*

やっぱり全然ダメ…

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

前回のつづきである。
でも、自分がそんな間違いをするのがやっぱり不思議で、
帰宅するなり、念のため、五味康祐の『秘剣〜』を手にとり、確かめてみる。
すると、驚いたことに、そこにもちゃんと「上泉武蔵守」と書かれてるじゃないか!
時代小説の大家がこんな重要人物の名前を誤るはずがない。
調べてみたら、やっぱり正しかった。
上泉信綱は初め”伊勢守”だったが、その後官位が変わり、”武蔵守”になったらしい。
いやあ、知らなかった。
剣豪として常に官位がつけられて呼ばれる人は上泉信綱くらいで、
しかもいつも「上泉伊勢守」と書かれているから、てっきりそれだけだと思っていた。
しっかし、『秘剣〜』を読んだとき、そしてそのあと原稿を書くために引用したとき、
ふつう「あれ?」と思うはずだ。
どうして気づかないのか。
やっぱりどうかしてる。
間違いじゃなくてホッとはしたが…
一つ、上泉信綱に二通りの呼称があるのを知らなかったこと、
二つ、『秘剣〜』の読書中と引用中、それに全く気づかなかったこと、
三つ、確かめる前にあわてて落ち込んでしまったこと。
いずれをとっても、プロとして全然ダメなのであった…。

関連記事

no image

ソウル・ショック!

ソウルより帰国した。 予想以上に驚くことがたくさんあった。 まず、ひじょうに残念な話。 最初の目的で

記事を読む

no image

帰国してからあまり読書欲がわかない。 読み出しては途中で飽きる、を繰り返していたが、 開高健『片隅の

記事を読む

no image

2006年に読んだ本ベストテン(小説部門)

今年、私が読んだ本の中からベストテンを選んでみた。断っておくが、あくまで客観的にして公正無私な選出で

記事を読む

no image

モンスタークエスト

今週はいろいろと忙しい。 月曜日は、ワセダで、アメリカの衛星放送局ヒストリーチャンネルの「モンスター

記事を読む

no image

千葉のソマリランド人

千葉県東金に住むソマリランド関係者がいる、と前に書いた。 曖昧な言い方をしてしまったが、その人物、実

記事を読む

no image

最近、高野秀行の本がつまらないと思われている方、私以外にいらっしゃいますか?

最近気づいたのだが、Yahoo知恵袋になんとこんな質問が寄せられていた。 「最近、高野秀行の本

記事を読む

no image

シングルモルト

体がすごくだるい。 病院に行こうかどうしようか、真剣に悩む。 人に教えてもらって知ったが、朝日新聞の

記事を読む

no image

板みたいなもん…

実家の親に頼まれ、新しいパソコンのセットアップに行ったのだが、 niftyのありえないようなシステ

記事を読む

no image

なぜか妻が…

なぜか妻がブータンへ行ってしまった。 今までブータンなど話題にもしたことがなかったのに、五月のある日

記事を読む

no image

テレビ、週刊誌

 週刊Aよりある本の書評をしてほしいと頼まれるが、実はすでに全く同じ本を週刊Bから頼まれていたので、

記事を読む

Comment

  1. KOW(つ∀`) より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    んあ〜
    うちも、某KOEIの立身出世ゲーム攻略本の
    原稿書いたことがあるのですが
    そこまでリサーチはしてなかったですねぇ。
    書評仕事はしたことないけれど(mixiのレビューとかはしますが)
    大変ですね。

  2. pろすちつちおn より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322)
    大丈夫でr巣よ
    片野さんはプロ地うより巨大なアマチュアセルからw

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • ようやく迷いの森から脱出した。今回ばかりは無理かと思ったけど、出られるときは出られるのだ。でもまだ終わりではない。目的地まで気を緩めず、しっかり歩まねば。くれぐれも途中で飲んだくれたりしないように。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行さんの『イスラム飲酒紀行』がKindleで188円になってるよお。 私はお酒飲まないので「そこまでして飲むの?」という想いと、タイトルの矛盾通りの「イスラム圏ってお酒ダメじゃなかったの⁉︎」という驚きがあった本。(昔読んだ記憶を掘り… ReplyRetweetFavorite
    • ちなみに、迷いの森からの脱出方法は不明。いつも、あるときふと原稿が書けてしまう。でもその「あるとき」がいつやって来るのかは全く読めない。1時間後なのか1週間後なのかも。 https://t.co/dGG5k7ZXca ReplyRetweetFavorite
    • 近くを見渡すと別のキューブがあり、「こっちだったのか!」と慌ててそれに取りかかるがやっぱり色を合わせることができず、ウンウン唸るうちに「俺がやるべきなのはルービックキューブじゃない!」と気づき、突然自分が密林の真っ只中に迷い込んで… https://t.co/J7Eufq3qUN ReplyRetweetFavorite
    • 私が原稿を書くのはルービックキューブをやるのに似ている。最初は「2回ぐらい回転させればできそう」と思い、トライするのだが、意外とできず、「もしかしたらけっこう難しいのかも」と思い直す。さらに悪戦苦闘を続けるうちに、ハタと「やるのはこのキューブじゃない!」と気づく。 ReplyRetweetFavorite
    • 深い深い迷いの森に入ってしまった。果たして出られるのか? ReplyRetweetFavorite
    • RT : 弊社刊の『世界の辺境とハードボイルド室町時代』(高野秀行、清水克行)がAERAdot.で紹介されました。 9/5(火)には、高野秀行さんの『語学の天才まで1億光年』も発売されます。 ReplyRetweetFavorite
  • 2022年8月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑