*

漂流するトルコ

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


小島剛一『漂流するトルコ』(旅行人)をついに読んだ。
もともとは私が小島先生に「(名著『トルコもう一つの顔』の)続編を出しませんか」ともちかけ、旅行人の蔵前仁一さんを紹介して出版にいたった本であるのに、
刊行されて一ヶ月半も未読だった。
いろいろ理由はあるが、一つの大きな理由は小島さんという人があまりに凄いからだ。
世界の言語を五十だか百だかを話し、毎日20キロ走るのを日課とし、
専門である言語学、民族学、宗教学は超一級、古今東西の文化に精通し、
料理は玄人はだし、
でもいちばん得意なのは音楽で、フランスで合唱団を率いている……
一見似たようなことをやっているが、小島先生と私ではイチローと少年野球の小学生くらいレベルがちがう。
小島先生を知れば知るほど、そのあまりの落差に気落ちしてしまう。
この本もすばらしいに決まっているから、それだけに読むのが辛い…という、なんとも小物感あふれる気持ちが先に立ち、
なかなか手をつけずにいたのだが、いい年して書店野宿とかやっているし、
酔っ払いだし、
もともとそんな大先生と比べること自体が間違っているとふっきれて、読んだ。
やっぱ、すごいわ。
紀行文というより、トルコ官憲との闘いの記録である。
トルコ当局に弾圧される少数民族と、その言語を研究する学者の魂の交流記録である。
トルコ好きな人も、そうでない人も
読書好きな人も、そうでない人も、
とにかく、みんなに読んでほしい歴史的名著だ。
野宿しながら読むともっといいかもしれない。

関連記事

no image

山口晃、増刷、イベント

ロマ音楽につづいて私が最近嵌っているのは山口晃。 彼の『ヘンな日本美術史』(祥伝社)はあま

記事を読む

no image

大感謝デー

金曜日は『謎の独立国家ソマリランド』大感謝デー。 まずは本の雑誌社の杉江さんと一緒に多磨霊園へ

記事を読む

no image

ニュースゼロ&イベント&アスクル

まずはお知らせから。 明日、日本テレビのニュースゼロで、私の知り合いのフリージャーナリスト、 大津司

記事を読む

no image

原宏一氏と対談

新宿のナイジェリア料理店で異能の小説家・原宏一氏と対談。 原さんは昨年、『床下仙人』で「啓文堂おすす

記事を読む

no image

小説の強烈な引き

麻雀やカードゲームと同じように、読書も「引き」が強いときと弱いときがある。 引きが強いときには、て

記事を読む

no image

切羽詰まったら本人伝説

 竹島問題と尖閣問題が勃発して以来、毎日が憂鬱でならない。特に尖閣は、もういつ軍事衝突になっても

記事を読む

no image

豆腐学生

私が原稿を書いた古本愛好雑誌「彷書月刊」今月号で 内澤旬子さんのダンナで編集者・ライターの 南陀楼綾

記事を読む

no image

レベル7の衝撃をふたたび

高野秀行プロデュースの大野更紗「困ってるひと」がついに最終回を迎えた。 このウェブ連載の反響は驚くば

記事を読む

高野本の未知なる領域

ここ最近最も驚くべき、かつ(それが本当なら)実に嬉しいことがあった。 大竹まことのゴールデンラ

記事を読む

no image

ツチノコ発見!?

ツチノコにそっくりのヘビを発見した!と知人から画像が送られてきた。 発見したままの姿で、もちろんフ

記事を読む

Comment

  1. yasu より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; Ant.com Toolbar 1.6; GTB6.5; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    この素晴らしい作品が世に出るにあたり高野さんが関係していたのですね。
    ほんまにいい仕事されましたね。
    数年後には第3部が発表されることを信じて楽しみにしております。
    ところで「第3章」によると前著=トルコのもう一つの顔 は「小島さんの激昂する文章は、このままではまずい」ことから「元の生の原稿・・・」ではないものを私たちは読んでいたのですね。
    LPでは聞けなかった別テイクがCDでは発掘されて日の目を見る時代ですなんとかこっちも読みたいですねぇ。

  2. 読者 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    日本が世界に誇る辺境作家の高野先生が小物だなんて・・悪い謙遜です。
    外国人の未踏地域を次々と踏破し、しかも娯楽として楽しく読ませてしまうなんて芸当が出来る人は世界中他にいないんですから。
    それはそうと、「トルコ」は本当にいい本でした。
    「私はいかなる政治思想も認めない。優劣はあっても、結局は政治家の道具だからだ。それよりも私は個人の自由を重視する」なんて、デューク東郷と小島先生しか言えないセリフだし、「トルコ人は支配地域が次々と独立していった経緯から領土を失うことを極度に恐れている」っていうのは、今の日本にも(多分中国にも)そのまま当てはまるんですよね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2021年1月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑