*

幻の旅人、復活!

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


「旅行人」2010年上期号が届いたので、じっくり読む。
いつにもまして、マニアックな現地情報と美しい写真が満載で、
たいへんに満足。
「旧ユーゴ」の特集もよかったが、なんといっても今回の目玉は、
幻の旅人・小島剛一氏による「漂流するトルコ」だろう。
18年前に刊行された名著『トルコのもう一つの顔』(中公新書)の続編である。
私が蔵前さんに紹介したことで実現した連載なので
わが事のように嬉しい。
トルコでの凄まじい拷問(性器や肛門への電気ショックなど)も衝撃だが、
フランスの警察も、当時は平気で拷問(三日三晩警棒で殴ったり警棒を肛門に突っ込んだり)をやっていたという記述に慄然とする。
孤高の天才、小島さんの途方もない語学力、民族学の知識、さらに日本語の文章の切れ味も
前作よりさらに磨きがかかり、ほとんどハードボイルド・サスペンスの世界だ。
こんな日本人の書き手がいることに感謝したい。
しっかし、「旅行人」はいまや年2回しか発行されず、したがって「連載」第2回目は
来年の6月ということか。
いくらなんでもそれは酷だ。
早く単行本にして読ませてくださいよ、蔵前さん。

関連記事

no image

『「本の雑誌」炎の営業日誌』は「脳内三国志」だ!!

土曜日の夕方、昼寝をしていたら、杉江由次『「本の雑誌」炎の営業日誌』(無明舎出版)が届いた。 これは

記事を読む

no image

「なんだかわからない…」魚類研究の大家

先週、魚類研究の大家の先生にお願いし、「謎の物体」映像を見てもらった。 結果は、「なんだろうねえ、不

記事を読む

no image

2011年個人的ベストテン発表!

2011年はあんまり本が読めなかった。 1月に犬が死んで一時的にペット・ロスになり、それがやっと少し

記事を読む

no image

間違う力の巨人、インドにデビュー!!

人は私に「間違う力」があるという。 いや、そんなことはない。 というか、私のやってることなど間違い

記事を読む

no image

『わが盲想』見本出来!!

 ゴールデン・ウィーク中は風邪とその後遺症の酷い咳のため家で休んでいたら、 その後から猛烈に忙

記事を読む

no image

読売新聞の書評欄で紹介される

4月9日 読売新聞書評欄「本よみうり堂」にある”記者が選ぶ”というコラムで『ミャンマーの柳生一族』が

記事を読む

no image

mixiトークイベント終了

土曜日はワセダでmixi高野秀行コミュニティによるトークイベントに出席。 ゲストはカメラマンの森清。

記事を読む

no image

前代未聞の藤沢周平ベストテン

『本の雑誌増刊 おすすめ文庫王国2007年』が発売された。 私はこの中で、なんと藤沢周平の全作品か

記事を読む

no image

島田荘司『占星術殺人事件』

知り合いの先生に頼まれ、神奈川県の高校でミニ講義みたいなことをやった。 たまには趣向を変えて、辺境

記事を読む

no image

友だちは反政府ゲリラだけ…

チェンマイにいる。 4年ぶりだが、驚くほど街が変わった。 見知っている建物がない。 だから自分がどこ

記事を読む

Comment

  1. 蔵前仁一 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X 10.5; ja-JP-mac; rv:1.9.1.6) Gecko/20091201 Firefox/3.5.6
    高野さんのおかげで、小島さんの原稿を掲載できて、まことにもって感謝にたえません。私も年2回の連載なんて、世界広といえどもうちだけなんじゃないかと思ってますけど、まあ、しょうがありません。でも、2回の連載のあとで、後は全部書き下ろしで単行本になりますので、お楽しみに。いつ出るかはまだわかりませんが、うーん、来年だといいなあ。高野さんも、うちの安い原稿料で書いて下さいね。

  2. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; WOW64; YTB720; GTB6.3; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30618)
    そうなんですか。
    ぜひ来年出してくださいね。
    私も来年は旅行人で書けると思いますよ。

  3. 蔵前仁一 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X 10.5; ja-JP-mac; rv:1.9.1.11) Gecko/20100701 Firefox/3.5.11
    高野さん、ついに発売日が決定しました。
    『漂流するトルコ』続「トルコのもう一つの顔」小島剛一著
    9月5日発売 定価:本体2000円+税 四六判352ページ
    よろしくお願いします!

  4. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.0; en-US) AppleWebKit/533.4 (KHTML, like Gecko) Chrome/5.0.375.125 Safari/533.4
    楽しみですね!
    発売が近づいたら、あらためてお知らせします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PREV :
寿司と酒
NEXT :
平凡妄想
no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年5月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑