*

盲想、ソマリランド、犬部! 移民の宴

公開日: : 最終更新日:2012/10/15 高野秀行の【非】日常模様

ツイッターを始めてから、書くことがどうしてもブログとダブるため、だんだんブログから遠ざかってしまっている。でもツイッターをやってない人もいるし、他人のツイートを全部フォローしている人も稀だろうから、やっぱりときどきブログは書くべきなんだろう。

まずはお知らせから。といっても、前回何をどこまでお知らせしたのかわからないので、もしかすると重複があるかもしれない。ご容赦を。

私がプロデュースするアブディンの「我が盲想」。ただいま連載第6回「スーダン強制送還の危機 後編」。
来日したものの、どこにも受け入れ場所が見つからないまま時間がすぎていく。もう国に帰るしかないのか…と絶望に襲われるアブディン。どうする?
私はこの章の後半に書かれた「靴ひも」のエピソードがとても好きだ。

私自身の連載「謎の独立国家ソマリランド」も進んでいる。現在アップされているのは、「知られざる覚醒植物カート」。
ソマリランドには「カート居酒屋」なるものがあり、私はそこで「ろう(耳の聞こえない人)」の元兵士と出会った。ろうの兵士なんて、他の国にいるのか? びっくりしたものだ。


片野ゆか原作・高倉陽樹・画『犬部! ぼくらのしっぽ戦記』第2巻(少年サンデーコミックス)が発売された。
羨ましいのは、漫画なら誰にでも気軽に読めること。私の姪っ子にも一人一冊ずつあげているが、喜ばれるし、ちゃんと読んでもらえる。
私もいつか漫画化できるような本を書きたい。

私のほうは現在11月下旬刊行予定の『移民の宴』(講談社)の準備で忙しい。
毎回思うことだが、どうして本を一冊出すというのは、かくも手間暇がかかるのだろう。
このネット時代にあまりにアナクロだ。
まるで外国にわざわざ船で行くようなもので、実はすごく贅沢なものなのかもしれない。

そうそう、忘れていたが、東京弁護士会の会報誌「リブラ」10月号にてインタビューを受けた。
やはり弁護士である編集長自らインタビュアーをしてくれ、しかもこの方が私の本をえらく読み込んでくれていたので、
珍しいくらい自分の言いたいことが言えた。ただ若干調子に乗って言い過ぎだような気もする。
ウェブで読めるので、こちらをどうぞ。
なお、私の写真は森清氏の撮影。クレジットを付け忘れた。森君にはお詫びします。

えーと、あと、最近読んだ本では『狼の群れと暮らした男』という超弩級の冒険ノンフィクションがあったが、今日はもう時間がないので、
また今度。

関連記事

no image

やむを得ず朝型にシフトしたが…

2週間くらい前から、ワケあって朝は7時に起きなければならなくなった。 日本では海外に出かけるときか取

記事を読む

no image

何の詐欺だろう?

ここ1ヶ月で2回、実家の母親から「変な電話があった」という知らせがあった。 最初は「ヒデユキ」を名乗

記事を読む

no image

ハサミ男、驚愕のラスト

前々から気にはなっていたが、読んでいなかった殊能将之『ハサミ男』(講談社文庫)を読んだ。

記事を読む

no image

SPA!イスラム飲酒紀行はまだやってます

ときどき「SPA!のイスラム飲酒紀行は連載中止になったんですか?」と聞かれる。 パキスタン篇を2週連

記事を読む

「Brutus」にて“辺境小説”を紹介

現在発売中の「Brutus」1.1/1.16合併号の特集は「夢中の小説」。 私も「小説の世界で見つ

記事を読む

no image

エンタメノンフの傑作

巷では有名なのに、私は全然知らないという物事がたくさんある。 おそらくは徳島県上勝町の「奇跡」もそ

記事を読む

no image

平山夢明、幻の助言

なぜかよくわからないのだが、『世界屠畜紀行』の内澤旬子さんとホラー作家(なのか?)の平山夢明さんと飲

記事を読む

no image

祝&残念! タマキング酒飲み書店員大賞受賞!

宮田珠己ことタマキングが『東南アジア四次元日記』(文春+文庫)で、 第3回 酒飲み書店員大賞を受賞し

記事を読む

no image

『放っておいても明日は来る』本日発売

一週間で本が二冊出るなど、初めての経験だが、 『放っておいても明日は来る』(本の雑誌社)、通称「アス

記事を読む

no image

生物「超」多様性問題

探検部の後輩で今、テレビのディレクターをやっている男が生物多様性問題について取材をしているというので

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 初めて行く場所は必ず道を間違えるので、念のため、1時間早く家を出たけど、全然間に合わず。これからは2時間前に出るべきか。ていうか、もう、そういう問題ではないのか。 ReplyRetweetFavorite
    • ミャンマー人の友人のお父さんが先月コロナで亡くなり、今日は和光市のミャンマー寺院で法要なんだけど、気づいたら入間市に着いていた。副都心線が池袋で二股に分かれるとは夢にも思わず。また間違えてしまった。 ReplyRetweetFavorite
    • PCの画面も見るのが辛い。でも締切が迫っている。これは手書きで原稿を書くしかないか。 ReplyRetweetFavorite
    • ありがとうございます。Kindle Paperwhiteを持っていたことに先ほど気づきました。 ReplyRetweetFavorite
    • 突然、液晶画面を見ると涙が出るようになった。iPhoneでの読書にハマり、一週間毎日3時間ぐらい読んでいたせいか。しかも読みやすくするため、明るさをMAXにしていた。また間違ってしまった。 ReplyRetweetFavorite
    • これは凄かった!現代の探検とはこれだと思う。 https://t.co/Oj0Y21itOw ReplyRetweetFavorite
    • RT : #ちょっと北朝鮮まで行ってくるけん。 ノンフィクション作家 高野秀行さん@daruma1021とのトークショーの様子を特別公開✨ パラレルワールドのような北朝鮮の不思議さに驚かされ、タイムトラベルのような姉妹の再会に胸を突かれる。こんなSFっぽ… ReplyRetweetFavorite
  • 2021年9月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
PAGE TOP ↑