*

ソマリ人とイスラエル人

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

火曜日、ずっと前からコンタクトをとろうとしていたソマリ人の人からメールが来て、
「今日の夕方4時に北千住で会おう」と言う。
しかし北千住のどこに行けばいいのかわからないし、携帯の番号もない。
しかたないので、とりあえず北千住に行ってみた。
すると、途中で携帯に電話が入り、「日比谷線構内のドトールコーヒーにいる」とのこと。
なんだか指令を受けて動いているスパイかなにかみたいだ。
ドトールを探し当てて中に入り、ぐるっと見渡したら、
いた、いた、正体不明の人物が。
しかしスパイにしては超目立っている。
だって三つ揃いのスーツを着たアフリカ人がパイプをくゆらしているのだ。
ドトールで。
場違いなほどに格好いい。
「仕事は何をしているんですか?」と訊くと
「TFG(ソマリア暫定政権)の日本代表」と答えた。
スパイどころかVIP(?)だった。
そんな人が北千住に住んでいる。
       ☆         ☆         ☆
そのあと、神田に移動、立ち飲み屋で熱燗をくいっとやってから
イスラエル料理屋へ。
シリアに留学していた日本人女性二人に話を聞いた。
面白かったのは、その店のオーナーシェフ。
実はパレスチナ人だった。
イスラエル国籍なので、公式にはどこでも「イスラエル人」なのだという。
要するに「パレスチナ系イスラエル人」ということだ。
そこに葛藤や悩みはないのかと聞いてみたら、
「なくはないけど、生まれたときからずっとそうだし、学校もイスラエルの学校に行ってるからね」
でもイスラエル人だから、親パレスチナのシリアには入国できないそうで
まったく国際紛争、国際政治はやっかいである。
詳しいことが知りたい人は、神田の地中海料理AL MINAに行ってみましょう。

関連記事

no image

大藪春彦賞受賞パーティ

平山夢明さんが『ダイナー』(ポプラ社)で大藪春彦賞を受賞し、 私と妻も受賞パーティにお招きいただい

記事を読む

高野はぐれノンフィクション軍団に新メンバーが加入

前作『バウルを探して 地球の片隅に伝わる秘密の歌』(幻冬舎)で新田次郎文学賞を受賞した川内有緒(

記事を読む

no image

ミャンマーの伝奇小説「マヌサーリー」

 ジャズとプロレスを小学生のときから愛す義姉・高橋ゆりが(とついに名前が出てしまったが)日本語に訳

記事を読む

no image

カメの肛門問題

水泳仲間(というか先輩)で獣医師のKさんが ときどき私の本を読んで、専門家の立場から意見を言ってくれ

記事を読む

no image

医学界に進出

「週刊医事新報」なる医学雑誌が自宅に届き、何事かと思ったら 私の本が紹介されていた。 神奈川県葉山

記事を読む

no image

『怪獣記』見本本、到着!

『怪獣記』(講談社)の見本本がついに届いた。 私は最近よく本を出しているイメージがあるが、ほとんど文

記事を読む

no image

やっぱり見つからない…

月刊『SWITCH』の読書欄で『怪獣記』の著者インタビューを受ける。 行きつけの書店で「旅」に関する

記事を読む

no image

ソマリランド飲酒紀行

昨日発売の週刊SPA!で私の「イスラム飲酒紀行 最終回」が掲載された。 最終回はソマリランド。 ソマ

記事を読む

no image

カルトにムックはよく似合う

紹介が大幅に遅れて申し訳ないのだが、「偏愛!! カルト・コミック100」(洋泉社ムック)という面白い

記事を読む

no image

トルコの飲酒史

トルコ通風来坊の末澤の紹介で、16世紀オスマン朝の文化・経済を研究している気鋭の研究者Sさんと一杯や

記事を読む

Comment

  1. 台湾マニア より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    ここ、ネットでは「パレスチナ料理店」として紹介されていたと思います。
    パレスチナ料理とイスラエル料理とシリア料理とレバノン料理、どんな違いがあるのかさっぱり分かりませんが・・。
    イスラエル料理だと江古田にシャロームってお店がありますよね。
    ここはミルトスの冊子がおいてあったり、店員もイスラエル人で本格的にユダヤです。

  2. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.0; en-US) AppleWebKit/534.10 (KHTML, like Gecko) Chrome/8.0.552.237 Safari/534.10
    ああ、そうでしたか。
    混乱してますね。
    パレスチナ料理はアラブ料理であり、シリアやヨルダンの料理とさして変わらないと思います。
    ユダヤ教徒のイスラエル人の料理はユダヤ料理と言っていいんでしょうかね。

  3. taiwanmania より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    あ、食の禁忌が違うから、そこが違いになって現れてるんでしょうね。
    豚を食べないとか規則にのっとったトサツ法によるとか、基本的なところは一緒なんですけど、貝、タコ、イカがダメとか、乳製品を肉と一緒に取っちゃいけないとか色々あるみたいです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年5月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑