*

こんなこと、してる場合じゃないのだが…

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


明日からトルコへ行く。
ワン湖の怪獣ジャナワールの調査である。
ただでさえ忙しいのに、昨日、中国から恩師の先生が到着、他に日がないので、
今日は先生をうちに招いて歓談することになっている。
何から手をつけていいのやら、という状態なのだが、
こんなときに限って部屋の整理なんかはじめちゃって、
そしたら面白いものが出てきた。
1992年の「サンデー毎日」。
「ワセダ三畳青春記」では”野々村荘”という名前にしてある、私が11年間住んでいたアパートがモノクログラビア4Pにわたって掲載されている。
あまりの懐かしさにタイトル写真と、私の三畳間の写真(ちょっと不鮮明だけど)をここにアップすることにした。
左の写真は”野々村荘”の玄関口”
右の写真はアップするときまちがって左右が反転してしまったからますますよくわからないが、私は三味線をかかえ、隣の男はタロットカードを広げている。
キャプションには、「高野君とお友だちの北君。高野君は早稲田大学探検部OBで今は流しの三味線引き」と書かれている。
ちょうどキタと三味線屋台をやってたころだ
なつかしいなー。
今でもキタと一緒につるんでおり、やってることはあまり変わりはないのだが…。

関連記事

no image

Mじゃない

みんな勘違いするのだが、間寛平など日本人が毎年出場しているウルトラマラソンと私の出たマラソンは別物だ

記事を読む

アラスカへ逃げたい

石塚元太良・井出幸亮著『All About Alaska アラスカへ行きたい』(新潮社)

記事を読む

no image

やっぱり全然ダメ…

前回のつづきである。 でも、自分がそんな間違いをするのがやっぱり不思議で、 帰宅するなり、念のため、

記事を読む

no image

どうしてここで鳴る!

上智の講義は早くも7回目。 ゲストは映画とフィリピンと在日外国人メディアの専門家・小池昌氏。 かつて

記事を読む

ここ数年最大の問題作か?

キャサリン・ブーの『いつまでも美しく インド・ムンバイのスラムに生きる人々』(早川書房)を読

記事を読む

no image

記憶がないからどうにも

1年に1度くらいのペースで、自分に「映画ブーム」が来る。 今年はなぜか今がそう。 昨日、伊坂幸太郎の

記事を読む

no image

帰国してからあまり読書欲がわかない。 読み出しては途中で飽きる、を繰り返していたが、 開高健『片隅の

記事を読む

no image

加点法の傑作「ジェノサイド」

ソマリ旅行中、なにしろ一人だけで話し相手もいないから、 iPhoneでツイッターをよく見ていた。

記事を読む

no image

ペ・ヨンジュンが好きな理由=2位.肉体?

 早大探検部の後輩で、かつてワセダの同じアパートに住んでいた男と久しぶりに飲んだ。 彼はいまテレビの

記事を読む

no image

2011年のベスト本はもう決まった!

数日前、増田俊也『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』(新潮社)を読了した。 これほど面白くて

記事を読む

Comment

  1. shima より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; (R1 1.5); .NET CLR 1.1.4322)
    これがあの「野々村荘」ですか。
    見たこともないのにのにこちらまで懐かしい感じがします。
    裸電球がいいですね。
    高野さん、若い!(当たり前か)
    明日からトルコだそうで、気をつけていらして下さい。
    またお土産話楽しみにしています。

  2. 小林 純 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.17; Mac_PowerPC)
    お〜!これが彼の・・・
    拝見できてうれしいです!
    トルコ、気をつけていってらっしゃいませ。

  3. ひで より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    MY BEST 文庫本の舞台になったアパートが見れるなんて...
    ありがとうございます。

  4. 岡本 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322)
    はじめまして。
    ワセダ三畳青春期、拝読しました。
    高野さんより3年後輩ですが、やはりワセダの同じようなアパートで変わった人達や仲間と半共同生活をしていたので非常に懐かしく楽しく読みました。
    学校には行っても授業には出ない。
    銭湯代が高い。学校のシャワーに忍び込んだりプールに通う。
    誰でも通る道ですよね(笑)
    ところで、私は現在映画などの製作の仕事をしています。
    御著作の映像化にご興味はありませんか?
    学生時代の人脈からも接点が見つかりそうですが、せっかくこのサイトを見つけましたので。
    長いコメントで失礼いたしました。

ひで へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2021年12月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑