*

刀魚

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


昨晩は「銭形金太郎」でノノさんを見た。
まあ、そこそこ面白かったが、本人を知る者にとっては物足りないというのが正直なところか。
蛇の脱皮も出てこなかったし。
「ムベンベと環境問題」の紙芝居には笑ったし、アオウミガメの産卵もあり、なんだか野々山さんはテレビに出るとすごく人間味あふれる「いい人」にみえる。
ほんとうの野々山富雄はあんなもんじゃないが、ほんとうの野々山富雄を全国の視聴者に知らしめる必要などまったくないので、あれはあれでいいのだろう。
これでノノさんファンが増え、よき出会いがあることを祈るばかりだ
ところで、一昨日の帰国報告に載せた、「ヘンな平べったい魚」の写真について、
二人の方から「あれはナイフフィッシュといって、けっこう値の張る熱帯魚だ」というご指摘をいただいた。
なんでも、体を斜めにしてひらひらと泳ぐらしい。
メコンのラオスとカンボジア国境地帯では地元の市場でもときどき見かけた。
こんなふうに、タケノコや野菜や卵なんかと一緒に、実にてきとうに売られている。

関連記事

no image

どんびき芸、健在

付き合いのある新潮社の編集者Aさんより中島義道先生の新刊『女の好きな10の言葉』が届いた。 ぱらぱ

記事を読む

no image

小さいおうち

中島京子の直木賞受賞作『小さいおうち』(文藝春秋)を読む。 まあ、書き出しから文章がすばらしい。

記事を読む

no image

スーツでヤブ漕ぎをする人を発見!

読売新聞のインタビュー取材を受けた。 「何か“原点”とか“こだわり”のある場所でインタビューするとい

記事を読む

no image

頼るのは自治体でなく郵便と宅配便

今さっき、カメラマンの鈴木邦弘さんと久しぶりに電話で話した。 鈴木さんとはかつて一緒にコンゴに行き(

記事を読む

no image

小説にいちばん近いルポ

 日本に移り住んだ外国人の食生活を追った『移民の宴』。「おとなの週末」で連載したものを大幅に加筆修正

記事を読む

no image

スーダン南部、独立へ

スーダン南部の独立をめぐる住民投票がはじまった。 報道では独立派の圧勝と予測されている。 一体どうな

記事を読む

no image

新刊ラマダン

「在庫一掃読書では本は減らない」という指摘を友人から受けた。 なるほど、それもそうだのだけど、 新

記事を読む

no image

陰と陽

月刊「日経エンタテイメント」の取材を受ける。 今までは『怪獣記』だったが、今回初めて『怪魚ウモッカ格

記事を読む

no image

重版ラッシュ

二日前、「幻獣ムベンベを追え」と「巨流アマゾンを遡れ」がそれぞれ三千部ずつ重版になった。 両方とも単

記事を読む

no image

このくだらない本がすごい!

正月早々、高橋秀実『はい、泳げません』(新潮社、現在は文庫も出ている)を再読。 超カナヅチの秀実さ

記事を読む

Comment

  1. 小林 純 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.17; Mac_PowerPC)
    鯉とナイフフィッシュの間にいるナマズはひげが長いですね。
    なんとなく、鯉もこのナマズもフライ(毛針)で釣れそうな感じが
    します。メコン川で勝手に釣りをしてもいいものなのでしょうか?
    できれば、いつかやってみたいです。

  2. NONO より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)
    はい、皆様どうもでした。
    まあ、あんな感じかなあ、というところです。
    もっとダメ人間さを出しても良かったんですが、わりと無難にまとめてもらえてました。
    「車もあるし、収入もビンボーとは言えないじゃん」
    という声も多いのですが、最近はあの番組、ただのビンボーというより、
    「変わったヤツ」を出すように方向も変化したそうです。
    テレビに出たからといって何が変わるわけじゃありませんが、
    ちょっと疎遠な友人から久々に連絡がきたり、
    「オレ、相変わらずで元気だぞ!」
    というのを公共の電波を使ってお知らせできるのは、
    いいかなあ、とか思ったりします。
    「ムベンベを追え」のマンガが出なかったのは、とっても残念。
    単行本化を訴えていたのに。

  3. KODAMA より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    昨日の銭金は偶然観てました
    ムベンベと早稲田の探検隊の話が出てきた瞬間に
    「この人はもしや!!」と思いました(笑)
    で、このサイトに辿りついたというわけです^^;)

  4. miya より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    観ました!
    「ああ!この人がムベンベの一員のノノさんかー!」
    と感動しちゃいました。
    動くノノさんが見られて嬉しかったです。春雨ばっか食べてるんですね。
    やっぱり探検家、体が締まってて素敵でした!

  5. KOW(つ∀`) より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; (R1 1.5); .NET CLR 1.1.4322)
    ナイフフィッシュ、最初はカレイの仲間かと思ってました……

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年5月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑