*

とても美味しく、驚きもある

公開日: : 高野秀行の【非】日常模様

 先週の土曜日、グレッグとミワさんという日仏カップルの友人と神楽坂のクレープ専門レストランで食事をした。

 二人とはちょっと面白い縁である。
 グレッグと会ったのはもう6,7年前、バンコクでのことだった。
私の知人(慶応大学探検部OB)でバンコクで「ニューズクリップ」という経済邦字紙を主催している天野さんという人がグレッグに『アヘン王国潜入記』の英語版を紹介してくれ、
グレッグもたいへん興味をもって読んでくれたのがきっかけだ。
 彼はもともとジャーナリストだが、当時はフランスの国立の文化出版の組織に勤めており、
私の本もフランス語に翻訳しないかと本国に打診してくれた。だが、返事は来ず、結局彼とは一度フランス料理店で食事をしただけだった。

 もっとも、そのときのことは鮮明に覚えている。というのは、私は本格的なフレンチ・レストランで食事をしたのは初めてだった。
さらに印象的だったのは、その店の料理についてグレッグが「とてもおいしい。でも驚きがない」と言ったことだった。
 おお、さすが料理を芸術と考えるフランス人! 食い物が美味いだけじゃダメなのか。驚きがないといけないのか!と感銘を受けたのだった。

 それから時がたち、つい先月、天野さんがご夫妻で一時帰国した際(ついでに言えば奥さんも慶大探検部OB)、天野さんの関係者で飲み会をやった。
そこに集まったのは、アジアを中心にわけのわからないことをやっているいかがわしい人たちばかりだったのだが(もちろん私含む)、その中にグレッグもいた。
グレッグはミワさんという日本人女性と結婚していた。

 奇遇なことにミワさんは高野本の愛読者だった。私の『極楽タイ暮らし』を読んだことも一つのきっかけでバンコクに渡り、日本人向けの雑誌などでライター仕事をしていた。そのとき、グレッグと知り合ったのだという。奇遇である。

 グレッグはミワさんと結婚した後、やはり政府系の仕事で東チモールに渡り、3年間、フランス大使のような立場ですごした。
 大統領や国連の要人と頻繁に会ういっぽう、スタッフが一人しかいないので車の運転から電話の応対から全部一人でやって、ときには水牛の水飲み場で牛をかき分けながら水浴びをしていたらしい。
 …なんて話はそのクレープ・レストラン「ル・ブルターニュ」で、ガレットを食べながら聞いたのだった。
 グレッグによれば、そこのガレットは「ここ数年感じたことのない美味しさ」だという。グレッグが言うのだから、本当にうまいのだろう。私は当然、ガレットなんて初めて食べた。

 そば粉を焼いたというから、てっきりチャパティみたいな円盤状の堅いものだと思っていた。ワ州の村にいたとき、何度か食べたことがある。
でも、ル・ブルターニュのガレットは色もクレープのようなクリーム色で、柔らかく、野菜や肉を中に包み込んだピザっぽい食べ物でとても美味かった。でもワ州のものとは似ても似つかず、
驚いた。驚きのある美味さ…なのだろうか?

 ちなみに「焼いたそば粉を食べたのはワ州以来」とグレッグに言ってしまったが、あとで考えれば、ブータンでも食べた。ワ州と同様、いかにも山奥で作ったという食べ物だった。
お詫びして訂正するとともに、グレッグ&ミワさん夫妻はカンボジアやラオスなどでもいろいろ面白い経験をしているようで、また一杯やりながらお話を聞きたい。

 

関連記事

no image

ついに「増刷童貞」が破られる

 日本帰国後に知ったニュースの第二弾。  ついにというか、やっとというか、私の「増刷童貞」が破られ

記事を読む

no image

ムスリム力士のことを考えて仕事が手に着かない

ツイッターでもちょっと書いたけど、大嶽部屋に入門したエジプト人力士アブディラーマン(アブディラフマン

記事を読む

no image

加点法の傑作「ジェノサイド」

ソマリ旅行中、なにしろ一人だけで話し相手もいないから、 iPhoneでツイッターをよく見ていた。

記事を読む

自殺削減を国策として掲げたいワケ

最近、人に会うと「賞をとって忙しくなったんじゃない?」と言われるが、 実際には賞云々以前に、二

記事を読む

no image

声が出ない!

たぶん風邪だと思うのだが、 昨日の晩から声が妙にガラガラになり、 今日にいたっては朝からまったく声が

記事を読む

no image

英雄の葬儀

 先日、私がチェンマイに見舞いに行ったシャン人の長老セン・スック(別名クン・チャ・ヌー)が亡くなっ

記事を読む

no image

やせてもかれても私は大家

最近、部屋を片付けていたら こんな紙切れが出てきた。 ワセダのアパート「野々村荘」(仮名)の 大家

記事を読む

no image

本の雑誌年間ベスト10入り

担当編集者から連絡があり、「アジア新聞屋台村」が「本の雑誌2006年度ベスト10」の8位になったそう

記事を読む

no image

「酒飲み書店員(中略)大賞」に選ばれた!?

 最近人づてに聞いたのだが、拙著『ワセダ三畳青春記』が「第1回 酒飲み書店員共同企画文庫ベストセラー

記事を読む

no image

医学界に進出

「週刊医事新報」なる医学雑誌が自宅に届き、何事かと思ったら 私の本が紹介されていた。 神奈川県葉山

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : 高野秀行フェアですが、場所を変え品を変え開催しております。何故か初期作品の方が売れ行きが良かったので追加してみました2作品と、文庫新刊の「辺境の怪書、歴史の驚書、ハードボイルド読書合戦」(集英社)。この本もかなり面白いです。読める気がしない本を読んだ… ReplyRetweetFavorite
    • 現実はSFより奇なり、だ。200頁足らずの本だが学術書のため4800円もする。だから一般の読者にお勧めはしないが、興味のある人には読む価値が十分すぎるほどある。ていうか、マジおもしろい。 https://t.co/5c390UwAXF ReplyRetweetFavorite
    • 最近、「本の雑誌」連載のためSF小説を集中して読んでいたが(詳しくは同誌に書く予定)、一段落したので、人類学の本を久しぶりに読んだ。砂野唯著『酒を食べる エチオピア・デラシャを事例として』(昭和堂)。なんと、栄養摂取の方法として酒しか飲まない民族がエチオピアにいるという(つづく) ReplyRetweetFavorite
    • わけのわからない本の書評なら仲野先生の右に出る者はないですねー。 https://t.co/GPmnRcxG8V ReplyRetweetFavorite
    • 本格お笑い言語エッセイ第2回「新たな敵とリンガラ語」。新たな敵とは意外な人物でした。https://t.co/f4KORHhsXn ReplyRetweetFavorite
    • RT : 探検ジャーナリストがアフリカと韓国に納豆を追う https://t.co/HDSDmFpIAH 「なんでまた!?」と突っ込みたくなるテーマ。そういうプロが手をつけない領域に飛び込んでいくのが、在… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行さんの魅力がびしばし伝わるオンラインイベント「高野秀行辺境チャンネル」の次回開催は11月7日(土)14時スタート!テーマはあの驚きの展開の衝撃作『怪魚ウモッカ格闘記』。Q&Aやチャットを使っての質問もお気軽にできます。ただ今見逃し視… ReplyRetweetFavorite
  • 2020年10月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑