*

彼もエンタメノンフ?

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


意外に思われるかもしれないが、高橋源一郎の文芸評論が好きである。
今日も『大人にはわからない日本文学史』(岩波書店)を本屋で発見、
すぐ購入、一気読み。
その勢いで、『ニッポンの小説 百年の孤独』や『文学なんてこわくない』も
ところどころ再読してしまった。
すごく不思議なことだが、高橋源一郎が「これこそ『文学』ではないか」と紹介する文章や場面は、私にとっては「ノンフィクション」に見える。
ときにははっきりと「エンタメノンフじゃないか!」と言いたくなる箇所もある。
考えてみれば、私は文学なんて読まないし、さして興味もない。
高橋源一郎が解説するから面白い。
それはジェットコースターには何の興味もないが宮田珠己が書けば面白いとか、
高橋秀実が描くダイエットやラジオ体操の話が好きだというのと
質的にまったく同じだ。
高橋源一郎は実はエンタメノンフ作家なのではないかという恐ろしい疑念がよぎってしまった。

関連記事

no image

編集力

本の雑誌の杉江さんが『辺境の旅はゾウにかぎる』のゲラをもってきてくれた。 エッセイ、対談、書評など中

記事を読む

no image

祝!第3回 酒飲み書店員大賞受賞

 私の敬愛するタマキングこと宮田珠己の『東南アジア四次元日記』(文春+文庫)が 第3回酒飲み書店員

記事を読む

no image

小説にいちばん近いルポ

 日本に移り住んだ外国人の食生活を追った『移民の宴』。「おとなの週末」で連載したものを大幅に加筆修正

記事を読む

no image

関野吉晴氏の映画とトークイベント

急ぎのお知らせ。 3月16日~29日、ポレポレ東中野にて、関野吉晴氏が主演(?)の映画「僕らの

記事を読む

no image

『虐殺器官』の衝撃

つい先週、『天地明察』(角川書店)を読み、「今年日本の小説でこれ以上のものは読まないだろう」と思っ

記事を読む

no image

連続飲酒は人体に影響がある

このところ、酒の飲み過ぎである。 金曜に日本酒とウィスキーで深酒をし、土曜日は久しぶりに家で晩飯を食

記事を読む

no image

10年遊んで暮らした人の話

私が解説を書かせていただいた川上健一『ビトウィン』(集英社文庫)が 発売された(たぶん)。 本来い

記事を読む

no image

ツチノコ発見!?

ツチノコにそっくりのヘビを発見した!と知人から画像が送られてきた。 発見したままの姿で、もちろんフ

記事を読む

no image

奇人コレクション

その昔、「PLAYBOYドキュメント・ファイル大賞」というノンフィクションの賞があった。  選考委

記事を読む

no image

アホは伝染する

「みらぶ~」命名者の仲野徹先生がイギリスの科学誌「ネイチャー」に論文を発表されたと新聞記事で読んだ。

記事を読む

Comment

  1. nanako より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727)
    はじめまして。
    少し前になりますが、3月27日付けの某夕刊紙で紹介されていたのは、貴殿の作品に登場する「エイジアン新聞社」ではないでしょうか?
    記事を見た瞬間にピン!と来てしまいました。
    貴殿の今後益々のご活躍を楽しみにしております。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2021年1月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑