*

呆然

公開日: : 高野秀行の【非】日常模様

ソマリアのモガディショでいつも世話になっている友人のジャーナリスト2名が「日本に是非来たい」というので、
ずっと準備をしていた。
アフリカ人が日本のビザを取るのは簡単ではない。
ましてや、ついこの間まで政府がなく、今も尚政府が機能しているとはいえないソマリアではなおさらだ。

こんな書類がいるから用意してほしいとこちらで言っても、
向こうは書類を扱う習慣がないので、いちいちひっかかる。
しかもモガディショには日本大使館はない。
ケニヤのナイロビまで出てビザの申請をしなければならない。
そして、ソマリア人はケニヤのビザを取るのも容易ではないというからややこしい。

あまりに時間がかかり、行き違いも多いので、一時は「俺がモガディショに行って自分で書類を揃え、
それをナイロビの日本大使館に持っていって申請し、ビザをとって
彼らを自ら日本に連れてこようか」とすら思った。

まあ、時間的・経済的にそれはできない相談なので、最近ようやく態勢を整え直し、
FACEBOOKのチャットも併用して、コミュニケーションの円滑化を図ったり、具体的なスケジュールを作成して
その通りにみんなが動くという仕組みを作った。

すると、驚いたことに急に物事が円滑に動き出した。
…なんてことはなく、いきなり2名のうちの1名(しかも主体的に日本に来たがっている方)からメールが来た。

「いま、ノルウェーにいる。難民申請している。だから日本へは行けない」

どっひゃー!
どういうこっちゃねん、と嘘くさい大阪弁で叫んでしまった。

どうやら最初から難民になりたかったらしい。
で、二股をかけていたようだ。
ノルウェーと日本、どちらか先に行ける方に行き、そこで難民申請する、と。

まあ、日本に来てから「難民になる」と言われても往生したことだろうから
最悪の事態は免れたかもしれないが、
私のこれまでの努力はいったい何だったのか。

そして彼らのために5月、6月をフルに利用し、一緒に日本の映像を撮影し番組をたくさん作るつもりでいたのに、
すべてがパーになってしまった。

いやもう唖然呆然である。

ソマリ人とつき合うのは大変とは思っていたが、そもそも普通につき合おうとしてはいけないのかもしれない。
なのに、「暇になったからソマリランドかソマリアに行くか」と考えている自分がいて、おそろしい。

関連記事

no image

離島に電子書籍を!

最近は中東・アフリカのイスラム圏に行き、取材して原稿を書くことが多い。 そういうとき、ネットは便利だ

記事を読む

R-40本屋さん大賞ノンフィクション・エッセイ部門で1位(改訂版)

ワンテンポもツーテンポも遅れてしまったが、一昨日発売の「週刊文春」誌上で発表された 「R-40本屋

記事を読む

no image

死んでも「生きるハードボイルド」

肝心の陳会長の話をしていなかった。 私はトリオ・ザ・パンチもイカ天も見たことがなく、したがって内藤陳

記事を読む

no image

「ワセダ三畳記」が増刷!

『ワセダ三畳青春記』の増刷が決まった。 集英社文庫、5冊目出してやっと増刷だ。 私は最初『異国トー

記事を読む

no image

『間違う力』発売開始

『間違う力 オンリーワンの10カ条』(メディアファクトリー)が発売になった。 丸善川崎ラゾーナ店で

記事を読む

no image

魔術的リアリズムのブラジルサッカー

アレックス・ベロス『フチボウ—美しきブラジルの蹴球』(ソニーマガジンズ)は 実に面白い本だった。

記事を読む

no image

酔って記憶をなくします

野宿泥酔の翌日は二日酔いにもならず、心身とも妙に快調。 そして翌々日、つまり今日も絶好調。 身体か

記事を読む

no image

おもしろくないことがおもしろい

キタ帰国の二日後、つまり6日から9日まで沖縄に行ってきた。 10年以上前、大連に短期留学をしたときさ

記事を読む

no image

サッカーファンになる予定なのに…

着実にサッカーファンに向かって前進しているはずなのだが、 吉祥寺の書店でターザン山本『「金権編集長

記事を読む

no image

少数民族の村で

別のミャンマー国境に近い村(?)にいる。 無国籍もしくは国籍不明の人がわさわさいるみたいだ。 雲南

記事を読む

Comment

  1. 光菅 修 より:

    『謎の独立国家 ソマリランド』、『移民の宴』、すごく面白かったです。一時帰国中に購入して、滞在中に一気読みしました。自分もソマリランド東部の謎のピラミッド郡、探検してみたいです。『移民の宴』で紹介されていた場所に帰国後足を運ぼうと思います。成田のタイのお寺や神楽坂のフランス料理のお店なんかに。ではでは。

  2. 高野 秀行 より:

    >光菅さん、ありがとうございます!!
    2月は日にちが合わず残念でした。
    7月か8月、もし都合がつけばぜひ一緒に飯を食いましょう。

  3. 光菅 修 より:

    高野さん、楽しみにしています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年7月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑