*

発売が悲しい

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

まる一日かけて、『世界のシワに夢を見ろ!』(小学館文庫で1月8日発売予定)の
校正と、「文庫あとがき」を書く。
単行本にあった漫画のイラストとゴシックの太字を排したら、
予想通り、ひじょうにすっきりした。
単行本未収録を6篇追加し、「文庫追記」も原稿用紙50枚くらい書いたうえ、
章立ても完全に変えたので、
一見すると、まるで別の本に見えるかもしれない。
控えめに見ても単行本の倍は面白くなっているだろう。
が。
久しぶりに熟読したが、この本、ほんとに下ネタが多い。
ついに「初体験話」も入れちゃったしなあ。
下ネタでなければ、ウジがわいたとかゲロ吐いたとか、
まさに「エロ・グロ・ナンセンス」の世界。
我ながら、このアナーキーさには呆れてしまう。
ディープなものを好む男性読者は多少増えるかもしれないが、
女性読者は激減する可能性がある。
でもときどき私が「沢木耕太郎風のナイスガイ」と勘違いしている女性もいるから
誤解をとくいい機会かもしれない。
発売が楽しみであり、悲しくもあるという不思議な本である。

関連記事

no image

斉藤由貴とギアナ高地

今さらだが、クドカンこと宮藤官九郎脚本のドラマ「我輩は主婦である」を見ている。 斉藤由貴扮する早稲田

記事を読む

no image

映画「ホテル・ルワンダ」を見るべし!

試写会で、映画「ホテル・ルワンダ」を見た。 1994年、ルワンダで三ヶ月で数十万人が虐殺されるという

記事を読む

no image

我が言い訳

昨日、なんと今月5度目の神楽坂詣で。 やっと「移民の宴」4回目の取材が終わった。 明後日までに原稿を

記事を読む

no image

帰国&新刊「アスクル」

さっき帰国した。 これで年内は長期で出かけることはなく、おとなしくしていることと思う。 年明けには一

記事を読む

no image

映像をだらだら見れた!

久しぶりに会った年長の友人の勧めでtwitterを半年ぶりに再開した。 ブログとの棲み分けができるの

記事を読む

no image

『ワセダ1.5坪青春記』、出版間近?!

『ワセダ三畳青春記』の韓国語版カバーなるものが集英社から送られ、驚く。 マジで出版する気らしい。

記事を読む

no image

後輩がアジア大会で銅メダル

早大探検部の後輩・角幡唯介の『空白の五マイル』(集英社)が売れている。 アマゾンでは、発売から半月

記事を読む

no image

琉球カウボーイ、よろしくゴザイマス。

私の沖縄の友人が統括プロデューサーをしている映画が今日からついに 東京でも公開が始まる。 「琉球カ

記事を読む

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。 ふつう、文庫化といえば、単

記事を読む

no image

就職するならNACK5

昨日(木曜日)、さいたま市を本拠地とするFM局NACK5の番組「セイタロウとケイザブロウのおとこラジ

記事を読む

Comment

  1. より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.0.3) Gecko/2008092417 Firefox/3.0.3
    とても楽しみです。
    単行本も買って読んだけど、未収録分と文庫追記があるなんて嬉しいです。
    1月が待ち遠しいです☆

  2. ねこ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 2.0.50727)
    はじめまして。
    私は女性ですが、非常に楽しみに待っております。
    昨日家の近所の本屋で、「ワセダ三畳」のポップがはがれ
    「人間失格」の下敷きにされていたので、
    ちゃんと貼り直しておきました。
    高野ファンとして草の根レベルの布教(?)活動をがんばっています。

  3. 昼寝カワウソ より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.0; ja; rv:1.9.0.3) Gecko/2008092417 Firefox/3.0.3
    はじめまして。
    私も女性です。「初体験話」とは、宮田さんとの対談で話されていた、奥地でのアレですね。あのときは、話の内容そのものよりも、それを公の場で暴露された高野さんの度胸に驚くばかりでした。
    活字になさったとは、誠に豪胆。じっくり読ませていただきます。

  4. minaxi より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.0.04506)
    ウジが平気な高野さんがうらやましい。
    ていうか、どうして女性ばかりで盛り上がってるの?

  5. komari-ko より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0)
    この本のマンガとゴシック文字!消えてよかった!
    蛇足を取ったばかりか、追記まであるなんてもう!うれしい!
    女性読者も減りそうになくてよかったですね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PREV :
熊の爪跡
NEXT :
惜しい!
no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 20年前に読んだときは彼ら一人一人がどれほどのスーパースターだったのか理解できていなかった。 https://t.co/3PkeyJWJY1 ReplyRetweetFavorite
    • 本田靖春の文章力はさすがですね。 https://t.co/2lCA4RMIds ReplyRetweetFavorite
    • やりたいことをやりたいようにやって90年。今西錦司の人生をたどった後では、ちまちました仕事のメールとか経費の計算とか原稿書きとか全くやる気を失う。悪書なり。 https://t.co/3PkeyJWJY1 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野さん、ほんとに傘ささないんですよね。この間、辺境スタジオに向かうときも雨が降っていたのですが、まったく意に介さぬ様子で。 noteの「辺境メルマガ」更新しました。今回は『辺境中毒!』(集英社文庫)の文庫解説より転載しております!… ReplyRetweetFavorite
    • 本棚整理のついでに本田靖春著『評伝 今西錦司』(講談社文庫)を20年ぶりぐらいに再読してしまった。今西軍団に所属した選手(学者)がとにかくすごい。西堀栄三郎、梅棹忠夫、川喜多二郎、中尾佐助、藤田和夫、伊谷純一郎、河合雅雄……。レアル・マドリード並みの銀河系軍団。 ReplyRetweetFavorite
    • 河童似の杉江さんに「高野秀行は河童じゃないか」と言われてしまった。同族? https://t.co/dHF7mfwfjq ReplyRetweetFavorite
    • 毎月、新しい本がやってくるので、毎月本の整理をしなければならない。で、その間に気になった本を手にとって立ち読みしてしまう。今日立ち読みしたのは中島京子さんの『妻が椎茸だったころ』(講談社)。短編集だが、表題作がすばらしいのだ。家で立ち読み感動。 ReplyRetweetFavorite
  • 2020年7月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑