*

アフガニスタン本ベストワンはこれだ!

公開日: : 最終更新日:2012/08/28 高野秀行の【非】日常模様

前にここで紹介した石井光太・責任編集『ノンフィクション新世紀』(河出書房新社)で、国分拓と柳下毅一郎の二人がノンフィクションベスト30に挙げている
モフセン・マフマルバフ『アフガニスタンの仏像は破壊されたのではない 恥辱のあまり崩れ落ちたのだ』(現代企画室)を読んでみた。

ベスト30なんて多すぎると思うかもしれないが、無数にあるノンフィクションの傑作の中から30冊を選ぶのは難しい。私も相当削って選んでいるが、それでもあとで他人のベストをみて、「あ、こんなのがあった!」と気づいたのが何冊もあった。
だから、16人の作家や編集者が選ぶベスト30は複数重なるものがめったにない。もし重なっているとすれば相当の傑作である可能性が高い。だから『アフガニスタンの~』をまず手にとって見たのだ。

マフモルバルはイランの映画監督であり、アフガニスタンを撮った「カンダハール」という作品を私も観たことがある。
正直言って、いかにもイラン的な純文学テイストの映画で全然私好みではなかったが、本のほうは最高に私好み。
いや、好みかどうかなんてレベルではなく、こんなに薄くて1時間もあれば読み終わる本の中に、アフガン問題の主な要素とデータが全部詰まっているのが驚異だ。

いちばん驚いたのは「デュランド線」。
1893年、パキスタンがインドから独立する以前、アフガニスタンはインドと国境を接しており、「パシュトゥニスタン」をめぐって、アフガニスタンとインドの間で深刻な対立があった。
パシュトゥニスタンとは現在のアフガニスタン南部からパキスタン北部にわたる地域のことだ。

イギリスはデュランド線という国境線を引き、百年後インド地域のパシュトゥニスタンはアフガニスタンに返還されるという条件で、パシュトゥニスタンをインドとアフガニスタンに分割した。
その後パキスタンがインドから独立してパシュトゥニスタンの半分はパキスタン領となった。パキスタンの全領土の半分にもあたる広大な地域だ。

国際法に従えば、パキスタンは1993年にパシュトゥニスタンをアフガニスタンに返還していなければならない。
返還はもちろん、そんな話が出るだけでもまずい。だからこそ、パキスタンはタリバンという親パキスタンの兵士を育てアフガニスタンの支配権を確立させた。他にも理由はあるがそれが第一の理由だというのである。

私はこれまでずいぶん多くのタリバンに関するニュースを読み、何冊か本も読んできたが、どういうわけか、このシンプルな説明に出会ったことがなかった。
試しにウィキペディアも今見てみたが、やはり載っていない。
もちろん、インドと対抗するうえでアフガニスタンとまで対立したくないとか、イスラム過激派の拠点をつくりたいとかという説明もわからないではないが、
「デュランド線」にはパキスタンのひじょうに切迫した気持ちが伝わってくる。

本書は、ものすごくコンパクトにアフガニスタンの核心だけを鷲掴みにしている。
麻薬の密輸や、人身売買と難民の関係なども恐ろしいくらいにシンプルで説得力がある。
著者がアフガニスタンに精通している故に、何が核心で何が些末なのか見分けられ、核心だけを書くことができたのだろう。
データと実感の両方がそろっていて、ノンフィクションはかくありたいと思わせる。

本書が書かれたのは米軍のアフガニスタン侵攻以前であり、「問題の根本は世界がアフガニスタンに無関心すぎること」という著者の主張は今は通らない。
今は世界の関心がいくらあっても問題は解決していないからだ。
にしても、アフガニスタン問題について書かれた本の中で入門書にしてベスト1は本書に間違いないだろう。
批判も議論も、本書を叩き台にして始めるしかない。

唯一の問題はタイトルも著者名もさっぱり憶えられないことで、これでは手元に本がないと人に勧めることができない。
まあ、それは私の脳の問題なのだけれども。

関連記事

no image

七夕に願いを

本日やっと東京の自宅に戻った。 ハルゲイザ(ソマリランドの首都)はさすがに遠い。 →ジブチ→アジスア

記事を読む

no image

濁った水たまりで釣りをする

アブディンから電話がかかってきた。 彼は結局、身重の奥さんと北九州に「疎開」した。 スーダンの実家か

記事を読む

no image

ロスト・シティZ

最近、突然読書量が増えたのは、仕事のあとや合間でなく、 始まる前に机に向かって本を読むようになった

記事を読む

no image

おすもうさん

相変わらず慌しい日がつづいているが、移動時間や待ち時間も多いため 仕事はできなくても本は読める。

記事を読む

no image

おとなの週末

またしても「こんなときに」という話だが、講談社の月刊グルメ誌「おとなの週末」で 「移民の宴(うたげ

記事を読む

no image

野宿イベント

昔、上海の安宿で若い日本人旅行者に会ったことがある。 「前にどこかで会いましたよね?」と彼は言うが、

記事を読む

no image

ジュンク堂新宿店&啓文堂渋谷店と特別契約?!

 昨日、ジュンク堂新宿店へ行った。アジア・コーナーには、私の『西南シルクロードは密林に消える』(講談

記事を読む

日本の中世人と現代ソマリ人の共通点と相違点

『謎の独立国家ソマリランド』の感想を述べたツイートに、清水克行『喧嘩両成敗の誕生』(講談社選書メチエ

記事を読む

no image

元キャバ嬢&風俗嬢にはかなわなかった

「SPA!」の掲載誌が届いた。 「イスラム飲酒紀行」はかなりトンチキな企画で(文芸誌ではできない)、

記事を読む

熱気ムンムンの概説書

最近、どうにもオーバーキャパシティで、ブログに手が回らない状態が続いている。 一つの原因は対談本を

記事を読む

Comment

  1. 吉田淳 より:

    わたしは梅棹忠夫さんの『モゴール族探検記』(岩波新書)がすきで、
    なんどもよみかえしています。
    50年以上もまえにかかれた本なのに、
    民族問題についての分析と予想は、
    まさに梅棹さんが指摘したとおりにすすんだといえます。
    舞台はアフガニスタンですし、
    高野さんのおすきな「ことば」についても
    おおくふれられています。
    高野さんがどんな評価をあたえられているのか
    おしえていただけけたらとコメントしました。

  2. 高野 秀行 より:

    おお、モゴール族探検記! 私も学生時代に読みましたよ。でも内容は何一つ憶えてないですね。
    最近ではその存在すら忘れていました。
    そうですか、民族問題の現状は梅棹先生の指摘したとおりなんですか。
    さっそく読んでみます!

  3. hu より:

    ウィキペディアでは「デュランドライン」で検索すると出ました。
    イギリスがアフガニスタンからぶんどったパシュトゥン人地域は今でも「部族地域」としてパキスタン政府の統治が及んでいないし、それほど広くない地域なので手放してもよさそうな気がしなくもないのですが、ここを手放してしまうと更に南の広大なバルチスタン州(イギリスがぶんどったペルシアの属領)を手放さなくてはいけなくなるということなのだろうと思います。パキスタンという国の国境線が矛盾に満ちていることがよくわかりました。

  4. アハマド轟 より:

    えーっと、著者の名前が間違っているんですが。

    モフセン・マフモルバル→マフマルバフ

    マフマルバフは映画人一家としても有名で、娘も奥さんも映画を撮ってます。「カンダハール」以外の彼の作品も日本では映画祭などで上映されてます。私が一番好きなのは警官襲撃という彼の実体験を再現する試みの「パンと植木鉢」、やらせドキュメンタリーのような「サラームシネマ」です。どちらもどこまでが劇映画でどこまでがドキュメンタリーか判然としない、不思議な魅力に満ちた作品です。

  5. 高野 秀行 より:

    ご指摘をありがとうございます。

    「著者の名前が憶えられない」と言っていて、本当に間違っているとは…ダメダメですね。

    イランの映画は好みではないですが、機会があれば、この監督の他の映画も見てみますね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • しかし、よく考えてみたら、秘書というのはAIと同じで、こちらが取材内容や取材相手、取材日程を決めなければ、何も動いてくれない。そしてそういうことを考えるのがひじょうに面倒くさいわけだ。それとも優秀な秘書はそこまでやってくれるんだろうか。 ReplyRetweetFavorite
    • 12月から2月にかけての海外・国内旅行の段取りを始めたが、早くも挫折しかけて頭の中は「秘書がほしい!」の声がグルグル。ますます段取りが進まない。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行さん@daruma1021 の『間違う力』、読んでいて何度も爆笑。 研究者と辺境探検家には共通することも多く、今日も間違おうと心に決めるのであった。 巻末の「とにかくやる」の信条が刺さる。 上田次郎「なぜ君はベストを尽くさないの… ReplyRetweetFavorite
    • 異色アンソロジーが気になる。特に読みたいのは『卓球アンソロジー』と『FUNGI 菌類小説選集 第1コロニー』。 https://t.co/YFh07aldTF ReplyRetweetFavorite
    • 「船戸与一は長編のイメージが強いが、実は短編を書いても名手」という山田さんの指摘に強く同意。特にここに挙げられた短編集は私も好き。 ReplyRetweetFavorite
    • 「本の雑誌」今月号は「船戸与一の十冊」。書いたのは船戸さんを見出し、長く担当を務めたS社の山田裕樹氏。秘話満載で船戸ファン(私含む)は感涙ものだ。 ReplyRetweetFavorite
    • 理解できなくても面白く感じてしまうのは、私の脳がおめでたいこともあるが、大栗先生のストーリーテリングの才能が卓越しているからだろう。橋本先生といい、大栗先生といい、どうして理論物理学者は物語がこんなに上手なのか。物語論と超弦理論を統一する究極理論があるのかもしれない。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年11月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑