*

幻の旅人、復活!

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


「旅行人」2010年上期号が届いたので、じっくり読む。
いつにもまして、マニアックな現地情報と美しい写真が満載で、
たいへんに満足。
「旧ユーゴ」の特集もよかったが、なんといっても今回の目玉は、
幻の旅人・小島剛一氏による「漂流するトルコ」だろう。
18年前に刊行された名著『トルコのもう一つの顔』(中公新書)の続編である。
私が蔵前さんに紹介したことで実現した連載なので
わが事のように嬉しい。
トルコでの凄まじい拷問(性器や肛門への電気ショックなど)も衝撃だが、
フランスの警察も、当時は平気で拷問(三日三晩警棒で殴ったり警棒を肛門に突っ込んだり)をやっていたという記述に慄然とする。
孤高の天才、小島さんの途方もない語学力、民族学の知識、さらに日本語の文章の切れ味も
前作よりさらに磨きがかかり、ほとんどハードボイルド・サスペンスの世界だ。
こんな日本人の書き手がいることに感謝したい。
しっかし、「旅行人」はいまや年2回しか発行されず、したがって「連載」第2回目は
来年の6月ということか。
いくらなんでもそれは酷だ。
早く単行本にして読ませてくださいよ、蔵前さん。

関連記事

no image

ランニング復活記念に立ち会う

月曜日の晩、チェンマイ門の近くにある日本人ゲストハウスの庭先で開催されたライブを見に行った。

記事を読む

no image

豚追い人

バングラ北部への旅の途中、すごく変なものを見た。 ヤギか牛を追うように、棒をもって群れを追い立てて

記事を読む

no image

バオバブの記憶

ポレポレ東中野にて、本橋成一監督のドキュメンタリー映画「バオバブの記憶」を見る。 西アフリカ・セネ

記事を読む

no image

ビンゴ大会で優勝

火曜、水曜と一泊二日で千葉の海辺へ両親と弟一家の総勢9名で出かけた。 一族旅行など初めてのことだっ

記事を読む

no image

アフガンの謎を千葉で解く

火曜日、『アジア未知動物紀行』の最後の著者校正をやっていたら、 校正係から困った指摘を受けた。 アフ

記事を読む

no image

月刊日本語

昨日あたり発売になった「月刊日本語」の巻頭インタビューに私が登場させてもらっているが、 それとは別

記事を読む

no image

とんだハプニング

やっと仕事の山が峠を越えようとしていたとき、ハプニング。 一昨日の夜中(もしくは昨日の未明)に突然、

記事を読む

no image

プロレスの罠

80年代から90年代にかけて、年齢としては16歳から30歳くらいまで、 私はプロレスにものすごく夢

記事を読む

no image

イスラム飲酒講演会

昨日は講演が2つ連チャンであった。 一つは午後、小田急線の鶴川にある和光大学。 主にフィリピンや在日

記事を読む

no image

鍵は辺境にある!らしい

すごい本が出たものである。 内田樹『日本辺境論』(新潮新書)。 「日本人とは何ものか? 鍵は『辺境

記事を読む

Comment

  1. 蔵前仁一 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X 10.5; ja-JP-mac; rv:1.9.1.6) Gecko/20091201 Firefox/3.5.6
    高野さんのおかげで、小島さんの原稿を掲載できて、まことにもって感謝にたえません。私も年2回の連載なんて、世界広といえどもうちだけなんじゃないかと思ってますけど、まあ、しょうがありません。でも、2回の連載のあとで、後は全部書き下ろしで単行本になりますので、お楽しみに。いつ出るかはまだわかりませんが、うーん、来年だといいなあ。高野さんも、うちの安い原稿料で書いて下さいね。

  2. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; WOW64; YTB720; GTB6.3; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30618)
    そうなんですか。
    ぜひ来年出してくださいね。
    私も来年は旅行人で書けると思いますよ。

  3. 蔵前仁一 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X 10.5; ja-JP-mac; rv:1.9.1.11) Gecko/20100701 Firefox/3.5.11
    高野さん、ついに発売日が決定しました。
    『漂流するトルコ』続「トルコのもう一つの顔」小島剛一著
    9月5日発売 定価:本体2000円+税 四六判352ページ
    よろしくお願いします!

  4. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.0; en-US) AppleWebKit/533.4 (KHTML, like Gecko) Chrome/5.0.375.125 Safari/533.4
    楽しみですね!
    発売が近づいたら、あらためてお知らせします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PREV :
寿司と酒
NEXT :
平凡妄想
no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 「クレイジージャーニー」が終了しました、お世話になりました、と担当ディレクターお二人からそれぞれ丁寧な挨拶の連絡が入った。私が一緒に仕事をした人たちは最初から最後まできちんとしたプロの仕事人だった。 ReplyRetweetFavorite
    • 私もそう思いますよ。 https://t.co/SWyMPbTBJP ReplyRetweetFavorite
    • RT : 3位『移民の宴 日本に移り住んだ外国人の不思議な食生活 (講談社文庫)』(高野秀行/講談社) 尼:https://t.co/JMJAbhAJZT 楽:https://t.co/4mUnuTJZ7v 日本に住む二百万を超える外国人たちは、日頃いっ… ReplyRetweetFavorite
    • ネトフリでときどき村西とおる監督の実話をもとにしたドラマ「全裸監督」を見てるのだが、妻がなぜかしょっちゅう間違えて「全裸警察」と言う。そんな番組はないっていうのに。あったら見たいが。 ReplyRetweetFavorite
    • 今読んでる海外ノンフィクション、すごく面白いんだけど、訳が下手すぎ。原文の英語が理解できてないのか、日本語のセンスがないのか、時間がなくてやっつけのまま出版してしまったのか。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 雑誌FRaU最新号の書評コーナーに寄稿しました。「海」をテーマに『海と陸をつなぐ進化論』『タコの心身問題』『日本人の世界地図』を選書。一緒のページのノンフィクション作家の高野秀行さん、モデルのKIKIさん、漫画家の鳥飼茜さんお三方の書評もとっても面白… ReplyRetweetFavorite
    • 著者マルジは女性が人前で男と話をすることさえ憚れるイランから、80年代ドラッグやパンク文化全盛のヨーロッパに1人で移住、人前で平気でセックスする男女を見て絶句するが、読者も絶句だ。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年10月
    « 3月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
PAGE TOP ↑