*

「花より男子」

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

高校講演会ではいつもいろいろ面白いことがあるが、
今回いちばん驚かされたのは同行している集英社の担当編集者のEさん。
ふつう、編集者は私が話す前に「講師紹介」で講師である私の説明を簡単にするのだが、
Eさんは自分の経験を話しはじめた。
それによれば、彼は中学2年のとき、「何か変わったことをやろう」と思い立ち、
「一年間に学級新聞を100号出そう」と決意した。
夏休みや冬休みを除いたら、二日に一回くらいのペースで出さねばならない。
そこで他の同級生に頼んで、詩や写真、小説などを書いてもらった。
漫画を描くのが得意な女の子には漫画を描いてもらった。
編集者の仕事そのものだ。
そうしてなんとか一年で100号出すことに成功した。
それから十年後、Eさんは集英社の編集者になった。
そしてその頃漫画を描いてくれた女の子はプロの漫画家になった。
大ヒット作「花より男子」の神尾葉子さんがそうだという。
えーっ!?とびっくりしてしまった。
生徒たちも顔を見合わせている。
「子供のときに出会ったことは大人になってからも何かしらつながっていくんです。だから
みなさんも高野さんの話をよくきいてください」
とEさんは結ぶのだが、そんなことより神尾さんの話をもっとききたいと生徒たちは思ったろう。少なくとも私はそう思った。
やっぱり、中学時代、二日おきくらいに漫画を連載したことで、
ものすごく実力が鍛えられたとか、自分で書きたいということと読者が読みたいということの違いに気づいたとか。
あと、私はそれまでずっと「花よりダンシ」だと思っていたが、「花よりダンゴ」だということもわかった。長年の思い込みが訂正され、二重にありがたいことだった。

関連記事

「猿になりたい」

本日発売された『マンガがあるじゃないか わたしをつくったこの一冊』(河出書房新社)。 ヤマザキマリ

記事を読む

no image

なんだかすごく忙しい…

ブログの更新がすっかり滞ってしまった。 なんだかすごく忙しいのである。 12月出発予定のウモッカ探索

記事を読む

no image

パキスタン航空おそるべし

6月23日売りの雑誌「TVBros」は、なぜか人気エアライン・ランキングが特集。 私も頼まれて、「機

記事を読む

no image

エンタメノンフの古典

「不思議ナックルズ」という変わった雑誌のインタビューを受ける。 「実話ナックルズ」の別冊ムックみたい

記事を読む

no image

怪物は江川と鶴田だけ

松井優史『真実の一球 怪物・江川卓はなぜ史上最高と呼ばれるのか』(竹書房)という本を書店の店頭でぱ

記事を読む

no image

ここでは不審者

セイシェルはなにしろ高級リゾート地だから、カップルと家族連れしかいない。 一人旅の日本人なんて存在が

記事を読む

日本の中世人と現代ソマリ人の共通点と相違点

『謎の独立国家ソマリランド』の感想を述べたツイートに、清水克行『喧嘩両成敗の誕生』(講談社選書メチエ

記事を読む

no image

インドの怪魚ウモッカを探せ!

自分のなかではずっと前から決定していすぎてブログに書くのを忘れていた。 今年の12月中旬から来年の

記事を読む

善し悪しはわからないけれど。

先週の日曜日、コソボより帰国した。 今回の旅はひじょうに忙しかった。 移動につぐ移動、その合

記事を読む

no image

三沢の試合を見よ

アフリカに行っている最中、三沢光晴の急死について、 知人や読者の人たちから多数のお知らせメールをいた

記事を読む

Comment

  1. 味噌ラーメン より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.1; Trident/4.0; SLCC2; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; Media Center PC 6.0; .NET4.0C; MALC)
    最近またウモッカの本読んでいます。UMAのサイトもあまり更新してないです、、。
    また、是非続編お願い致します。
    今週代々木公園でナマステ祭あります。

  2. 社長(笑) より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; GTB6; .NET CLR 1.1.4322)
    先日はありがとうございました。
    私も「花より男子」とEさんが同級生と聞いた時は、
    びっくりしましたΣ(´∀`;)
    また、愛媛にお寄りの際は声をおかけください!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年3月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑