*

チェンマイに行きます

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

二日前、チェンマイにいる知人が病気で重篤な状態にあるという知らせを受けた。
ビルマ(ミャンマー)の反政府ゲリラ「シャン州軍(SSA)」の元リーダーで、私が世界最大のアヘン地帯だったワ州に住み込むことができたのも、戦後誰も通っていない西南シルクロードを歩くことができたのも、すべて彼の仲介のおかげだ。
いわば恩人である。
私がビルマで最も深く関わったのはシャン人なのに、今まで一度もそれについてまとまった文章を書いたことがない。
その周辺のワ人やカチン人、ナガ人、そしてビルマ民族についてはたくさん書いているのに。
そのことに関しても、彼には申し訳ないとずっと思っていた。
そういうわけで、感謝と謝罪を伝えるために、急遽、来週チェンマイに飛ぶことにした。
8月2日出発、帰国は8月12日である。
関係者のみなさんにはご迷惑をおかけしますが、よろしくご了承ください。
(現地では電話・FAX・メールの環境がある場所に滞在するので、
通信の問題はありません)

関連記事

no image

また未知動物

磯崎憲一郎の第二弾、『世紀の発見』(河出書房新社)。 帯の惹句によれば 「ガルシア=マルケス『百年

記事を読む

no image

マイク・ノックがFMWを旗揚げ?!

お知らせが遅くなってしまったが、私の義兄マイク・ノックのニュー・アルバムがただいま日本でも発売され

記事を読む

no image

ミャンマーがまた…

ミャンマーがまた大変なことになっているようだ。 というか、自然災害でも戦争でも こんなに被害が出たの

記事を読む

高野本の未知なる領域

ここ最近最も驚くべき、かつ(それが本当なら)実に嬉しいことがあった。 大竹まことのゴールデンラ

記事を読む

no image

冷や汗をかいた…

『本の雑誌 おすすめ文庫王国2006』が発売された。 毎年楽しみにしているムックだが、今回は私自身も

記事を読む

no image

スーツでヤブ漕ぎをする人を発見!

読売新聞のインタビュー取材を受けた。 「何か“原点”とか“こだわり”のある場所でインタビューするとい

記事を読む

no image

後輩がアジア大会で銅メダル

早大探検部の後輩・角幡唯介の『空白の五マイル』(集英社)が売れている。 アマゾンでは、発売から半月

記事を読む

no image

調布VSスーダン

福島からの避難民を受け入れている調布の味の素スタジアムがどんなものなのか 見に行った。 私もボラン

記事を読む

no image

草食系夫にも推薦

メディアファクトリーという出版社の編集者より、 森岡正博『草食系男子の恋愛学』という本が送られてき

記事を読む

no image

読書気功療法!!

『幻の楽器・ヴィオラアルタ物語』について途中まで書いたら時間がなくなり、そこでぶつ切りになってしまっ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : 【高野秀行オンラインイベント「辺境チャンネル」開催まであと3日】  今回のテーマは話題の新作『幻のアフリカ納豆を追え!』(新潮社)です。高野さんは納豆にどんな未知を感じ、アフリカまで向かったのか。そこで何を見つけたのか?見逃し視聴付きチ… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行『幻のアフリカ納豆を追え!』(新潮社)読了。前作『謎のアジア納豆』と対になる、世界中の「納豆」を体当り取材で追ったノンフィクション。前作では、納豆が日本独特の食べ物であるという思い込みを払拭し、ミャンマーやブータンでも納豆菌で豆を発酵させた… ReplyRetweetFavorite
    • 昨日突然びっくりするような本の原稿が送られてきた。今読み始めたけど、えらく面白い。こんな本があるんだなー。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 【高野秀行辺境チャンネル開催まであと4日】 ゲスト出演に向けてリハーサル。もちろんゲストは『幻のアフリカ納豆を追え!』(新潮社)でまさかの再会を果たし、大活躍した高野さんの幼なじみ健ちゃんです!納豆探査の話から高野さんの少年時代の話まで… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 八重洲ブックセンターのキャンペーンで高野秀行さんがピックアップしてくれた作品に俺の著書が入ってるうううう!!!! 俺にとってはガチで驚天動地でして、っていうのは高野さんの大ファンで全作品読んでるんですよ。本気で嬉しいマジで嬉しいこれからも仕事がんばります… ReplyRetweetFavorite
    • 角幡に「文化探検」と言ってもらえたよ。嬉しい。探検部だからね。 https://t.co/3xKTnZM81B ReplyRetweetFavorite
    • 日本の農耕は大豆栽培から始まった。でもなぜ大豆だったのか? 本作では人類史上のミステリーに迫っています。 https://t.co/xOoA24H6VY ReplyRetweetFavorite
  • 2020年10月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑