*

日本の中世人と現代ソマリ人の共通点と相違点

公開日: : 最終更新日:2013/05/31 高野秀行の【非】日常模様

2013.05.28kennka『謎の独立国家ソマリランド』の感想を述べたツイートに、清水克行『喧嘩両成敗の誕生』(講談社選書メチエ)にそっくりだという趣旨のものを見ていたく興味をそそられた。
もとよりソマリ世界は日本の室町から戦国時代によく似ているとかねがね思っていただけに
興味津々で読んでみた。

著者は、『龍馬史』の磯田道史氏と同じように、頭が切れ柔軟な思考をもち文章も達者な若手研究者だ。

で、結論から言えば、中世人とソマリ人は確かによく似ている。例えば、著者は最後で本書の論旨をこうまとめている。「当時」とは中世のことだ。

「当時の人々は、身分を問わず強烈な自尊心をもっており(名誉意識、第一章)、
損害を受けたさいには復讐に訴えるのを正当と考え(復讐の正当性、第二章)、
しかも自分の属する集団のうけた被害をみずからの痛みとして共有する意識(集団主義、第三章)をもちあわせていた。
それらは、いずれも現代に生きる私たちの感覚からは大きくかけ離れたものであり、
それが当時の社会の紛争を激化させてしまう大きな要因となっていたのである」

まったく笑ってしまう。
「当時」を「ソマリ」に置き換えると完璧に通じてしまうのだ。

しかも、その苛烈な心性の上に現れた「喧嘩両成敗」は、事件の理非(どちらが正しいか)を問わず、
それより社会の平衡や秩序を回復させることを目的としたというから、これまたソマリの掟にひじょうに似ている。

ところが日本の中世人とソマリ人の間には決定的にちがう部分がある。

カネだ。

ソマリ人も事件の理非とは関係なく復讐を行うのだが、それとセットで「賠償」という道が用意されている。
復讐より賠償金がよいと被害者が考えたら、そちらを選べるのだ。
そして、多くの場合、賠償金が集団(氏族)の責任により支払われる。

男一人が殺されたらラクダ百頭、女性ならラクダ五十頭というのがソマリランドやプントランドでは決められている。
現代ではラクダ一頭につき、二百数十ドルくらいに換算されるようだ。
(南部ソマリアでは掟が曖昧で、被害者一人あたりのラクダの数は決められていない)

ソマリ社会ではこうして集団間の平衡化と秩序の回復がはかられている。

いっぽう、日本。
本書で驚くべきは、賠償金の話がほとんど出てこない。
例外的に記されているのは、鎌倉末から南北朝初期にかけて、宗教集団がからんだ殺人事件の場合、犯行現場もしくは加害者の権益地である広大な土地を
被害者の「墓所」として要求する「墓所の法理」というものがあったらしい。
おそらく、本書で賠償に触れているのはここ一か所じゃないだろうか。

日本での平衡化とはもっぱら「痛み分け」で、片方に死者が出て、もう片方は出ないと、生き残っているほうの誰かを死なせるという
結末となる。
これで個人と集団の名誉は回復されたという。

この辺が、なんというか、実に日本らしいと思う。
自分が痛みを受けたら相手にも同じ痛みを与えて満足するというマイナスのバランス感覚。
赤穂浪士も必殺仕事人もその意味では、室町時代の人々の心性にのっかっているわけだ。

ソマリ人はもっとプラス思考だ。現実的と言ってもいい。
自分が痛みを受けたら、相手からラクダやカネといった財産の支払いをしてもらう。
それによって名誉は回復し、自分は事件前より豊かな生活ができる。

「昔、日本では人が殺されたとき、賠償はどうしていたのか? 遺族はどうしていたのか?」とソマリランドの友人ワイヤッブに訊かれて困惑したことを思い出す。
その答えがあるのではないかと期待して本書を開いたのだが、ここにも答えはなかった。

清水さんには他にも著書があるようだ。本書も知的好奇心を揺すぶられる良書だっただけに、
他の本も読みたい。そちらにもしかしたらなにがしかのヒントがあるかもしれない。

関連記事

no image

こんな名著が!

たまたまネットで見つけた小島剛一『トルコのもう一つの顔』(中公新書)を読んだら、 あまりの面白さ、

記事を読む

no image

高島俊男先生の人生は失敗だったらしい

敬愛する高島俊男先生の新刊『お言葉ですが…別巻⑤ 漢字の慣用音って何だろう?』(連合出版)を読む。相

記事を読む

no image

探検部の後輩、パキスタンで銃撃される

下北沢で某社の編集者と打合せを兼ねて飲んでいた。 本題前の雑談で「パキスタンというのは意外といいとこ

記事を読む

no image

罠、二つ

「Amazon.co.jpで、以前に××の本をチェックされた方に、このご案内をお送りしています」と

記事を読む

no image

うなドン

日曜日、和光大学で教えているロバート・リケットさんという人と下北沢で会う。 リケットさんは南三陸のフ

記事を読む

no image

もう当分OBとは関わりたくない

早大探検部50周年映像上映会はけっこう大勢の人が来てくれたし、 西木正明、恵谷治両先輩とのトークも想

記事を読む

no image

やはりコンゴは別格

高知の四万十より、私の探検部の先輩にして人生の師匠・山田さんが上京、 うちに泊まっていった。 去年、

記事を読む

no image

狂言

国立能楽堂で行われた「春狂言2009」を観にいく。 と言ったら意外に思われるかもしれないが、 狂言く

記事を読む

no image

小説家になるのは大変だ!

土曜日、モスク取材とその後の予定について打ち合わせをしていたら、 ホテルの部屋に戻ったのはもう12

記事を読む

no image

ミャンマーでまた政変?!

 さあ、「ビルマロード」へ行くぞ!と気合を入れ、さらに今年末には「イラワジ河ほぼ全流下りをやるぞ!」

記事を読む

Comment

  1. ゲシェまるこ より:

    日本には明治初期頃まで(実際は江戸期まで)「仇討ち」という武士階級の慣習がありました。これはいわゆる「復讐法」そのものです。ソマリアの慣習いついては、すでにイスラーム的な裁定が行われていたということかな。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : 【第5回八重洲本大賞ノミネート作】『語学の天才まで1億光年』(高野秀行さん、集英社インターナショナル)https://t.co/hxeHusQZPE 「探検の道具」=言語は面白さから「探検の対象」に。学んだ言語25以上の辺境ノンフィクション作… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 「父親世代の古いフェミニズムの呪縛」「価値観のブラッシュアップの難しさ」ななど、モヤモヤを言語化することに長けている著者だけに納得できるフレーズは多かったが、個人的に別格なのは、姪による「おじいちゃん世代はみんなコミュ障」の指摘だった。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 鈴木大介さんの新刊『ネット右翼になった父』読了。めちゃ面白かった。右傾系動画にハマり、ヘイトスラングを口にする晩年の父。絶望の看取りを経て、正統派人物ルポの手法で迫った結果から見えて来るリアルな父親の姿に驚愕。どうしても好きになれない大事な人─この… ReplyRetweetFavorite
    • 某南国に来ているのだが、単行本の原稿を書かねばならず、自動的に缶詰状態になっている。でも朝は海岸を散歩して、午後はスーパーに買い物に行き、夜は地元の食堂で酒を飲んだりしてるから、単に遊んでいるようにも見える。ていうか遊んでるのか。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : さらに、北上次郎さんの文庫解説リストも届けて下さいました。リストはA3両面にぎっしり書かれていて量の多さとそれを調べた本の雑誌社の方々の思いを感じます。リストを見て気になる作品はお手に取っていただきたいのは勿論、お持ちの作品があったら是非解… ReplyRetweetFavorite
    • ドンマイ、ドンマイ!! https://t.co/lWWTHY2vtR ReplyRetweetFavorite
    • どーん!! ReplyRetweetFavorite
  • 2023年2月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728  
PAGE TOP ↑