*

盲想、ソマリランド、犬部! 移民の宴

公開日: : 最終更新日:2012/10/15 高野秀行の【非】日常模様

ツイッターを始めてから、書くことがどうしてもブログとダブるため、だんだんブログから遠ざかってしまっている。でもツイッターをやってない人もいるし、他人のツイートを全部フォローしている人も稀だろうから、やっぱりときどきブログは書くべきなんだろう。

まずはお知らせから。といっても、前回何をどこまでお知らせしたのかわからないので、もしかすると重複があるかもしれない。ご容赦を。

私がプロデュースするアブディンの「我が盲想」。ただいま連載第6回「スーダン強制送還の危機 後編」。
来日したものの、どこにも受け入れ場所が見つからないまま時間がすぎていく。もう国に帰るしかないのか…と絶望に襲われるアブディン。どうする?
私はこの章の後半に書かれた「靴ひも」のエピソードがとても好きだ。

私自身の連載「謎の独立国家ソマリランド」も進んでいる。現在アップされているのは、「知られざる覚醒植物カート」。
ソマリランドには「カート居酒屋」なるものがあり、私はそこで「ろう(耳の聞こえない人)」の元兵士と出会った。ろうの兵士なんて、他の国にいるのか? びっくりしたものだ。


片野ゆか原作・高倉陽樹・画『犬部! ぼくらのしっぽ戦記』第2巻(少年サンデーコミックス)が発売された。
羨ましいのは、漫画なら誰にでも気軽に読めること。私の姪っ子にも一人一冊ずつあげているが、喜ばれるし、ちゃんと読んでもらえる。
私もいつか漫画化できるような本を書きたい。

私のほうは現在11月下旬刊行予定の『移民の宴』(講談社)の準備で忙しい。
毎回思うことだが、どうして本を一冊出すというのは、かくも手間暇がかかるのだろう。
このネット時代にあまりにアナクロだ。
まるで外国にわざわざ船で行くようなもので、実はすごく贅沢なものなのかもしれない。

そうそう、忘れていたが、東京弁護士会の会報誌「リブラ」10月号にてインタビューを受けた。
やはり弁護士である編集長自らインタビュアーをしてくれ、しかもこの方が私の本をえらく読み込んでくれていたので、
珍しいくらい自分の言いたいことが言えた。ただ若干調子に乗って言い過ぎだような気もする。
ウェブで読めるので、こちらをどうぞ。
なお、私の写真は森清氏の撮影。クレジットを付け忘れた。森君にはお詫びします。

えーと、あと、最近読んだ本では『狼の群れと暮らした男』という超弩級の冒険ノンフィクションがあったが、今日はもう時間がないので、
また今度。

関連記事

no image

ここにも藤岡弘探検隊のファンが…

ひょんなことから、作家の古処誠二(こどころ・せいじ)と飯を食った。 つい最近まで私は古処さんのこと

記事を読む

no image

だからアメリカは嫌なんだ!

今、バンコクであります。 今回、フライトがノースウェスト航空。9.11以来アメリカの飛行機に乗るのは

記事を読む

野宿と携帯復旧

帰国後に拝受した本、第四弾(だっけ?) タイトルだけで笑える、かとうちあき『あたらしい野宿(上

記事を読む

no image

島田荘司『占星術殺人事件』

知り合いの先生に頼まれ、神奈川県の高校でミニ講義みたいなことをやった。 たまには趣向を変えて、辺境

記事を読む

no image

夢のようなアジアの列車旅

おかげさまで『謎の独立国家ソマリランド』は先週、日本経済新聞と東京(中日)新聞の書評で取り上げてもら

記事を読む

no image

のまど寄席「林家彦いちの旅落語」

 本屋プロレスや本屋野宿といった素っ頓狂なイベントがあったが、今度は伊野尾書店ではなく西荻窪の「旅の

記事を読む

no image

銀河ヒッチハイク・ガイド

 「しばらく新刊を断ち、家にある未読の本を読もう」という“新刊ラマダン”をやっていたが、実はユーフ

記事を読む

no image

悪いのは飛蝗か

「本の雑誌」9月号を読む。 特集は翻訳ミステリ。 私は全く知らなかったが、飯田橋に「ブックスサカイ

記事を読む

no image

ユーフラテスの旅の落とし穴

昨日やっとこワンに飛んだ。 延々とつづく茶色の香料として山岳地帯を見下ろし、 「こんなところで河下り

記事を読む

「ダ・ビンチ」2月号にてオードリー春日氏と対談

現在発売中の「ダ・ヴィンチ」2月号にて、オードリーの春日俊彰氏と対談している。 私はテレビ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2019年5月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑