*

「酒飲み書店員(中略)大賞」に選ばれた!?

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

 最近人づてに聞いたのだが、拙著『ワセダ三畳青春記』が「第1回 酒飲み書店員共同企画文庫ベストセラーを作れ」大賞なるものに選ばれていたらしい。
 なにぶん人づてなので、酒飲み書店員というのが何なのかもよくわからないのだが、どうやら「本の雑誌」通称”炎の営業マン”杉江さんという人と、その飲み友達とおぼしき書店員の人たちが好き勝手に集まってやっていらっしゃるようだ。
 で、今回、そのメンバーがそれぞれ推薦商品を出し合い、一番になったものを各書店で本気でプッシュしようということになった。そして、山田太一「異人たちの夏」とかベルンハルト・シュリンク「朗読者」など錚々たる候補作10点の中から、杉江氏推薦の「三畳記」が見事(?)栄光を勝ち取った…ということらしい。
いいのか、ほんとにあんな本で。
お礼と自作の宣伝を兼ねて、酒飲み書店員共同企画に参加しており、「三畳記」を大々的にプッシュしている(はずの)書店をここにご紹介しよう。(他にもあるのかもしれないけど、人づてに聞いているのはこれだけです)
良文堂書店
旭屋書店水道橋店
旭屋書店船橋店
ときわ書房船橋IY店
浅野書店
東西書房
紀伊国屋書店北千住マルイ店
 酒飲み書店員のみなさん、ありがとうございました。というか、これからもよろしくお願いします。きっと、大して売れないでしょうが、あまりガッカリされないよう。
 読者のみなさんも、東京東部あるいは千葉に在住の方は、なるべくこれらの書店で本を買ってくださいね。

関連記事

no image

交通事故は危険

ナイロビ在住のフリーのカメラマン、中野智明さんと約10年ぶりに会い、 エチオピアの話をきく。 アフリ

記事を読む

no image

コンゴ・ジャーニー

友人の訃報があっても、日常は容赦なく動いている。       ☆       ☆       ☆

記事を読む

no image

U-50枠に入る

早大探検部OB会に久しぶりに出席。 うちのOB会は隔月で開催されており、 この日も出席者は30人以上

記事を読む

no image

東京の秘境

帰国中の義姉に連れられ、明大前にあるジャズ喫茶「マイルス」を訪問。 ゴールデン街のような狭い店には

記事を読む

帰国。今回の無念について

昨夜、ソマリランド取材から帰国した。 今回の取材の目的は2つ。 一つは5月から連載を開始

記事を読む

no image

私の目は節穴

前からうすうす気づいていたことだが、この度私の目が節穴だということが判明した。 なぜなら茂木大輔『

記事を読む

no image

【訂正】岡野雅行『野人伝』

このところ忙しくてブログを書く時間がなかなかとれないが、 岡野雅人 岡野雅行『野人伝』(新潮社)だ

記事を読む

ムエタイのちチュニジア飲酒紀行

3,4日前に発売になった「ゴング格闘技」7月号で、格闘家・ムエタイ研究家の菱田慶文先生(帝京平成

記事を読む

no image

アフガンのケシ栽培の謎

 先週のことだが、ミャンマー・フォーラムへ行ってきた。  ミャンマーで行われている「麻薬(ケシ)栽培

記事を読む

no image

なぜか東金経由アフリカ行き

言い忘れていたが、出発は二日遅れて、今日になっていた。 ところが突然、千葉の東金に現地の事情をよく知

記事を読む

Comment

  1. 小林 純 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.17; Mac_PowerPC)
    2年前、予期せず、病気で妻を失った僕は、この本に救われました。
    この本に出会ったことで、今日の僕(全然大したことないけど、生きてます。)があるといって過言ではありません。
    僕にとっては、一生涯、忘れることのできない大切な1冊です。

  2. shima より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; (R1 1.5); .NET CLR 1.1.4322)
    それはおめでとうございます。
    偶然ですが、ちょうど「三畳記」を読み返したところでした。
    一度目と同じくらい楽しめました。
    『遅すぎた「初恋」』から最後までは、こちらまで胸が高鳴ります。
    私にとってこの本は、高野さんの本の中でもかなり上位に入る一冊です。
    話は変わりますが、『ビルマ・アヘン王国潜入記』はネットで調べてもどこの書店も持ってません。アマゾンでは業者が出品してますが、3800円とすごい値段で出ています。絶版とも書いてないし、重版の予定はあるのでしょうか?いい本なので惜しいです。

  3. 稲田屋 なお より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.17; Mac_PowerPC)
    おめでとうございます!!
    実は私はつい先週、「ムベンベを追え」によって高野さんを初めて知りました。
    面白すぎて感激しました!
    一気にはまり只今5冊目に突入しています。
    一週間で本を5冊も読むのは、私史上初のことです。
    「三畳記」ももちろん読ませて頂きました。笑い転げました!
    高野さんの魅力の賜物であります。
    選ばれるべくして選ばれた一冊だと思っています!

  4. 二村 より:

    AGENT: DoCoMo/1.0/N503iS/c10
    横浜ルミネ4階の遊べる書店ビレッジバンガードも高野さんの本をまとめて陳列しています。何故かポップはなしでした。聞いたら結構売れていますとの事でしたよ。ビレッジバンガード全店でプロモーションでもやりますか!←またはじまった(笑)

  5. miya より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    「ワセダ三畳青春記」が初めての一冊でした。
    それからハマって、すべて買ってます!読んでます!
    その中でも、三畳記はコンスタントに読み返す愛読書です・・・
    ああ、早く次の本が出ないかな!

  6. mie より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322; Media Center PC 4.0)
    高野さん初めまして。そして、おめでとうございます!!
    私はこの本が大好きで、今年の初めに買ったのですが、もう5回も読み返しました。日常が忙しくてストレスで潰されそうな時に読むと、ほっと力が抜けて救われます。特に大家さんの息子さんが大根を切るところが好きです。
    浜松町駅にある「ブックストア・談」という書店さんも、一時高野さんのポップがありましたが(私はそれで高野さんを知りました。)それが無くなってからもまだ平積みしてくれてますよ!

  7. norihei より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)
    はじめまして。ワセダに30年すんでいました。私も息子も早大で、高野さんの大ファンです。ワセダ界隈はかなり詳しいつもりでしたが、高野さんの下宿の位置がいまひとつはっきりしません。もしかして町名は鶴巻あるいは戸塚なのでしょうか?

  8. タカノ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    みなさん、「三畳記」をご愛読いただき、ほんとうにありがとうございます。
    とても手が回らないため、私は基本的にコメントに返事をしないのですが、
    すべてのコメントに目を通し、心に深くとめています。
    コメント投稿者の方々のハンドルネームもほぼ記憶しているといっていいでしょう。
    しかし、「三畳記」の人気の高さは私の本の中でも群を抜いているようで、
    いまさらながら驚いています。
    特に、シリアスな状況にある人の心を癒したとか、勇気づけたなど、どうしてあんなバカ話が…?と書いているこちらが不思議になるのですが、
    物書き冥利に尽きます。
    ちなみに、あのアパートがどこにあるのか、わからないように書いています。
    もし、「これじゃないか?」と思っても深く追及なさらぬよう。
    そっとしておいてあげてください。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年5月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑