に並んでいる時点で、それについて考えたくないというのが本音。
また、もし文庫化するならあそこかなと漠然とした考えがあるのも事実。
とにかく、それについてしばらくは放っておいてください。

3.新書の書き下ろし・語り下ろし

「新書を書いてほしい」という依頼はこれまでたくさん来ているが、
正直言って無理です。
理由は、私のやっていることにあまりに普遍性がないから。
例えば、言語や語学について書かないかというお誘いをよく受けるが、
私の言語学習法は特殊すぎて参考にならない。

謎の怪魚を探しに行くため、それに特化した会話文「この魚を知ってますか?」「どこで見ましたか?」
「それはよく採れますか?」を作って覚えるとか、三ヵ月やって現地に行き、終われば忘れてしまうなど、
そんな学習方法は誰にも向いてないし、そもそもお薦めできない。

私の旅や探検的行動も同じ。
もともと新書というのは「何かの役に立つ本」でなければいけないが、私の本は何の役にも立たない。
私はあくまで物語作家であり、新書には不向きだとご理解いただきたいと思う。

ただし、「対談で新書」はアリだと思う。

4.テレビのドキュメンタリー企画

これもひじょうに頻繁に話がくるが、スタジオ出演ならともかく、私が実際に現地へ行くという
ドキュメンタリー番組の企画は一度も成立したことがない。

理由は簡単である。
現在、テレビのドキュメンタリー番組は9割方NHKが放映している。
そして私が興味を持っている地域はソマリランドとソマリア。
どちらもNHK的には「ソマリア」でありイコール「危険地帯」。よって、その時点でNGなのだ。

民放の枠で話が来たことはないが、もし来ても結果は同じだろう。

それから「情熱大陸」やそれに類似した番組の企画も来たことが何度かあるが、やはり成立しなかった。
大きな理由は、私がプライベートの撮影が嫌いだから。
私の日常生活は超つまらない。住んでいるところも生活自体も超平凡。
仕事はただパソコンに向かって書くだけ。しかも場所はドトールだし。私の部屋にはアジアやアフリカの土産物は一切なくて、
(私はモノに関心がなくお土産類を買わない)、ただ本がたくさんあるだけの無味乾燥な部屋だ。
私は読者に面白いものを提供したいのであり、つまらないものを見せて時間の無駄をさせたくないのである。

それから、もっと根本的なことは、私は自分の顔や声が大嫌いで、
スチルの写真やラジオですらうんざりだ。
ましてやそれが動いてマヌケ面をさらし、辻褄の合わないアホな言動を繰り返すのは耐え難いものがある。
それでもソマリランドやソマリアなら映像自体が貴重になるので、
テレビと一緒にやってもいいと思うが、それはダメだというのはすでに書いたとおり。

以上です。
こんなことを書くと、「おまえ、何様だよ!」「賞を一つ取ったからって偉そうに」などと思われそうだが、
実際今年に入って一体何度、こういう「打ち合わせ」や「企画の打診」を受け、
メールのやりとりをしたり、実際にあって話したりしていったいどれほどの時間を潰したか考えると暗澹たる気持ちになる。
私だけでなく、私よりはるかに忙しい先方の方々にも労力と時間のロスになったわけで、
お互いのためにやっぱり言っておいたほうがいいと思った次第です。

 

関連記事

no image

Shuto ni modoru

3shukan buri ni shuto no Thimphu ni modotte kita.

記事を読む

no image

ディズニーランド・デビュー

宮田珠己との「タカタマ対談」第3弾はなぜか東京ディズニーランドで。 以前「世界で行きたくない場所は

記事を読む

角幡唯介との対談本・本日発売

角幡唯介との対談本『地図にない場所で眠りたい』(講談社)が本日発売になります。 (Amazon

記事を読む

no image

私の名は「ヒダヤットゥラー高野」

昨日のカロメに続き、連日のサプライズである。  数日前、在日外国人関係の取材で、在日パキスタン協会の

記事を読む

no image

趣味は仮説

私は仮説を立てるのが趣味である。何かを見たり聞いたりしたとき、「これはもしや××とつながるの

記事を読む

no image

ついに文庫1位、総合3位!

「異国トーキョー漂流記」フェアで突っ走るブックストア談 浜松町店。 今日、5月1日〜7日までの売上げ

記事を読む

no image

ユニクロ・ニューヨーク店

ユニクロ・ニューヨーク店のフリーペーパーに、 私のエッセイが載ったと風の噂に聞いた。 編集者から何も

記事を読む

no image

帰国しました

昨夜遅くに帰国した。 東京は寒いが、きりっと晴れて気持ちがいい。 ユーフラテス河は、ここで書いたかど

記事を読む

no image

マイブームじゃなかった…

依然としてマイ・ブームとして続いている「自閉症モノ」、 3冊目に読んだやはり泉流星の『僕の妻はエイリ

記事を読む

no image

『困ってるひと』再び

私の記念すべきプロデュース第一作、大野更紗『困ってるひと』(ポプラ社)が文庫化された。 たった

記事を読む

Comment

  1. 伊藤 渉 より:

    高野先生こんにちは

    関係者でなく 一読者ですがなぜ「俺をインドに連れていけ、ウモッカ探したい」
    とおっしゃってくださらないのですか?

    私達読者が読みたい先生の語学の本はそういう役に立たないものが読みたいわけですし 「アジア新聞屋台村」「アスクル」は其の辺の新書よりよっぽどためになりますよ。

  2. 惑星 より:

    NHKとしては(民放も)危険地帯のドキュメンタリーはだめだったのですね。まじめなNHKとしては札束をリヤカーで運んでカラシニコフ持ってる人が普通にいるような映像は流せない、ということなんでしょうか。

  3. より:

    >>実際今年に入って一体何度、こういう「打ち合わせ」や「企画の打診」を受け、
    メールのやりとりをしたり、実際にあって話したりしていったいどれほどの時間を潰したか考えると暗澹たる気持ちになる。

    これが「売れている」ということです。
    マネジメント会社と(成功報酬のみの)契約してはいかがでしょうか。

  4. タツ より:

    今日のジャパンタイムスにアブディンさんの記事が載ってましたね。でも大半は高野さんからの情報で知ってました(笑)

  5. bossa より:

    アジア納豆紀行。超期待!
    最近、友人の中国人たちにもヒアリングしました。
    中原の漢人は納豆を知らない。
    でも貴州省や雲南省はnadu(納豆の現地語か)を食べるようです。
    そのあたりから伝わって来たのかな~?

  6. うっちー より:

    ミャンマー好きで、高野先生のミャンマー本大好きです。アジア納豆紀行なら、ミャンマー(シャン)も必ず出てきますね! 楽しみにしています!!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • これはどう考えても文庫解説の域を超えた「暴走」。黒田さんにちょっと申し訳ない。 https://t.co/k9DRWYfN0c ReplyRetweetFavorite
    • やんちゃな高井先生は20歳も年上である山岸先生の発言に「屁理屈来たーー(笑)」とか「もう完全に逃げてるとしか思えない」などと全盛期のモハメド・アリ並の挑発を交えながら打ち合いを挑み、山岸先生も真正面から受けて立っている。こんな格闘技みたいな科学本があったとは。 ReplyRetweetFavorite
    • 山岸明彦・高井研著『対論! 生命誕生の謎』(インターナショナル新書)を読了。これはめっちゃ面白かった。生命がどこでどのように生まれたのかという超根本的な問題について、異なった意見の二人が真っ向からぶつかり合う。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 【サイン本販売中】本の雑誌社WEBストアでは高野秀行さんや坪内祐三さん、平松洋子さんなどなど貴重なサイン本を販売しております。また本の雑誌社特製グッズや宮田珠己さんのオリジナルグッズも。もちろん本の雑誌最新号と大人気のおすすめ文庫王国202… ReplyRetweetFavorite
    • 図星だったでしょ。 https://t.co/t5eQSgxKKf ReplyRetweetFavorite
    • 「本の雑誌」1月号が届いていた。恒例の2019年の総合&ジャンル別ベストテン。ランクインしたほとんどの本が未読であるのも驚きだが、中には買ったまま未読の本もあって二度びっくり。 ReplyRetweetFavorite
    • そして何とも嬉しいことにSWAは来年から本格始動するという。これほどの人気者&実力者が4人もよくぞ。来年はよい年になりそうだ。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年12月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑