*

酒飲み書店めぐり

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

『怪獣記』の担当編集者とともに、丸一日かけて書店へ挨拶まわり。

ほとんどが名高い(?)酒飲み書店員、通称「千葉会」の書店。
第1回 酒飲み書店員大賞をもらったおかげで、「三畳記」が突然、バカバカ売れ出し、
私の他の本もそのあおりを食らって売れ出した。
「怪獣記」の宣伝以前に御礼参りだ。
というか、みなさん、「怪獣記」はお願いしなくてもちゃんと売ってくれていた。
ありがたいし、嬉しい。
前に会ったときはみなさん、飲んだくれていたが、
今日はちゃんと仕事をしている。
でも、酔っ払っていても、シラフでも、
変わらないのは本に対する熱いLOVE。
行く先々で繰り広げられる熱烈トークに、
同行していた編集者が「いや、凄いな…」とひたすら圧倒されていたのが
おかしかった。
酒飲み書店員のみなさん、どうもありがとうございました。

関連記事

no image

コンゴ・ジャーニー

友人の訃報があっても、日常は容赦なく動いている。       ☆       ☆       ☆

記事を読む

no image

「アドゥンはタイ人」さんご来場

上智大学の講義第2回。 ゲストであるタイの伝統音楽家アドゥンさんと大学の北門で待ち合わせていたのだ

記事を読む

no image

プロレスの罠

80年代から90年代にかけて、年齢としては16歳から30歳くらいまで、 私はプロレスにものすごく夢

記事を読む

no image

エメリウム光線か

持病の腰痛を治すため、「すごい治療師」のところへ行く。 「すごい」と言われる民間療法の治療師はこれで

記事を読む

no image

後輩・角幡唯介が開高健ノンフィクション賞を受賞!

猛暑がつづく中、また難民シェルターに行き、コソヴォ出身のアルバニア人に話を聞く。 おみやげに井浦伊

記事を読む

no image

また見つかったらしい

友人に教えてもらって知ったのだが、インドネシアでまたシーラカンスが見つかったようだ。 漁師の手に抱

記事を読む

no image

凶悪犯罪者に見る人間の神秘

  ブログを始めて困ったのは、自分がろくに仕事もしてないし、心身のトレーニングをすっかり怠っているこ

記事を読む

no image

国籍はスットコランド

同志・宮田珠己の新刊『スットコランド日記』(本の雑誌)が届いた。 表紙写真は宮田さん本人が撮ったス

記事を読む

no image

螺旋

たまにはガイブン(外国文学)が読みたくなり、サンティアーゴ・パハーレスの『螺旋』(ヴィレッジブック

記事を読む

本当の本物は深海で弾ける

いろんなことがありすぎて、ブログを書く暇がない。 ここ数日の出来事を簡単に羅列してみましょう。

記事を読む

Comment

  1. takeさん より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.0.04506)
    怪獣記読みました。事実確認はしていませんが、トルコの怪獣ジャノは、捕獲されたようですよ。成獣ではなく、子供らしいですが。捕獲したのは米軍の特殊チームで、DNAの研究のため、秘密裏にアメリカへ移送されたようです。トルコ軍もその事実は知っているようですが、なんらかの政府間協定により事実は伏せられたままです。トルコ政府は強引なアメリカのやり方を軍事協定がらみで抑えられているので、本当は貴重な観光資源になるはずの国家的記念生物が、と、内心おだやかではないようです。

  2. タカノ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    そうなんですか。知りませんでした。
    一介の民間人である私が米軍の超極秘作戦を知るすべもないのですが…。
    takeさんはどこでこんな超極秘情報をゲットされたのですか?

  3. takeさん より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.0.04506)
    捕獲されたのは、アメリカがイラク攻撃のため、トルコへの駐留部隊を大幅に増強した時期らしいです。これは、あくまでも個人的な見解ですが、アメリカ軍が保有する各種の偵察兵器やセンサーロボットなどの作動状況を確認するため、兵士たちのリクレーションを兼ねて、捕獲作戦を実行したのではないでしょうか?気晴らしにはもってこいですし、機器の実戦での使用前の確認もできて、ペンタゴンのお偉いさんにも誰も見たことがない貴重なお土産も渡せますし、アメリカの遺伝子やバイオテクノロジーの研究にも貢献できます。事実かどうかは不明ですが、アメリカは相当の金額をトルコに支払ったそうですが、本当はトルコに莫大な金額をもたらす国家的な観光資源なので不満らしいです。

  4. タカノ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    繰り返しになりますが、takeさんはどこでこのような貴重な情報を
    ゲットされたのでしょうか?
    ネットのサイトか何かですか? 学研の「ムー」とかですか?

  5. takeさん より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.0.04506)
    この話は、軍の幹部がボーイフレンドだと言っているある美人の日本女性の話です。おそらく、ピロートークか何かのときの話でしょうから、未確認情報です。しかし、彼らが何かあんまり軍の活動と関係ないのではないかと思われる遺跡の発掘、や未知の生物の捜索をもやっていると聞いて、アメリカ恐るべし。と思いました。彼らは我々が知らない何かを追い求めて全世界を捜索している可能性があります。ただし、残念ながら、私はこれ以上のことは、知りません。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 3日連続で研究者の方々と飲み会や雑談。一昨日は歴史学者(対談相手の清水克行さんだけど)、昨日は言語学者、今日は考古学者。専門家の話は本当にためになるし、面白い。 ReplyRetweetFavorite
    • 拙著『辺境メシ』の中国繁体字版のオファーが香港の出版社から来たという。何でも食べることで知られる広東人に認められたとは、ちょっと自慢したくなる。 ReplyRetweetFavorite
    • ご丁寧にどうもありがとうございます!「モディリアーニにお願い」は第3集までコンスタントに面白かったです。第4集も期待してます。奄美のケンモン話は私も好きです。 ReplyRetweetFavorite
    • 辺境ドトールで仕事してたら、店長がどこかから個人的に入手した「ウィスキーコーヒー」を飲ませてくれた。ウイスキーの樽にコーヒー豆を何年も寝かせて作ったものだという。アルコール分はもちろんないけど、香りも味も濃厚なウイスキー風味で、だんだん酔ってきた。 ReplyRetweetFavorite
    • ジュンク堂吉祥寺店では文化人類学特集をやっていたが、一冊だけ文化人類学と関係ない本があった。私の『謎の独立国家ソマリランド』。しかも、宮本常一『忘れられた日本人』とマリノフスキー『西太平洋の遠洋航海者』にはさまれて。何か間違ってると思うが、とても嬉しい。 ReplyRetweetFavorite
    • 仕事と雑務がちょっと一段落したので、勇気を振るってものすごく久しぶりに大型書店(ジュンク堂吉祥寺店)へ行ったところ、あまりに楽しくて、3時間近くも店から出られなかった。だから大型書店は怖い。 ReplyRetweetFavorite
    • 今日、休日だったのか! どうも普通の月曜日と様子が違うと思ってた。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年7月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑