*

呆然

公開日: : 高野秀行の【非】日常模様

ソマリアのモガディショでいつも世話になっている友人のジャーナリスト2名が「日本に是非来たい」というので、
ずっと準備をしていた。
アフリカ人が日本のビザを取るのは簡単ではない。
ましてや、ついこの間まで政府がなく、今も尚政府が機能しているとはいえないソマリアではなおさらだ。

こんな書類がいるから用意してほしいとこちらで言っても、
向こうは書類を扱う習慣がないので、いちいちひっかかる。
しかもモガディショには日本大使館はない。
ケニヤのナイロビまで出てビザの申請をしなければならない。
そして、ソマリア人はケニヤのビザを取るのも容易ではないというからややこしい。

あまりに時間がかかり、行き違いも多いので、一時は「俺がモガディショに行って自分で書類を揃え、
それをナイロビの日本大使館に持っていって申請し、ビザをとって
彼らを自ら日本に連れてこようか」とすら思った。

まあ、時間的・経済的にそれはできない相談なので、最近ようやく態勢を整え直し、
FACEBOOKのチャットも併用して、コミュニケーションの円滑化を図ったり、具体的なスケジュールを作成して
その通りにみんなが動くという仕組みを作った。

すると、驚いたことに急に物事が円滑に動き出した。
…なんてことはなく、いきなり2名のうちの1名(しかも主体的に日本に来たがっている方)からメールが来た。

「いま、ノルウェーにいる。難民申請している。だから日本へは行けない」

どっひゃー!
どういうこっちゃねん、と嘘くさい大阪弁で叫んでしまった。

どうやら最初から難民になりたかったらしい。
で、二股をかけていたようだ。
ノルウェーと日本、どちらか先に行ける方に行き、そこで難民申請する、と。

まあ、日本に来てから「難民になる」と言われても往生したことだろうから
最悪の事態は免れたかもしれないが、
私のこれまでの努力はいったい何だったのか。

そして彼らのために5月、6月をフルに利用し、一緒に日本の映像を撮影し番組をたくさん作るつもりでいたのに、
すべてがパーになってしまった。

いやもう唖然呆然である。

ソマリ人とつき合うのは大変とは思っていたが、そもそも普通につき合おうとしてはいけないのかもしれない。
なのに、「暇になったからソマリランドかソマリアに行くか」と考えている自分がいて、おそろしい。

関連記事

no image

彼らもイランに行った

自分の本が出ると、意味もなく書店に“確認”に行くという癖は 何冊出しても換わらない。 今回も『アジ

記事を読む

no image

形見の銃弾

 義父が昨年1月、義母が今月と、相次いで亡くなったため、 妻の実家は遺品の山である。  なにしろ8

記事を読む

no image

野宿イベント

昔、上海の安宿で若い日本人旅行者に会ったことがある。 「前にどこかで会いましたよね?」と彼は言うが、

記事を読む

no image

アジアの匂い

2泊3日で、熊本と鹿児島の高校に講演に行ってきた。 今年が3回目。これまで群馬、新潟、香川、愛媛に行

記事を読む

no image

古墳プレイ

集英社の財団主催の高校講演会、今年はなんと高野山高校に行ってきた。 校長先生は高位の僧侶で、話をする

記事を読む

no image

また見つかったらしい

友人に教えてもらって知ったのだが、インドネシアでまたシーラカンスが見つかったようだ。 漁師の手に抱

記事を読む

no image

ヤノマミ読書VSサバイバル登山家

忙しくてなかなかブログの更新ができなかった。 そうそう、本の雑誌3月号の「冒険本・探検本特集」でと

記事を読む

no image

biiru no aji

Sakenomi ni totte,atsui kuni de naniyorimo nom

記事を読む

no image

ありえねー!

しょっぱなから全く予期しない出来事が起きた。 人為的原因により、ワン行きの飛行機に乗り損ねたのだ。

記事を読む

no image

ヒンディー語と春風亭昇太

トルコの怪獣取材もいいが、忘れちゃいけないインド・ウモッカ探索行。 そう、凝りもせず今年の11月末か

記事を読む

Comment

  1. 光菅 修 より:

    『謎の独立国家 ソマリランド』、『移民の宴』、すごく面白かったです。一時帰国中に購入して、滞在中に一気読みしました。自分もソマリランド東部の謎のピラミッド郡、探検してみたいです。『移民の宴』で紹介されていた場所に帰国後足を運ぼうと思います。成田のタイのお寺や神楽坂のフランス料理のお店なんかに。ではでは。

  2. 高野 秀行 より:

    >光菅さん、ありがとうございます!!
    2月は日にちが合わず残念でした。
    7月か8月、もし都合がつけばぜひ一緒に飯を食いましょう。

  3. 光菅 修 より:

    高野さん、楽しみにしています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2021年9月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
PAGE TOP ↑