*

mission complete

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

ima,yatto shuto Dhaka ni modotte kita.
shinjirarenai kurai no juutai(traffic jam) no arashi wo kugurinukete no koto.
Ichiban omoshirokatta nowa,higasi no shousuminzoku no mura wo tazuneta koto.
Burma no shousuminzoku sokkuri nanoda,korega.
tokuni Marma toiu minzoku wa,namae kara shite “myanmar” ni yurai suru to iwareru dakeatte,kotoba wa hobo birumago to onaji.
watashi no iu koto wa taitei rikai sarete ita.
karera wa Myanmar no Rakain to hobo onaji minzoku da tonokoto.
taberu ocha”la pe” ya sakana no hakkoushokuhin “ngapi” mo tabeteiru.
nandaka,bangladesh ni irunoka,biruma ni irunoka wakaranakunatte
memai ga suruyoudatta.
konohen wa tsui saikin made gerira to seihugun ga tatakatteori,
imademo ippanjin ga yama ni hairu koto wa dekinai.
moshikasuruto,myanmar ijou ni sirareteinai minzoku ga iru kamoshirenai.

関連記事

no image

アフガンのケシ栽培の謎(2)

 アフガンのケシはなぜそんなに大きい実がなり、ミャンマーの4倍ものアヘンがとれるのか?  一つには

記事を読む

no image

「ダカノ−ヒデYuki」が説くエンタメノンフin韓国

 韓国最大のネット書店のサイトに私のインタビューが掲載された話は前にしたが、 読者の方が翻訳サイトを

記事を読む

no image

原発君とインド人

今日も原発君は元気なようである。 原発を憎むとかえってよくないような気がして、 親しみをもたせて、心

記事を読む

no image

今、日本で最も儲かっているかもしれない輸出業者はこう言った

昨日のブログで書いた調布の中古車輸出会社だが、ほんとうに儲かっている。 半年ほど前、初めて社長に会っ

記事を読む

究極の野菜はフグ野菜

今年も年初から忙しくなかなか読書の時間がとれないけれど、 読んだ本は当たりが多く、充実している。

記事を読む

no image

知られざる危険地帯・タイ最南部の謎

私は定期的に新聞を変える。どれも一長一短で決め手にかけるからだ。 今月からは久しぶりに朝日新聞

記事を読む

グラスワイン100円!! 超激安隠れ家アフリカレストラン「GOMASABA(ゴマサバ)」

以前、知り合った在日アフリカ人の二人が元浅草にレストランをオープンしたというので、 先週、『移

記事を読む

no image

まるで結婚式のような…

 上映会第3弾はmixiの高野秀行コミュの主催。  これが凄かった。  コアなファンばかり50人も

記事を読む

no image

公私混同の推進を!

来年3月ごろ発売が予定されている『世界の市場』という本に掲載用のインタビューを受ける。 インタビュ

記事を読む

no image

ジプシーのヒンディー語

旧ユーゴのエミール・クストリッツァ監督「白猫・黒猫」をDVDで観た。 セルビア付近とおぼしき土地に住

記事を読む

Comment

  1. タカ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    >Burma no shousuminzoku sokkuri nanoda,korega.
    to onaji.
    karera wa Myanmar no Rakain to hobo onaji minzoku da tonokoto.
    わあ、知らなかったです、バングラデシュの人は皆インド人みたいな
    濃い顔をしているのだと思っていました。
     バングラからそのままインドに入るのですか?

  2. ローマ字変換職人 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.1.3) Gecko/20090824 Firefox/3.5.3 Jingoo/0.1.0 (.NET CLR 3.5.30729)
    ミッション コンプリート
    今、やっと首都ダッカに戻ってきた。
    信じられないくらいの渋滞の嵐をくぐり抜けてのこと。
    一番面白かったのは、東の少数民族の村を訪ねたこと。
    ビルマの少数民族そっくりなのだ、これが。
    特にマルマという民族は、名前からして「ミャンマー」に由来するといわれるだけあって、言葉はほぼビルマ語と同じ。
    私の言うことは大抵理解されていた。
    彼らはミャンマーのラカインとほぼ同じ民族だとのこと。
    食べるお茶「ラペ」や魚の発酵食品「ンガピ」も食べている。
    この辺はつい最近までゲリラと政府軍が戦っており、
    今でも一般人が山に入ることはできない。
    もしかすると、ミャンマー以上に知られていない民族がいるかもしれない。
    —————————————————————————————–
    今までバングラデシュの四方はインドに囲まれていると思って
    ましたが、東の方はミャンマーとつながっているんですね、
    知りませんでした。なんか面白そうな地域ですね。

  3. uchi より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.0.14) Gecko/2009082707 Firefox/3.0.14 GTB5
    こんにちは。
    チッタゴン丘陵地帯の、マルマも含めてジュマと呼ばれている民族のことでしょうか?
    少数民族を支援する日本のNGO「ジュマネット」というのがあって、その地域の映画「コルナフリの涙」というのを日本で自主上映しているのを観にいったことがあります。

  4. 太郎 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB5; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    Mruはミャンマーとバングラの国境に跨って移住している民族じゃやなかったですか? 民族衣装がきれいなダブルウェービングで超ミニスカートだった記憶があります。 写真集も出てましたよ。 確かにミャンマー側でも信じられない風習を聞いたことがありました。

  5. 変換ありがとうございます より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    はっきりとは記憶していないのですが、ジュマ・ネットで支援しているのは主にロヒンギャと呼ばれる、「ベンガル系ミャンマー難民」ではないかと思います。
    彼らはミャンマー政府の圧政を受けてルーツであるバングラデシュ側に帰ったものの、受け入れ体制が整っていないため大きな難民問題となっています。
    もちろん、ジュマ・ネットはその他の民族も支援しているのだろうと思いますが。
    Marmaはミャンマー人という意味でしょうし、ラカイン(アラカン)語はミャンマー語とは方言のような関係にあり、同じ系統の民族ですが、地理的に隔絶されており、過去に独立していたこともあったため、別の扱いになるようです。
    例えばミャンマー語ではyの発音になるrが発音される点などが特徴です。
    Mruはマル語とも言われ、チベット・ビルマ系の民族ですがミャンマー語とは系統が異なり、カレン語派やカチン語派のように、独立した一派だと考えられているようです。もちろん、チベット・ビルマ語族(諸語)の分類は非常に難しく、定説があるとはいえないのですが…。
    ethnologueの記事によれば、1億5千万以上の人口を持つバングラデシュのうち、約80万のチベット・ビルマ系、20万のオーストロアジア系、5万のドラビダ系民族が住んでいるそうです。ベンガルのジプシーとも言われ歌舞音曲を生業とするオーストロアジア系のサンタル族などが有名です。

  6. この認識は間違い より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    ジュマというのはバングラデシュのチッタゴン丘陵に住むチベット・ビルマ系少数民族の総称。
    だいたい10くらいの部族に分かれると言われるが、実際はもっと多くの言語が話されている。エスノログによれば次の通り。
    http://www.ethnologue.com/show_country.asp?name=BD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 20年前に読んだときは彼ら一人一人がどれほどのスーパースターだったのか理解できていなかった。 https://t.co/3PkeyJWJY1 ReplyRetweetFavorite
    • 本田靖春の文章力はさすがですね。 https://t.co/2lCA4RMIds ReplyRetweetFavorite
    • やりたいことをやりたいようにやって90年。今西錦司の人生をたどった後では、ちまちました仕事のメールとか経費の計算とか原稿書きとか全くやる気を失う。悪書なり。 https://t.co/3PkeyJWJY1 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野さん、ほんとに傘ささないんですよね。この間、辺境スタジオに向かうときも雨が降っていたのですが、まったく意に介さぬ様子で。 noteの「辺境メルマガ」更新しました。今回は『辺境中毒!』(集英社文庫)の文庫解説より転載しております!… ReplyRetweetFavorite
    • 本棚整理のついでに本田靖春著『評伝 今西錦司』(講談社文庫)を20年ぶりぐらいに再読してしまった。今西軍団に所属した選手(学者)がとにかくすごい。西堀栄三郎、梅棹忠夫、川喜多二郎、中尾佐助、藤田和夫、伊谷純一郎、河合雅雄……。レアル・マドリード並みの銀河系軍団。 ReplyRetweetFavorite
    • 河童似の杉江さんに「高野秀行は河童じゃないか」と言われてしまった。同族? https://t.co/dHF7mfwfjq ReplyRetweetFavorite
    • 毎月、新しい本がやってくるので、毎月本の整理をしなければならない。で、その間に気になった本を手にとって立ち読みしてしまう。今日立ち読みしたのは中島京子さんの『妻が椎茸だったころ』(講談社)。短編集だが、表題作がすばらしいのだ。家で立ち読み感動。 ReplyRetweetFavorite
  • 2020年7月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑