*

祝&残念! タマキング酒飲み書店員大賞受賞!

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

宮田珠己ことタマキングが『東南アジア四次元日記』(文春+文庫)で、
第3回 酒飲み書店員大賞を受賞した。
最近、私はタマキング本の営業マンのように宣伝しまくっているので、
たいへん嬉しい。
もっとも、肝心の本は品切れ状態で、文春は増刷もしれくれないようだ。
まだ文春はタマキングの価値に気づいていないらしい。
たいへん残念だ。
そこでタマキンさんを自宅に招き、祝賀会と残念会を兼ねた宴会を行った。
さんざん酔っ払って、べらべら喋り、酔いつぶれ、タマキンさんは結局泊まっていった。
…なんて書くと誤解を招くが、さんざん酔っ払ってべらべら喋り、酔いつぶれたのは私である。
タマキンさんは一滴も酒を飲めない。
なのに、ひょうひょうと楽しそうに私の相手をしていた。
タマキンさんはもちろん宿泊の用意なんかしてないから、
寝巻き用のTシャツとジャージを貸す。
私がまだ着たことのないTシャツをごそごそ探したら、
なんとモッカさん作製の「インド・ウモッカ・プロジェクト」Tシャツを発見。
これを貸した。
「へえ、これ、いいですねえ」などと言いながら、タマキングがウモッカTシャツを着ている姿はすっごくシュール。
タマキンさんにはシュノーケリング紀行の名作『ウはウミウシのウ』があるが、第二弾として是非私のかわりにインドへ行き、『ウはウモッカのウ』を書いてほしい。

関連記事

no image

急性アルコール分離症候群

昨日、帰国しました。 ソマリランド(&ソマリア)に行ったときはいつもそうなのだが、 だいたい毎日葉っ

記事を読む

no image

心身がついていかない

日本に帰り突然環境が激変し、心身がまったく付いていかない。 2ヶ月近くソマリエリア(ソマリランド、ソ

記事を読む

ギラギラと輝く船戸ワールドの原点

知り合いである大学の先生が仕事の忙しさを「まるで障害物競走のよう」とたとえていたが、 私もまさ

記事を読む

no image

『「本の雑誌」炎の営業日誌』は「脳内三国志」だ!!

土曜日の夕方、昼寝をしていたら、杉江由次『「本の雑誌」炎の営業日誌』(無明舎出版)が届いた。 これは

記事を読む

no image

『メモリークエスト』本日発売

まずはお知らせ。 『メモリークエスト』(幻冬舎文庫)、いよいよ本日発売です。 アマゾンや地方では明

記事を読む

no image

鴎外、ダメじゃん!

ひきつづき、吉村昭。 今度は慈恵会病院の創始者で海軍医総監にもなった医師・高木兼寛の一生を描いた

記事を読む

no image

マイク・ノックのニュー・アルバムを試聴してみよう!

オーストラリア・ジャズ界の大御所にして、今でもバリバリ最先端の音楽を作りつづける義兄マイク・ノックが

記事を読む

no image

逃してますぜ

ドキュメンタリー映画「引き裂かれたイレブン オシムの涙」のDVDを購入して観る。 原題は「ユーゴス

記事を読む

no image

世にも奇妙なマラソン大会

帰国した。大人の遠足はなかなかにハードだったが、想像以上に充実していた。 今回私が参加したサハラ・

記事を読む

no image

惜しい!

 前から見たいと思っていた三池崇史監督「ジャンゴ」を見た。  スキヤキ・ウェスタンという異名のとお

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2020年9月
    « 3月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
PAGE TOP ↑