*

酒飲み書店めぐり

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

『怪獣記』の担当編集者とともに、丸一日かけて書店へ挨拶まわり。

ほとんどが名高い(?)酒飲み書店員、通称「千葉会」の書店。
第1回 酒飲み書店員大賞をもらったおかげで、「三畳記」が突然、バカバカ売れ出し、
私の他の本もそのあおりを食らって売れ出した。
「怪獣記」の宣伝以前に御礼参りだ。
というか、みなさん、「怪獣記」はお願いしなくてもちゃんと売ってくれていた。
ありがたいし、嬉しい。
前に会ったときはみなさん、飲んだくれていたが、
今日はちゃんと仕事をしている。
でも、酔っ払っていても、シラフでも、
変わらないのは本に対する熱いLOVE。
行く先々で繰り広げられる熱烈トークに、
同行していた編集者が「いや、凄いな…」とひたすら圧倒されていたのが
おかしかった。
酒飲み書店員のみなさん、どうもありがとうございました。

関連記事

no image

大使館から始まる

今日、エチオピア大使館に指定された時間にビザを取りに行ったら、 担当者である日本人女性がいない。 車

記事を読む

no image

ソマリの海賊に実刑判決!

ソマリの海賊裁判。 世間的には微妙に話題になっているこの裁判、私は一回だけ傍聴することができた。

記事を読む

no image

奇跡のリンゴ

ブームが過ぎたベストセラーほど、読む気にならない本もない。 でも今は在庫一掃読書。 石川拓治『奇跡

記事を読む

no image

バングラの名店

私はインド・レストランに入ることができない。 「インド」を感じながらではとても平常心で食事ができない

記事を読む

アラスカへ逃げたい

石塚元太良・井出幸亮著『All About Alaska アラスカへ行きたい』(新潮社)

記事を読む

no image

日曜日のイベント

代々木でミクシイの高野秀行コミュ&宮田珠己コミュ合同イベント。 雨上がりにもかかわらず40〜50人(

記事を読む

no image

トルコの飲酒史

トルコ通風来坊の末澤の紹介で、16世紀オスマン朝の文化・経済を研究している気鋭の研究者Sさんと一杯や

記事を読む

no image

インタビューされる方は楽だ

「イングリッシュ・ジャーナル」誌のインタビューを受ける。 以前、私はこの雑誌で仕事をしていたことがあ

記事を読む

no image

美しき日韓問題

講談社ノンフィクション賞を受賞した安田浩一『ネットと愛国』(講談社)を読んだ。 丁寧に取材した

記事を読む

no image

ソマリ人とイスラエル人

火曜日、ずっと前からコンタクトをとろうとしていたソマリ人の人からメールが来て、 「今日の夕方4時に北

記事を読む

Comment

  1. takeさん より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.0.04506)
    怪獣記読みました。事実確認はしていませんが、トルコの怪獣ジャノは、捕獲されたようですよ。成獣ではなく、子供らしいですが。捕獲したのは米軍の特殊チームで、DNAの研究のため、秘密裏にアメリカへ移送されたようです。トルコ軍もその事実は知っているようですが、なんらかの政府間協定により事実は伏せられたままです。トルコ政府は強引なアメリカのやり方を軍事協定がらみで抑えられているので、本当は貴重な観光資源になるはずの国家的記念生物が、と、内心おだやかではないようです。

  2. タカノ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    そうなんですか。知りませんでした。
    一介の民間人である私が米軍の超極秘作戦を知るすべもないのですが…。
    takeさんはどこでこんな超極秘情報をゲットされたのですか?

  3. takeさん より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.0.04506)
    捕獲されたのは、アメリカがイラク攻撃のため、トルコへの駐留部隊を大幅に増強した時期らしいです。これは、あくまでも個人的な見解ですが、アメリカ軍が保有する各種の偵察兵器やセンサーロボットなどの作動状況を確認するため、兵士たちのリクレーションを兼ねて、捕獲作戦を実行したのではないでしょうか?気晴らしにはもってこいですし、機器の実戦での使用前の確認もできて、ペンタゴンのお偉いさんにも誰も見たことがない貴重なお土産も渡せますし、アメリカの遺伝子やバイオテクノロジーの研究にも貢献できます。事実かどうかは不明ですが、アメリカは相当の金額をトルコに支払ったそうですが、本当はトルコに莫大な金額をもたらす国家的な観光資源なので不満らしいです。

  4. タカノ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    繰り返しになりますが、takeさんはどこでこのような貴重な情報を
    ゲットされたのでしょうか?
    ネットのサイトか何かですか? 学研の「ムー」とかですか?

  5. takeさん より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.0.04506)
    この話は、軍の幹部がボーイフレンドだと言っているある美人の日本女性の話です。おそらく、ピロートークか何かのときの話でしょうから、未確認情報です。しかし、彼らが何かあんまり軍の活動と関係ないのではないかと思われる遺跡の発掘、や未知の生物の捜索をもやっていると聞いて、アメリカ恐るべし。と思いました。彼らは我々が知らない何かを追い求めて全世界を捜索している可能性があります。ただし、残念ながら、私はこれ以上のことは、知りません。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2020年4月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
PAGE TOP ↑