*

日本の中世人と現代ソマリ人の共通点と相違点

公開日: : 最終更新日:2013/05/31 高野秀行の【非】日常模様

2013.05.28kennka『謎の独立国家ソマリランド』の感想を述べたツイートに、清水克行『喧嘩両成敗の誕生』(講談社選書メチエ)にそっくりだという趣旨のものを見ていたく興味をそそられた。
もとよりソマリ世界は日本の室町から戦国時代によく似ているとかねがね思っていただけに
興味津々で読んでみた。

著者は、『龍馬史』の磯田道史氏と同じように、頭が切れ柔軟な思考をもち文章も達者な若手研究者だ。

で、結論から言えば、中世人とソマリ人は確かによく似ている。例えば、著者は最後で本書の論旨をこうまとめている。「当時」とは中世のことだ。

「当時の人々は、身分を問わず強烈な自尊心をもっており(名誉意識、第一章)、
損害を受けたさいには復讐に訴えるのを正当と考え(復讐の正当性、第二章)、
しかも自分の属する集団のうけた被害をみずからの痛みとして共有する意識(集団主義、第三章)をもちあわせていた。
それらは、いずれも現代に生きる私たちの感覚からは大きくかけ離れたものであり、
それが当時の社会の紛争を激化させてしまう大きな要因となっていたのである」

まったく笑ってしまう。
「当時」を「ソマリ」に置き換えると完璧に通じてしまうのだ。

しかも、その苛烈な心性の上に現れた「喧嘩両成敗」は、事件の理非(どちらが正しいか)を問わず、
それより社会の平衡や秩序を回復させることを目的としたというから、これまたソマリの掟にひじょうに似ている。

ところが日本の中世人とソマリ人の間には決定的にちがう部分がある。

カネだ。

ソマリ人も事件の理非とは関係なく復讐を行うのだが、それとセットで「賠償」という道が用意されている。
復讐より賠償金がよいと被害者が考えたら、そちらを選べるのだ。
そして、多くの場合、賠償金が集団(氏族)の責任により支払われる。

男一人が殺されたらラクダ百頭、女性ならラクダ五十頭というのがソマリランドやプントランドでは決められている。
現代ではラクダ一頭につき、二百数十ドルくらいに換算されるようだ。
(南部ソマリアでは掟が曖昧で、被害者一人あたりのラクダの数は決められていない)

ソマリ社会ではこうして集団間の平衡化と秩序の回復がはかられている。

いっぽう、日本。
本書で驚くべきは、賠償金の話がほとんど出てこない。
例外的に記されているのは、鎌倉末から南北朝初期にかけて、宗教集団がからんだ殺人事件の場合、犯行現場もしくは加害者の権益地である広大な土地を
被害者の「墓所」として要求する「墓所の法理」というものがあったらしい。
おそらく、本書で賠償に触れているのはここ一か所じゃないだろうか。

日本での平衡化とはもっぱら「痛み分け」で、片方に死者が出て、もう片方は出ないと、生き残っているほうの誰かを死なせるという
結末となる。
これで個人と集団の名誉は回復されたという。

この辺が、なんというか、実に日本らしいと思う。
自分が痛みを受けたら相手にも同じ痛みを与えて満足するというマイナスのバランス感覚。
赤穂浪士も必殺仕事人もその意味では、室町時代の人々の心性にのっかっているわけだ。

ソマリ人はもっとプラス思考だ。現実的と言ってもいい。
自分が痛みを受けたら、相手からラクダやカネといった財産の支払いをしてもらう。
それによって名誉は回復し、自分は事件前より豊かな生活ができる。

「昔、日本では人が殺されたとき、賠償はどうしていたのか? 遺族はどうしていたのか?」とソマリランドの友人ワイヤッブに訊かれて困惑したことを思い出す。
その答えがあるのではないかと期待して本書を開いたのだが、ここにも答えはなかった。

清水さんには他にも著書があるようだ。本書も知的好奇心を揺すぶられる良書だっただけに、
他の本も読みたい。そちらにもしかしたらなにがしかのヒントがあるかもしれない。

関連記事

no image

藤波辰爾の驚くべき腰痛秘話

『藤波辰爾自伝』(草思社)がなぜか版元から送られてきたので、 即読んだ。  あまりにも意外性のない

記事を読む

no image

今、日本で最も儲かっているかもしれない輸出業者はこう言った

昨日のブログで書いた調布の中古車輸出会社だが、ほんとうに儲かっている。 半年ほど前、初めて社長に会っ

記事を読む

no image

柏レイソルに敗れる

ソマリランドの命綱とも言われるベルベラ港の出身のソマリ人がいると聞き、 その人の住む柏まで会いに行く

記事を読む

no image

日本のゲバラ、ここにあり。

新宿K's Cinemaで長谷川三郎監督のドキュメンタリー映画『ニッポンの嘘』を観た。 なんと今年

記事を読む

no image

トルコで未確認物体を目撃&撮影

昨夜、トルコより帰国した。 すでにお伝えしたように、トルコのワン湖での取材中に、奇妙な物体を目撃、ビ

記事を読む

no image

パキスタン航空おそるべし

6月23日売りの雑誌「TVBros」は、なぜか人気エアライン・ランキングが特集。 私も頼まれて、「機

記事を読む

no image

霊界探検隊

渡邉正裕・山中登志子ほか著『第2の江原を探せ!』(扶桑社)という本を 編集者のIさんにもらって読ん

記事を読む

no image

完璧な探検記

 わけあって、今さらながらアルフレッド・ランシング著『エンデュアランス号漂流』(新潮文庫)を読んだ

記事を読む

no image

新作『異国トーキョー漂流記』見本届く

 2月18日に発売される私の新刊『異国トーキョー漂流記』(集英社文庫)の見本が届いた。  私がこれ

記事を読む

no image

米軍による驚くべき支援

28日(月)調布市被災者支援ボランティアセンターの手配で、被災地の特養老人ホームに物資を届けるという

記事を読む

Comment

  1. ゲシェまるこ より:

    日本には明治初期頃まで(実際は江戸期まで)「仇討ち」という武士階級の慣習がありました。これはいわゆる「復讐法」そのものです。ソマリアの慣習いついては、すでにイスラーム的な裁定が行われていたということかな。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • しかし、よく考えてみたら、秘書というのはAIと同じで、こちらが取材内容や取材相手、取材日程を決めなければ、何も動いてくれない。そしてそういうことを考えるのがひじょうに面倒くさいわけだ。それとも優秀な秘書はそこまでやってくれるんだろうか。 ReplyRetweetFavorite
    • 12月から2月にかけての海外・国内旅行の段取りを始めたが、早くも挫折しかけて頭の中は「秘書がほしい!」の声がグルグル。ますます段取りが進まない。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行さん@daruma1021 の『間違う力』、読んでいて何度も爆笑。 研究者と辺境探検家には共通することも多く、今日も間違おうと心に決めるのであった。 巻末の「とにかくやる」の信条が刺さる。 上田次郎「なぜ君はベストを尽くさないの… ReplyRetweetFavorite
    • 異色アンソロジーが気になる。特に読みたいのは『卓球アンソロジー』と『FUNGI 菌類小説選集 第1コロニー』。 https://t.co/YFh07aldTF ReplyRetweetFavorite
    • 「船戸与一は長編のイメージが強いが、実は短編を書いても名手」という山田さんの指摘に強く同意。特にここに挙げられた短編集は私も好き。 ReplyRetweetFavorite
    • 「本の雑誌」今月号は「船戸与一の十冊」。書いたのは船戸さんを見出し、長く担当を務めたS社の山田裕樹氏。秘話満載で船戸ファン(私含む)は感涙ものだ。 ReplyRetweetFavorite
    • 理解できなくても面白く感じてしまうのは、私の脳がおめでたいこともあるが、大栗先生のストーリーテリングの才能が卓越しているからだろう。橋本先生といい、大栗先生といい、どうして理論物理学者は物語がこんなに上手なのか。物語論と超弦理論を統一する究極理論があるのかもしれない。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年11月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑