*

呆然

公開日: : 高野秀行の【非】日常模様

ソマリアのモガディショでいつも世話になっている友人のジャーナリスト2名が「日本に是非来たい」というので、
ずっと準備をしていた。
アフリカ人が日本のビザを取るのは簡単ではない。
ましてや、ついこの間まで政府がなく、今も尚政府が機能しているとはいえないソマリアではなおさらだ。

こんな書類がいるから用意してほしいとこちらで言っても、
向こうは書類を扱う習慣がないので、いちいちひっかかる。
しかもモガディショには日本大使館はない。
ケニヤのナイロビまで出てビザの申請をしなければならない。
そして、ソマリア人はケニヤのビザを取るのも容易ではないというからややこしい。

あまりに時間がかかり、行き違いも多いので、一時は「俺がモガディショに行って自分で書類を揃え、
それをナイロビの日本大使館に持っていって申請し、ビザをとって
彼らを自ら日本に連れてこようか」とすら思った。

まあ、時間的・経済的にそれはできない相談なので、最近ようやく態勢を整え直し、
FACEBOOKのチャットも併用して、コミュニケーションの円滑化を図ったり、具体的なスケジュールを作成して
その通りにみんなが動くという仕組みを作った。

すると、驚いたことに急に物事が円滑に動き出した。
…なんてことはなく、いきなり2名のうちの1名(しかも主体的に日本に来たがっている方)からメールが来た。

「いま、ノルウェーにいる。難民申請している。だから日本へは行けない」

どっひゃー!
どういうこっちゃねん、と嘘くさい大阪弁で叫んでしまった。

どうやら最初から難民になりたかったらしい。
で、二股をかけていたようだ。
ノルウェーと日本、どちらか先に行ける方に行き、そこで難民申請する、と。

まあ、日本に来てから「難民になる」と言われても往生したことだろうから
最悪の事態は免れたかもしれないが、
私のこれまでの努力はいったい何だったのか。

そして彼らのために5月、6月をフルに利用し、一緒に日本の映像を撮影し番組をたくさん作るつもりでいたのに、
すべてがパーになってしまった。

いやもう唖然呆然である。

ソマリ人とつき合うのは大変とは思っていたが、そもそも普通につき合おうとしてはいけないのかもしれない。
なのに、「暇になったからソマリランドかソマリアに行くか」と考えている自分がいて、おそろしい。

関連記事

no image

「イスラム飲酒紀行」気持ちは早くも第2弾

今月25日に発売予定の新刊『イスラム飲酒紀行』(扶桑社)の予約受付がアマゾンで始まった。 なぜかわ

記事を読む

no image

『アジア新聞屋台村』見本とどく

 『メモリークエスト』に気を奪われていてすっかり忘れていたが、 本日、『アジア新聞屋台村』(集英社

記事を読む

no image

ファミコンって何だろう?

土曜日にアキバ系中国人のカリスマこと「魚干」君に会った。 まだ22歳、日本に来て半年なのに日本語は流

記事を読む

no image

人・脈・記

一昨日、テレビ東京のワールドビジネスサテライトで二村さんの特集を見た。 いや、生物多様性(生物資源

記事を読む

no image

『ワセダ1.5坪青春記』、出版間近?!

『ワセダ三畳青春記』の韓国語版カバーなるものが集英社から送られ、驚く。 マジで出版する気らしい。

記事を読む

no image

なぜ知っているのか

渋谷で、メディアファクトリーの担当Nさんと打ち上げ。 Nさんによれば、『間違う力』は社内ではたいへん

記事を読む

no image

野口英世は史上最強の日本人探検家!

高野秀行公式サイトへようこそ。  ここでは私の日常模様を書くことになってるのだが、私の日常は「飲む、

記事を読む

移住するなら盛岡がいい

先週の土曜日、盛岡市のMORIOKA TSUTAYAでのトークイベントに行ってきたのだが、盛岡の読書

記事を読む

no image

明日、いや今日出発。

もう深夜2時。 まだ何も準備していないが、 明日というか今日の朝5:20に家を出なければならない。

記事を読む

no image

螺旋

たまにはガイブン(外国文学)が読みたくなり、サンティアーゴ・パハーレスの『螺旋』(ヴィレッジブック

記事を読む

Comment

  1. 光菅 修 より:

    『謎の独立国家 ソマリランド』、『移民の宴』、すごく面白かったです。一時帰国中に購入して、滞在中に一気読みしました。自分もソマリランド東部の謎のピラミッド郡、探検してみたいです。『移民の宴』で紹介されていた場所に帰国後足を運ぼうと思います。成田のタイのお寺や神楽坂のフランス料理のお店なんかに。ではでは。

  2. 高野 秀行 より:

    >光菅さん、ありがとうございます!!
    2月は日にちが合わず残念でした。
    7月か8月、もし都合がつけばぜひ一緒に飯を食いましょう。

  3. 光菅 修 より:

    高野さん、楽しみにしています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : ゲストは「Gダイアリー」デスクの室橋裕和さん、Gダイで連載していた(イスラム飲酒紀行ほか)高野秀行さん、Gダイ編集部に入りたかった丸山ゴンザレスさん、Gダイ外部編集で「駐妻カナ」などを担当した西野風代さんです。 1月31日(金)、阿佐ヶ… ReplyRetweetFavorite
    • いい時代だ! ReplyRetweetFavorite
    • それにしても、ソン・ガンホは黙って座っていて息をしているだけで面白い。 ReplyRetweetFavorite
    • ポン・ジュノ監督、ソン・ガンホ主演の『パラサイト 半地下の家族』を渋谷の東宝で観た。スクリーンがすごくでかいのに、まちがって前から四列目の席をとってしまったため、「観た」というより「現場に居合わせた」感じ。いや、すごい体験だった。 ReplyRetweetFavorite
    • 子だくさんの「やもめのジョナサン」夫婦が子供をぞろぞろ連れてハネムーンに行く場面と、情けない警官のなべおさみが泥まみれ涙まみれになる場面がいい。展開が早くて笑いあり涙ありでなんだかジャッキー・チェンの映画みたいだった。 ReplyRetweetFavorite
    • 映画好きの友人に強く勧められ、生まれて初めて「トラック野郎を観てしまった。第2作の爆走一番星。始まっていきなり主役の菅原文太がトルコ風呂の裸の女の子たちと酒盛りをしているシーンで度肝を抜かれる。でもあまりにあっけらかんとして、全然エロくないんだが。 ReplyRetweetFavorite
    • 「へうげもの」は完全に私の戦国〜江戸初期の概念を変えた。加藤清正なんて具志堅用高だとしか思えなくなってるし。 ReplyRetweetFavorite
  • 2020年1月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑