*

NHKに出演して仰天

公開日: : 最終更新日:2012/06/25 高野秀行の【非】日常模様


金曜日、NHK-BS1の「ほっと@アジア」という番組に出演した。

テーマは「UMA(未確認動物)を通してアジアを見る」というかなり無理やりなもの。
これまで私が探した未知動物のうち、トルコのジャナワール、アフガニスタンのペシャクパラング、ブータンの雪男(ミゲ)の3つをとりあげた。

私にすれば、これまでさんざん考え、文章にも書いてきたことをかいつまんで喋るわけだし、
さすがにもうテレビにも慣れているから(別に喋りはうまくなってないけど)、どちらかといえば淡々と台本に沿ってしゃべっていた。

ところがペシャクパラングのところで異変が起きた。
台本に従い、私が「この動物は死体が見つかってるんですよ」とか言い、それを合図に写真がモニターに映された。
そのとき私は目を疑ってしまった。
「なんじゃこりゃ?!」

共同通信社のY記者が撮影したペシャクパラングとおぼしき動物の死体の写真はもちろん知っている。
私もそれを見て、探しに行こうと思い立ったのだ。
私がよく知るその写真はすごくぼんやりしていて、何かイヌかネコみたいな形の動物の死体らしいということしかわからなかった。

なのに、モニターに映ったそれは、顔立ちや大きな犬歯まではっきりとわかったのだ。
現地ではその動物を射殺した警察の人たちは「ライオンの子どもみたいだった」といい、Yさんは「細長い顔だった」と相反することを言っていた。
結局死体を発見できず、真偽はわからず仕舞いだったのだが、これを見たら一目瞭然、犬科動物だった。
いやあ、びっくりした。

「これがその写真です」と見せている当の本人が「え、なにこれ!?」などと驚いているというのも相当おかしい。
ディレクターのAさんも「どうして高野さんがあんなに真剣にびっくりしてるんだろうと思った」とあとで言っていた。
事情はよくわからないが、私が入手した写真(雑誌に掲載された写真も似たような不鮮明なものだった)よりもっと鮮明なものがあったのか、
あとはNHKのデータ処理でもっと画質がよくなったということか。

もし録画しておいた人がいれば、是非ご確認頂きたい。
ペシャクパラングの未公開鮮明写真と、私の間抜け顔。
どちらも貴重です。

関連記事

no image

ブータンは4月

2月にブータンに行く予定だったが、向こうの事情やこちらの事情などで 4月に延期になった。 それまでゆ

記事を読む

no image

人生に生きる価値はない

これまでにも『ぼくは偏食人間』や『狂人三歩前』など、 笑える奇書を連発している中島義道先生の新作は

記事を読む

no image

名探偵クイズ

うっかりしていたのだが、5月に本の雑誌社から『作家の読書道3』が刊行されていた。 柳広司、阿部和重

記事を読む

no image

新刊ラマダン

「在庫一掃読書では本は減らない」という指摘を友人から受けた。 なるほど、それもそうだのだけど、 新

記事を読む

no image

名著復刊!

知らなかったが、本屋大賞では現在絶版になっている本の復刊も訴えているらしい。 それに応え、集英社文庫

記事を読む

no image

探検部の後輩、パキスタンで銃撃される

下北沢で某社の編集者と打合せを兼ねて飲んでいた。 本題前の雑談で「パキスタンというのは意外といいとこ

記事を読む

no image

枡野浩一の読書道

web本の雑誌で月刊連載されている「作家の読書道」に歌人の枡野浩一が登場。 http://www.w

記事を読む

no image

大分→東京→ソウル

以下、ほぼ業務連絡。 昨日の早朝に東京を発ち、急遽大分へ飛び、竹田市まで往復、 昼は暑さに驚き、夜は

記事を読む

no image

故郷再訪

実家に帰る用があったので、ちょっと気が向いて、 子どもの頃住んでいた家の辺りや遊び場にしていた場所を

記事を読む

no image

タイ国外退去!?

ネット書店「アマゾン」で自著の売上げを見ていたが、「極楽タイ暮らし」のところで、こんなレビューを発

記事を読む

Comment

  1. しん より:

    「ほっと@アジア」見ましたよ。ラテ欄をみたときからアジアの番組で未確認生物、これは高野さんがゲストだなと確信しました。
    ペシャクパラングの写真が出た時、そんなに驚いてる印象はうけなかったですが、高野さんはびっくりされてたんですね。

    私はペシャクパラングの写真ももちろんびっくりしましたが、ジャナワールの映像がみれたのが嬉しかったです。

  2. タツ より:

    これからはテレビ番組出演の際は、このブログで事前に告知してください〜!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • しかし、よく考えてみたら、秘書というのはAIと同じで、こちらが取材内容や取材相手、取材日程を決めなければ、何も動いてくれない。そしてそういうことを考えるのがひじょうに面倒くさいわけだ。それとも優秀な秘書はそこまでやってくれるんだろうか。 ReplyRetweetFavorite
    • 12月から2月にかけての海外・国内旅行の段取りを始めたが、早くも挫折しかけて頭の中は「秘書がほしい!」の声がグルグル。ますます段取りが進まない。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行さん@daruma1021 の『間違う力』、読んでいて何度も爆笑。 研究者と辺境探検家には共通することも多く、今日も間違おうと心に決めるのであった。 巻末の「とにかくやる」の信条が刺さる。 上田次郎「なぜ君はベストを尽くさないの… ReplyRetweetFavorite
    • 異色アンソロジーが気になる。特に読みたいのは『卓球アンソロジー』と『FUNGI 菌類小説選集 第1コロニー』。 https://t.co/YFh07aldTF ReplyRetweetFavorite
    • 「船戸与一は長編のイメージが強いが、実は短編を書いても名手」という山田さんの指摘に強く同意。特にここに挙げられた短編集は私も好き。 ReplyRetweetFavorite
    • 「本の雑誌」今月号は「船戸与一の十冊」。書いたのは船戸さんを見出し、長く担当を務めたS社の山田裕樹氏。秘話満載で船戸ファン(私含む)は感涙ものだ。 ReplyRetweetFavorite
    • 理解できなくても面白く感じてしまうのは、私の脳がおめでたいこともあるが、大栗先生のストーリーテリングの才能が卓越しているからだろう。橋本先生といい、大栗先生といい、どうして理論物理学者は物語がこんなに上手なのか。物語論と超弦理論を統一する究極理論があるのかもしれない。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年11月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑