*

読売新聞の書評欄で紹介される

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

4月9日 読売新聞書評欄「本よみうり堂」にある”記者が選ぶ”というコラムで『ミャンマーの柳生一族』が以下のように紹介されたらしい。(この文章は同紙のネットから引っ張ってきたものだから、もしかしたら完全に同じではないかも)
「ミャンマーの柳生一族」高野秀行著
 軍事政権を告発する欧米人による本を読むと、英国植民地時代への懐古と“アウン・サン・スー・チーさん絶対主義”が端々に見えて、げんなりすることがある。それだけに、本書の「ミャンマー国軍(徳川家)系譜の図」に思わずヒザをたたいた。
 軍部と民主勢力を江戸時代の登場人物に置き換えてみると、実はコップの中の争いであると分析できる。この明快で鋭い視点は、冒険家である著者が最もこの国の実態を体感している一人だからであろう。2年に1度は非合法で入国してきたと言うのだから、感心していいのか、あきれるべきなのか。
 今回は、早稲田大学探検部の先輩で作家の船戸与一氏の「かばん持ち」として合法的に入国した。2人の南蛮人には、ミャンマー政府の監視役「柳生一族」が同行することになる。一見こわもての監視役だが、すぐに人なつっこいアジア人らしさが露呈。2人は柳生一族を引き連れて、ミャンマー式「外国船打ち払い令」や「幕藩体制」を見聞しつつ、牧歌的な珍道中を繰り広げる。(集英社文庫、429円)(岡)
※一つだけ注文が。「実はコップの中の争いであると分析できる」というのはいくらなんでも言いすぎ。「コップの中の争いであるとも分析できる」と書いてほしかった。
(写真は、意思が通じ合わず苦しむ船戸御大(右)と柳生三十兵衛)

関連記事

no image

スカの時代

とある人からCDをもらった。 What's love?というスカ・バンドの「バイナラ」というアルバム

記事を読む

no image

ミャンマーで上映会

業務連絡を兼ねての報告だが、 2月11日(月)から17日(日)まで、ミャンマーへ行くことになった。

記事を読む

no image

自民党総裁選と「プリンセス・マサコ」

探検部のだいぶ上の先輩に連れられ、有楽町の「外国人記者クラブ」というところに行く。 読んで字のごとく

記事を読む

no image

ハルキ風異国トーキョー

『異国トーキョー漂流記』(集英社文庫)の表紙を変えることになった。 あ、いや、何か問題があったわけじ

記事を読む

no image

溝口敦『暴力団』は入門書にして名著

タイトルからして素晴らしい。溝口敦の『暴力団』(新潮新書)。 「暴力団のいま」でもなければ「ヤクザ

記事を読む

no image

「花より男子」

高校講演会ではいつもいろいろ面白いことがあるが、 今回いちばん驚かされたのは同行している集英社の担当

記事を読む

no image

この夏は「人間仮免中」

忙しい。仕事と雑務から逃げるように奄美に行き、まる五日、さんざん楽しんで帰ってきたら、しつこく彼らは

記事を読む

no image

サッカーファンになる予定なのに…

着実にサッカーファンに向かって前進しているはずなのだが、 吉祥寺の書店でターザン山本『「金権編集長

記事を読む

no image

長井健司、ミャンマーに死す

毎日このブログではお気楽な話題を提供していたが、 ミャンマー情勢は緊迫の一途をたどっていた。 私のと

記事を読む

no image

私の2006年上半期ベスト本はこれだ!

先月のことだが、「本の雑誌」編集部から、「高野さんの個人的な2006年上半期ベスト1を教えてほしい」

記事を読む

Comment

  1. フレディ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    この方がみそべえさんなんですね。わたしゃまたてっきりインパルスの写真かと・・・。

  2. shima より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98; Q312461)
    面白く読ませていただきました。
    本当に「エンタメ系ノンフィクション」という言葉がぴったりですね。
    これからミャンマーという国はどうなるのでしょう。
    高野さんの本を読むまでは新聞のミャンマー記事なんて読み飛ばしてましたが、これからは大変気になるところです。
    昨年タイのメーホンソンに行った時、市場でどう見ても日本の布団生地で作られた服を見て(売ってる人に聞いたら日本の生地だということでしたし)、「なんでこんな所で日本の布団地?」と不思議で仕方なかったのですが、「キモノ」ロンジーの件を読んで謎が解けました。
    スカートだけでなく、ブラウスなどのトップス、ワンピースなどもあったように思います。
    「きれいね、きれいね」とさかんに売り込んでましたが、確かに華やかできれいでした。
    一つ疑問が・・・ロンジーと言うのは、巻きスカート式ですか?それとも輪になった幅広の布を穿き、余った部分を前で横に重ねる着方ですか?

  3. タカノ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    >シマさん、
    ご愛読ありがとうございます。ロンジーは輪になった布を着るものです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年2月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    26272829  
PAGE TOP ↑