*

イトコの息子と探検部の後輩

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

盲目のスーダン人・アブディンの親しい友だちで
外語大のアラビア語学科在籍中にスーダンへ一年間留学したという変わり者がいる。
そして、その変わり者が私のイトコの息子Fだと最近判明した。
しかも、そのFが今年入社した会社の同じセクションに私の探検部の後輩Aがいた。
一読しただけでは把握できないかもしれない。
蜘蛛の巣のように偶然がからまった人間関係だ。
「世界はせまい」という陳腐な言葉を使うしかない。
というわけで、イトコの息子Fと後輩A、それに他の探検部の後輩たち2人と一緒に飲む。
残念ながら、アブディンはまだ試験中なので参加できず。
3人の探検部の後輩は私よりみんな10歳以上年下なので、顔もよく知らない。
ただ、現役時代にやっていたことはおもしろい。
チベットのヤルツァンポ川を一ヶ月も雪をかきわけながら「沢登り」をしていたという奴。
モンゴルの川からシベリアのバイカル湖までカヌーで漕いで行ったはいいが、あまりに蚊がすごくて、長袖長ズボンに軍手、顔にはネットをかけ、休憩時でもネットごしにお茶を飲んでいたという奴。
ギアナ高地探検に行った奴は、学生時代、実家のある埼玉からワセダに自転車で通っていて、大手証券会社に就職後も大手町に自転車で通おうとしたが、「通勤に自転車を使っちゃいけないって会社がいうんですよ」と口をとがらせていた。
通勤距離はちなみに往復50キロだという。
イトコの息子Fも、わざわざキャリアアップにつながらないスーダンなんかに留学しただけあって、似たようなメンタリティの持ち主。
「人がやらないことをやればいい」「面白ければなんでもいい」という、探検部ワールドに一瞬で馴染んでいた。
彼らは今、みな社会人だが、まだ若くて独り者だし、これから会社をやめて、探検に出かけそうな連中ばかり。
いやいや、私も連中に負けてられないな。

関連記事

no image

鳥籠

インド人作家、ヴィカス・スワラップ原作の映画「スラムドッグ・ミリオネア」がいいらしい。 私は原作の

記事を読む

no image

本の雑誌年間ベスト10入り

担当編集者から連絡があり、「アジア新聞屋台村」が「本の雑誌2006年度ベスト10」の8位になったそう

記事を読む

no image

なぜ妻子持ちは超過酷に挑むのか

1カ月ほど前、鏑木毅『激走100マイル 世界一過酷なトレイルラン』(新潮社)という本を読んで感銘

記事を読む

no image

アジア新聞屋台村プレイバック

 昨日、突然5年ぶりにエイジアン新聞社の劉社長から電話がかかってきた。 「急ぎの仕事があるからやって

記事を読む

no image

日本のゲバラ、ここにあり。

新宿K's Cinemaで長谷川三郎監督のドキュメンタリー映画『ニッポンの嘘』を観た。 なんと今年

記事を読む

no image

今更アニー・プルーの衝撃

この前、マイクと話していたとき、「アニー・プルーがいい」と言っていた。 私も十年以上も前、まだ早稲

記事を読む

no image

なぜ小説を書かないのか?

早大探検部OB会<特別ホラー篇>みたいな催しがあり、 「もっと若手がほしい」とのことで40歳の私も召

記事を読む

雷王は誰だ!?

昔、コロンビア・アマゾンの町でばったり出会った鬼才ドラマー・のなか悟空さんが主催する D-1ド

記事を読む

no image

ニムラの時代到来&ツバルは沈まない

本日(9月21日)朝日新聞の朝刊11面にて、「明日来る」のトップバッターにして 私をブータンに送り込

記事を読む

no image

元「たま」石川浩司氏とのイベント

相変わらず花粉症に悩まされ、テンションが上がらない。 あまりに目がかゆいので火曜日に目医者に行き薬

記事を読む

Comment

  1. シャムオン より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727)
    ちょっとお聞きしたいのですが、
    90年頃、探検部の部員は何人くらいだったのでしょうか?
    また、ビルマのワ族に興味を持っていた部員はかなりいたのでしょうか?

  2. タカノ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    部員の数はよくわかりませんが、20〜30人くらいだったのではないでしょうか。
    ワ族に興味をもっていた部員はいなかったと思います。
    カチンやカレンのところに行っていた者はいましたが。

  3. シャムオン より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727)
    有難うございます。
    もう少しお聞かせください。
    高野さんはシャン州のワ族の存在をいつ、何によって知ったのでしょうか?
    最近、ワ族にちょっと興味がありググッてみたら、ミスコンのワ族代表の女の子の画像(2枚)を見つけました。この子なら ”首狩られたいなー”
    見たことありますか? 雲南省の女の子ですけど。

  4. タカノ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    存在はカレンやカチンのところに行っていた後輩から聞いてました。
    1992年ごろでしょうか。
    「ワとだけは関わらないほうがいい」という言い方でしたけど。
    ミスコンについては、中国では少数民族もよく参加しているという話なので、
    まあ、ワの娘が出ていても不思議はないでしょう。

  5. シャムオン より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727)
    イーレーさん(雲南省蒼源生まれ)の写真があるサイトです。
    http://www.recordchina.co.jp/group/g4883.html
    私はちょっとショックを受けたんですけど。

  6. シャムオン より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727)
    ミスコンに関してはさほど大事ではないのだが、
    90〜92年頃、「早稲田の探検部の者ですけど、こんど中国からワ州に入る予定なんですけど、、、」と私の自宅に電話が、私は「中国側のワの事は分からない、、、、」
    あの時の電話の主が後に辺境作家に成ったのだろうか。

  7. タカノ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    それは不思議ですね。
    私がワ州に入ることになったのは95年のことです。それ以前には考えてみたこともありませんでした。
    それに、ワ州に入るということを友人以外の日本人に言ったり相談したりした記憶もありません。
    私でないことは間違いないですが、では、いったい誰だったのでしょう?
    それにしても、シャムオンさんはどういう方ですか?
    ワ州のことに通じてらっしゃるようですが…。

  8. シャムオン より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727)
    図書館で「ビルマ・アヘン王国潜入記」を見つけ「ワか?懐かしいな」と思いプロローグを見てみた。
    ”中国から””探検部””95年””計画から数年の歳月が”こんなフレーズから「あれっ あの探検部の学生かな」と思い、ネットで検索して見ると、早稲田大学探検部出身でブログもある事を知った。
     そして、このブログで幾つかの質問をしてみました。
    私が確実に記憶している彼との電話の内容は以下:
    1.早稲田大学の探検部の学生 名前は?
    2.これから単独で中国からワ州に入る
    3.ワ族に関する情報を聞かれたが、”中国側の事は分からない タイ国境のUWSAなら少し”と答えた。彼はタイ国境の飛び地には関心が無かった。或いは知らなかったのか
    4.”誰から私の電話番号を聞いたのか”に対しD氏と答えた
    (D氏は私がバンコクで常宿としていたゲストハウスで2度程会ったことがあり、日本でも会った事がある。カレンのゲリラの写真を見せてもらった事がある。またそのゲストハウスは91年頃から早稲田の探検部の何人かも利用している)
    彼のワ州に入る目的については、はっきり憶えていないが”村での生活?”憶えているのは私がその目的に”はっ””えっ”と思った事だけ
    電話があった時期は90年からと書いたが間違え、92年夏以降、ただ95年まではいっていないと思うが。

  9. タカノ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    うーん、正直言って、見当がつきません。
    私でないことだけは確かです。
    繰り返しになりますが、私がワ州行きの計画を立てたのは95年になってかだです。
    それに、95年に「探検部」を名乗ってません。
    92年に大学を出てからは「フリーのライター」を称しています。
    また、私はタイではチェンマイをベースにしており、バンコクには何もコネクションをもってませんでした。
    (特派員の先輩が一人いましたが)
    常連がいるようなゲストハウスにも泊まった覚えはありません。
    全く不思議な話ですが、誰だかわからないですね。

  10. アジケト より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    メモリークエストに高野さんが応募したら?
    謎の探検部員を探せ。

  11. シャムオン  より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727)
    いやー、予想外に不思議な話しに成ってしまったな。
    電話と本の内容、そして探検部でワ族に興味があったのは一人だけ
    となると、電話の主はてっきり高野さんだと思ったのだが。
    著者よりも、早い時期に、酷似したスキーム、そして同じ探検部(名乗る) 
    D氏に聞いてみれば分かるかもしれないが、
    カレン、カチンへ行った事のある後輩の方ならD氏とは”カレンつながり”なのだが、
    ん〜、分からん。
    貴重なお時間ありがとうございました。

  12. シャムオン  より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727)
    D氏の連絡先は、もう分からなくなってしまいました。
    私は、あの電話の主が誰であったのかは、もう知り得る事はないでしょう。
    高野さんには、非常に不愉快な内容となったことをお詫びします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • よみうりホールにて8年ぶりのSWAを堪能。期待通り、面白かった。出色はトップバッターの喬太郎さんか。心に闇を抱えたOLがマジで怖かった。 ReplyRetweetFavorite
    • 年明けにこんなイベントをやります。 https://t.co/QugDcyKPiH ReplyRetweetFavorite
    • 今やこのうちの一人の独演会でもチケットがなかなか入手できないのに、四人が集まって新作をやってたんだから、おそろしく贅沢なことだった。亡くなってしまったS社の担当編集者Rさんと2,3回一緒にSWAを観に行ったことを懐かしく思い出す。 ReplyRetweetFavorite
    • 春風亭昇太、柳家喬太郎、三遊亭白鳥、林家彦いちの各師匠が全員でオリジナルの噺を作って話すという伝説のグループ「SWA」が今、一時的に復活している。それで十年前に購入した「SWAのDVD ブレンドストーリー『願い』」を久しぶりに観たが、やっぱり奇跡的な完成度の高さ。 ReplyRetweetFavorite
    • 今読んだけど、とても面白かった。扉を開くと自由で明るい未来が待っていたというような有緒ワールドを堪能。 https://t.co/qAC7OZuflw ReplyRetweetFavorite
    • アジア諸国の食材店、飲食店、宗教施設が建ち並び、とても日本と思えないカオスぶりだが、でも共通語が日本語で、日本の治安の良さと便利さを兼ね備えた街に今さらながらハートを撃ち抜かれた。私がここに住みたい! ReplyRetweetFavorite
    • 9年ぶりに地方から東京に戻ってきた後輩の物件探しに付き合い、新大久保界隈を歩く。ガイドしてくれたのは今年『日本の異国』(晶文社)を出した、現在最もこの界隈に詳しいライターの室橋裕和さん。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年12月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑