*

新連載はまさか、あの…?!

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

『アジア新聞屋台村』本日発売!…なのだが、なんか、今回もまた売れない予感がしてきた。芥川龍之介ではないが「漠然とした不安」というか、「漠然とした確信」というか、そんなものがある。
そこで、早くも目を未来に向けたいと思う。失敗や悲惨をまるでなかったことにし、反省も悔しさも何もなく、未来に目を向けるというのは、日本のサッカー界に見習ったポジティヴ・シンキングである。
で、言い忘れていたのだが、来月からまた『小説すばる』で新連載が始まる。
タイトルは『ウモッカ格闘記〜インドへの道』。
そう、なんと、ブログをご愛読の方にはおなじみの、あのスペクタクルな一件が連載(しかも長期連載)となってしまったのだ。
おそらく古今東西を見渡しても例がない探検記じゃないかと思う。
ウモッカ探しの興奮、ドーハの悲劇を超えたと言われる(?)カルカッタの悲劇、そして極秘潜伏の顛末が今、明らかにされる…。

関連記事

no image

海賊の少年とすしざんまい

裁判というのはひじょうに傍聴が難しい。 いつ行われるのか直前にならないと公表されないのだ。

記事を読む

no image

淋しい…

ここ数日で、今まで抱えていたものが突然、全部おわってしまった。 NHK「ビルマロード」の編集終了(放

記事を読む

no image

小説の書き方本、ベスト3はこれだ!

「本の雑誌」12月号が届いた。 特集は「いま作家はどうなっておるのか!」 ベテラン文芸編集者が匿名

記事を読む

『恋するソマリア』装丁公開

ついに1月26日刊行の『恋するソマリア』(集英社)がAmazonでもカバーと詳細情報がアップされ

記事を読む

no image

見知らぬ超名作

 日頃から世間とのタイムラグというかズレを感じているが、「フラガール」には本当に驚かされた。 「フ

記事を読む

no image

語学オタクが喜ぶ変な辞書

シャン語の辞書がほしくて、ヤンゴンに移住した私のITの師匠Gさんに訊いてみたら、 さっそく足と

記事を読む

no image

個人的2011年ミステリ・ベストワンはこれだ!

最近の海外ミステリはとにもかくにも猟奇連続殺人事件が多い。 「サイコパスもの」とでもいうのか。 私

記事を読む

no image

アジアン・ミステリの傑作シリーズを応援すべし

旅に出る前に紹介しておかなければならない本はないかなと考えていたら、肝心なものを忘れていたことに

記事を読む

内側から見た「やくざ」

最近イースト・プレスの本が面白い。 まあ、知り合いの編集者が増えて新刊を送ってきてくれるせいも

記事を読む

no image

超残虐な村上春樹?!

なぜ、こういろいろやらなきゃいけないときに限って、こんな凄い本に連続してひっかかってしまうのか。

記事を読む

Comment

  1. KOW(つ∀`) より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; (R1 1.5); .NET CLR 1.1.4322)
    正直、わくわくしている自分がここにいます……。

  2. izumi より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322)
    >「行ってない探検記」というのは古今東西を見渡しても例がないのではない>か。
    この文の高野さんらしさに、思わず笑ってしまいました。ウモッカの顛末をこう概観できるのも、そしてそれを連載に書けるのも、やはり高野さんしかいないと思います。楽しみにしてます。高野さんの「漠然とした不安」の裏をかくために(?)「アジア新聞屋台村」は、取り寄せて読むつもりです。マダムヤンの表紙が、なんともたまりませんね〜。

  3. きたしろ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    こんだけ仕事や刊行物がメジロ押しならば、あんまり漠然とした不安を抱くこともないような気もしますが・・・。
    とにかく新連載楽しみにしています。

  4. 小林 純 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.17; Mac_PowerPC)
    いや、きっと面白いと思いますよ。
    高野さんの文なれば。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : ソマリランドの次はえっ?!納豆?!と驚いた高野秀行さんの『謎のアジア納豆』が文庫化されましたよー!新潮文庫です! https://t.co/WQ9LwokyCJ ReplyRetweetFavorite
    • しかも、そのあと場所を変えて、二人でオンライン打ち上げでまた二時間以上喋ってしまった。仕事であってもなくても全く同じように喋りまくる私たちはバカなのかもしれない。 ReplyRetweetFavorite
    • ”相棒”である清水克行さんとオンライン対談。辺境と中世の疫病についてしゃべり倒してしまった。清水さんの引き出しの多さには毎度ながら驚くばかり。すごく楽しかった。オール讀物誌上にて掲載予定です。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 【文庫】新潮文庫5月の新刊発売しました 一木けいさん『1ミリの後悔もない、はずがない』 渡辺都さん『お茶の味』 高野秀行さん『謎のアジア納豆』 高田崇史さん『鬼門の将軍 平将門』など入荷しています。k.s https://t.co/KVWQD… ReplyRetweetFavorite
    • RT : おはようございます。今日は高野秀行さん『謎のアジア納豆 そして帰ってきた〈日本納豆〉』や一木けいさん『1ミリの後悔もない、はずがない』など新潮文庫の新刊が入荷しています。 https://t.co/qWDHW2iiBO ReplyRetweetFavorite
    • RT : 納豆を食べるのは日本人だけではなかった!  世界を駆ける辺境作家が、アジア各地を訪れ、さまざまな納豆民族と絶品料理に出会います。 #高野秀行 著『#謎のアジア納豆 そして帰ってきた〈日本納豆〉』、5月28日発売。 担当Aも毎朝納豆食べてます! ReplyRetweetFavorite
    • RT : 本の雑誌社WEBストアでは、池澤春菜さん、大山顕さん、高野秀行さん、宮田珠己さん、北原尚彦さん、清原なつのさん、沢野ひとしさん、平松洋子さん、荻原魚雷さん、都築響一さん、たくさんの著者の方のサイン本を販売しております。オリジナルグッズや本の… ReplyRetweetFavorite
  • 2020年5月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑