*

刀魚

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


昨晩は「銭形金太郎」でノノさんを見た。
まあ、そこそこ面白かったが、本人を知る者にとっては物足りないというのが正直なところか。
蛇の脱皮も出てこなかったし。
「ムベンベと環境問題」の紙芝居には笑ったし、アオウミガメの産卵もあり、なんだか野々山さんはテレビに出るとすごく人間味あふれる「いい人」にみえる。
ほんとうの野々山富雄はあんなもんじゃないが、ほんとうの野々山富雄を全国の視聴者に知らしめる必要などまったくないので、あれはあれでいいのだろう。
これでノノさんファンが増え、よき出会いがあることを祈るばかりだ
ところで、一昨日の帰国報告に載せた、「ヘンな平べったい魚」の写真について、
二人の方から「あれはナイフフィッシュといって、けっこう値の張る熱帯魚だ」というご指摘をいただいた。
なんでも、体を斜めにしてひらひらと泳ぐらしい。
メコンのラオスとカンボジア国境地帯では地元の市場でもときどき見かけた。
こんなふうに、タケノコや野菜や卵なんかと一緒に、実にてきとうに売られている。

関連記事

no image

雲南のツヨカワ花嫁

カゼをひいていたが、雪が降り始めたのでついプールに行ってしまう。 案の定、泳いでいる人はほとんどいな

記事を読む

no image

「同志」タマキンさんに会う!

宮田珠己ことタマキング(逆か)と会う。 タマキンさんの『52%調子のいい旅』が幻冬舎文庫から出ること

記事を読む

no image

旅の間の読書

2月発売のソマリ本の準備で、ブログを更新する時間もなかなか取れないし、帰国後に本も全く読めていな

記事を読む

no image

豚追い人

バングラ北部への旅の途中、すごく変なものを見た。 ヤギか牛を追うように、棒をもって群れを追い立てて

記事を読む

no image

芳醇そば焼酎 みんがらーば

高田馬場のミャンマー料理屋「ミンガラバー」で、 ノンフィクション作家の西牟田靖君とまだ新婚の奥さん

記事を読む

no image

勝利の方程式も崩れるときはある

丹沢・大山登山の翌日は予想通りというか、足が激しく筋肉痛。 トレランの鏑木さんに影響されて、山を駆

記事を読む

no image

講談社ノンフィクション賞の最終候補になった

以下のようなことになったそうです。 -----------------------------

記事を読む

no image

言い忘れた!

いい忘れていたのだが、昨日の晩、NHKクローズアップ現代で 生物多様性に関する番組があり、 私の上司

記事を読む

no image

謎の国際ボランティア特殊部隊@浦安

後輩Kとネパール人のクマルという国際統合失調症コンビを引き連れ、 浦安市の被災地へボランティアに行っ

記事を読む

no image

本格エンタメノンフの傑作

平松剛『磯崎新の「都庁」』を読了。 著者については恥ずかしながら全く知らなかったが、2001年に同

記事を読む

Comment

  1. 小林 純 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.17; Mac_PowerPC)
    鯉とナイフフィッシュの間にいるナマズはひげが長いですね。
    なんとなく、鯉もこのナマズもフライ(毛針)で釣れそうな感じが
    します。メコン川で勝手に釣りをしてもいいものなのでしょうか?
    できれば、いつかやってみたいです。

  2. NONO より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)
    はい、皆様どうもでした。
    まあ、あんな感じかなあ、というところです。
    もっとダメ人間さを出しても良かったんですが、わりと無難にまとめてもらえてました。
    「車もあるし、収入もビンボーとは言えないじゃん」
    という声も多いのですが、最近はあの番組、ただのビンボーというより、
    「変わったヤツ」を出すように方向も変化したそうです。
    テレビに出たからといって何が変わるわけじゃありませんが、
    ちょっと疎遠な友人から久々に連絡がきたり、
    「オレ、相変わらずで元気だぞ!」
    というのを公共の電波を使ってお知らせできるのは、
    いいかなあ、とか思ったりします。
    「ムベンベを追え」のマンガが出なかったのは、とっても残念。
    単行本化を訴えていたのに。

  3. KODAMA より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    昨日の銭金は偶然観てました
    ムベンベと早稲田の探検隊の話が出てきた瞬間に
    「この人はもしや!!」と思いました(笑)
    で、このサイトに辿りついたというわけです^^;)

  4. miya より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    観ました!
    「ああ!この人がムベンベの一員のノノさんかー!」
    と感動しちゃいました。
    動くノノさんが見られて嬉しかったです。春雨ばっか食べてるんですね。
    やっぱり探検家、体が締まってて素敵でした!

  5. KOW(つ∀`) より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; (R1 1.5); .NET CLR 1.1.4322)
    ナイフフィッシュ、最初はカレイの仲間かと思ってました……

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • ご丁寧にどうもありがとうございます!「モディリアーニにお願い」は第3集までコンスタントに面白かったです。第4集も期待してます。奄美のケンモン話は私も好きです。 ReplyRetweetFavorite
    • 辺境ドトールで仕事してたら、店長がどこかから個人的に入手した「ウィスキーコーヒー」を飲ませてくれた。ウイスキーの樽にコーヒー豆を何年も寝かせて作ったものだという。アルコール分はもちろんないけど、香りも味も濃厚なウイスキー風味で、だんだん酔ってきた。 ReplyRetweetFavorite
    • ジュンク堂吉祥寺店では文化人類学特集をやっていたが、一冊だけ文化人類学と関係ない本があった。私の『謎の独立国家ソマリランド』。しかも、宮本常一『忘れられた日本人』とマリノフスキー『西太平洋の遠洋航海者』にはさまれて。何か間違ってると思うが、とても嬉しい。 ReplyRetweetFavorite
    • 仕事と雑務がちょっと一段落したので、勇気を振るってものすごく久しぶりに大型書店(ジュンク堂吉祥寺店)へ行ったところ、あまりに楽しくて、3時間近くも店から出られなかった。だから大型書店は怖い。 ReplyRetweetFavorite
    • 今日、休日だったのか! どうも普通の月曜日と様子が違うと思ってた。 ReplyRetweetFavorite
    • 勉強会と2次会には万城目学さんも来てくれたのであれこれ話す。小説にしてもご本人と話しても、どこか万城目さんの目の付け所や思考回路は自分に似てると思ったら、万城目さんも「高野さんの思考回路は自分に似てる」と言う。しかし、酔っ払った二人にはどこが似てるのか言語化することができず。 ReplyRetweetFavorite
    • とある中東系勉強会で発表。研究者の人たちがメインの参加者だったので、とても勉強になった。これで5月末からほぼ毎週続いた講演会&トークイベント強化期間はとりあえず終了。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年7月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑