*

dancyuの味噌汁

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


本日発売のdancyu2月号は味噌汁特集。

私も戦国時代以前から伝わる元祖インスタント味噌汁を再現してもらった記事を書いている。
愛読する戦国美学コメディ漫画、山田芳裕『へうげもの』について初めて書くことができ、
嬉しい。
しかしちょっと前まで温めないレトルトカレーを食っていた私がグルメ雑誌のレポーターになるとは世の中わからないものだ。
ふと気づけば、少し前のページで「酒とつまみ」の大竹聡さんも記事を書いている。
こちらは藤沢周平『三屋清左右衛門残日録』(文春文庫)に登場する味噌汁を再現するという、これまた柄でもないもの。
質の悪い酔っ払いライターたちが着実に別ジャンル(というか「別世界」)に進行中の模様で、、まことにめでたい話だ。

関連記事

no image

アラジンは中国人だった!?

旅のトリビア「たびとり」はまったく反響がなかったが、懲りずに最近驚いたことを一つ。 山田和『インド

記事を読む

no image

10年遊んで暮らした人の話

私が解説を書かせていただいた川上健一『ビトウィン』(集英社文庫)が 発売された(たぶん)。 本来い

記事を読む

no image

気仙沼産かじき

土曜日、スーパーに買いだしに行ったら、気仙沼産のかじきの切り身が売っていた。 しかも半額。 買ってき

記事を読む

no image

花と兵隊

タイ・ミャンマー国境に今でも住んでいる元日本兵(未帰還兵)を撮った ドキュメンタリー映画「花と兵隊」

記事を読む

no image

来たれ、ポロロッカ!

昨日、『困ってるひと』に重版がかかったという知らせが届いた。 発売後たった6日のことだ。 よく「発売

記事を読む

no image

上流階級の腐敗っぷりはアジアン・ミステリの十八番か

 アジアン・ミステリ読書週間第2弾!というわけではないけど、たまたま今度はタイのミステリを読んでし

記事を読む

no image

小説の強烈な引き

麻雀やカードゲームと同じように、読書も「引き」が強いときと弱いときがある。 引きが強いときには、て

記事を読む

マスクマンになりたい

旧ユーゴ(主にコソボ)の取材が終わってだいぶ経つ。 ブログで写真をお見せしようと思っていたのだ

記事を読む

no image

モノカキ=ハジカキ

  先日、読者の方からメールで『辺境の旅はゾウにかぎる』の誤りを指摘された。 船戸与一『金門島流離譚

記事を読む

no image

4月12日は土曜日

数日前、「緊急告知」として書いたTSUTAYA盛岡店のイベント。 4月12日(日)と書いてあった。

記事を読む

Comment

  1. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.0; en-US) AppleWebKit/534.10 (KHTML, like Gecko) Chrome/8.0.552.224 Safari/534.10
    本の雑誌の杉江さんから「高野さん、ダメですよ!」と言われた。
    「大竹さんはプレジデントとかでよく書いてるんですよ」
    大竹さんは本来、アッパーなグルメ雑誌の記事を書くのが本業だったらしい。
    いやあ、てっきり「酒とつまみ」みたいな泥酔話ばかりを書いてるんだと思った。
    そういえば、大竹さんはあんなにただ飲んだくれているだけで、よく生活ができるなと思っていたのだ。
    もっとも誤解を生む素地もあって、杉江さんが編集した『今夜のイエー!』でも
    dancyuに載っているようなまじめな原稿は全くない。
    杉江さんが片っ端からカットしたんだそうだ。
    こういう人がいるから、大竹さんも誤解されるのだ。
    まあ、泥酔しているほうがずっと面白いのもたしかなのだが。

  2. フレディ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729; AskTbGLSV5/5.9.1.14019)
    danchu2月号読みました。芋がらの味噌汁でしたね。山形でよく食べる納豆汁というものには芋がらは欠かせません。あのしゃきっとしていてなおかつトロっとした食感が独特ですよね。
    わたしも大好きなのですが、ともするとのどが非常に「イガイガ」することがあります。一説によると調理する人によってそうなるのだとか。いったんそうなるとしばらく喉の違和感に悩まされますよ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : ゲストは「Gダイアリー」デスクの室橋裕和さん、Gダイで連載していた(イスラム飲酒紀行ほか)高野秀行さん、Gダイ編集部に入りたかった丸山ゴンザレスさん、Gダイ外部編集で「駐妻カナ」などを担当した西野風代さんです。 1月31日(金)、阿佐ヶ… ReplyRetweetFavorite
    • いい時代だ! ReplyRetweetFavorite
    • それにしても、ソン・ガンホは黙って座っていて息をしているだけで面白い。 ReplyRetweetFavorite
    • ポン・ジュノ監督、ソン・ガンホ主演の『パラサイト 半地下の家族』を渋谷の東宝で観た。スクリーンがすごくでかいのに、まちがって前から四列目の席をとってしまったため、「観た」というより「現場に居合わせた」感じ。いや、すごい体験だった。 ReplyRetweetFavorite
    • 子だくさんの「やもめのジョナサン」夫婦が子供をぞろぞろ連れてハネムーンに行く場面と、情けない警官のなべおさみが泥まみれ涙まみれになる場面がいい。展開が早くて笑いあり涙ありでなんだかジャッキー・チェンの映画みたいだった。 ReplyRetweetFavorite
    • 映画好きの友人に強く勧められ、生まれて初めて「トラック野郎を観てしまった。第2作の爆走一番星。始まっていきなり主役の菅原文太がトルコ風呂の裸の女の子たちと酒盛りをしているシーンで度肝を抜かれる。でもあまりにあっけらかんとして、全然エロくないんだが。 ReplyRetweetFavorite
    • 「へうげもの」は完全に私の戦国〜江戸初期の概念を変えた。加藤清正なんて具志堅用高だとしか思えなくなってるし。 ReplyRetweetFavorite
  • 2020年1月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑