*

こんなこと、してる場合じゃないのだが…

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


明日からトルコへ行く。
ワン湖の怪獣ジャナワールの調査である。
ただでさえ忙しいのに、昨日、中国から恩師の先生が到着、他に日がないので、
今日は先生をうちに招いて歓談することになっている。
何から手をつけていいのやら、という状態なのだが、
こんなときに限って部屋の整理なんかはじめちゃって、
そしたら面白いものが出てきた。
1992年の「サンデー毎日」。
「ワセダ三畳青春記」では”野々村荘”という名前にしてある、私が11年間住んでいたアパートがモノクログラビア4Pにわたって掲載されている。
あまりの懐かしさにタイトル写真と、私の三畳間の写真(ちょっと不鮮明だけど)をここにアップすることにした。
左の写真は”野々村荘”の玄関口”
右の写真はアップするときまちがって左右が反転してしまったからますますよくわからないが、私は三味線をかかえ、隣の男はタロットカードを広げている。
キャプションには、「高野君とお友だちの北君。高野君は早稲田大学探検部OBで今は流しの三味線引き」と書かれている。
ちょうどキタと三味線屋台をやってたころだ
なつかしいなー。
今でもキタと一緒につるんでおり、やってることはあまり変わりはないのだが…。

関連記事

no image

サッカーの敵

「本の雑誌」バックナンバーのサッカー本特集のコピーを杉江さんに送ってもらい、 それにしたがってサッ

記事を読む

no image

ブータンは4月

2月にブータンに行く予定だったが、向こうの事情やこちらの事情などで 4月に延期になった。 それまでゆ

記事を読む

no image

スポーツノンフィクションとしてのブラインドサッカー

ブラインドサッカーという競技がある。 目の見えない人たちがボールに入った鈴の音を頼りにフィールドを

記事を読む

no image

ディアスポラ

エンタメ・ノンフ作家は彷徨うことが宿命づけられている。 本人もそうだが、著書はもっと。 書店に棚がな

記事を読む

高野はぐれノンフィクション軍団に新メンバーが加入

前作『バウルを探して 地球の片隅に伝わる秘密の歌』(幻冬舎)で新田次郎文学賞を受賞した川内有緒(

記事を読む

no image

un no ochiteiru kata boshu

Bhutan no kita e ittekita. omotta ijou ni samukute

記事を読む

no image

「倒壊する巨塔」は訳が素晴らしい!

ローレンス・ライト著、平賀秀明訳『倒壊する巨塔』(白水社)を読んだ。 素晴らしい本だった。 「イス

記事を読む

no image

ラジカル加藤、現る!

「ワセダ三畳青春記」にちょっと書いたが、探検部の二つ上の先輩で 「ラジカル加藤」という人がいた。 仮

記事を読む

no image

メールが届かない

最近、こちらから出したメールが届いていないというケースが増えている。 プロバイダのせいなのだろうか。

記事を読む

no image

新刊入荷『青春の門』

今日も外出。 といっても毎日、最終的にはワセダの「野々村荘」に落ち着く。 これは外出ではなく、アパー

記事を読む

Comment

  1. shima より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; (R1 1.5); .NET CLR 1.1.4322)
    これがあの「野々村荘」ですか。
    見たこともないのにのにこちらまで懐かしい感じがします。
    裸電球がいいですね。
    高野さん、若い!(当たり前か)
    明日からトルコだそうで、気をつけていらして下さい。
    またお土産話楽しみにしています。

  2. 小林 純 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.17; Mac_PowerPC)
    お〜!これが彼の・・・
    拝見できてうれしいです!
    トルコ、気をつけていってらっしゃいませ。

  3. ひで より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    MY BEST 文庫本の舞台になったアパートが見れるなんて...
    ありがとうございます。

  4. 岡本 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322)
    はじめまして。
    ワセダ三畳青春期、拝読しました。
    高野さんより3年後輩ですが、やはりワセダの同じようなアパートで変わった人達や仲間と半共同生活をしていたので非常に懐かしく楽しく読みました。
    学校には行っても授業には出ない。
    銭湯代が高い。学校のシャワーに忍び込んだりプールに通う。
    誰でも通る道ですよね(笑)
    ところで、私は現在映画などの製作の仕事をしています。
    御著作の映像化にご興味はありませんか?
    学生時代の人脈からも接点が見つかりそうですが、せっかくこのサイトを見つけましたので。
    長いコメントで失礼いたしました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年2月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    26272829  
PAGE TOP ↑