*

とても美味しく、驚きもある

公開日: : 高野秀行の【非】日常模様

 先週の土曜日、グレッグとミワさんという日仏カップルの友人と神楽坂のクレープ専門レストランで食事をした。

 二人とはちょっと面白い縁である。
 グレッグと会ったのはもう6,7年前、バンコクでのことだった。
私の知人(慶応大学探検部OB)でバンコクで「ニューズクリップ」という経済邦字紙を主催している天野さんという人がグレッグに『アヘン王国潜入記』の英語版を紹介してくれ、
グレッグもたいへん興味をもって読んでくれたのがきっかけだ。
 彼はもともとジャーナリストだが、当時はフランスの国立の文化出版の組織に勤めており、
私の本もフランス語に翻訳しないかと本国に打診してくれた。だが、返事は来ず、結局彼とは一度フランス料理店で食事をしただけだった。

 もっとも、そのときのことは鮮明に覚えている。というのは、私は本格的なフレンチ・レストランで食事をしたのは初めてだった。
さらに印象的だったのは、その店の料理についてグレッグが「とてもおいしい。でも驚きがない」と言ったことだった。
 おお、さすが料理を芸術と考えるフランス人! 食い物が美味いだけじゃダメなのか。驚きがないといけないのか!と感銘を受けたのだった。

 それから時がたち、つい先月、天野さんがご夫妻で一時帰国した際(ついでに言えば奥さんも慶大探検部OB)、天野さんの関係者で飲み会をやった。
そこに集まったのは、アジアを中心にわけのわからないことをやっているいかがわしい人たちばかりだったのだが(もちろん私含む)、その中にグレッグもいた。
グレッグはミワさんという日本人女性と結婚していた。

 奇遇なことにミワさんは高野本の愛読者だった。私の『極楽タイ暮らし』を読んだことも一つのきっかけでバンコクに渡り、日本人向けの雑誌などでライター仕事をしていた。そのとき、グレッグと知り合ったのだという。奇遇である。

 グレッグはミワさんと結婚した後、やはり政府系の仕事で東チモールに渡り、3年間、フランス大使のような立場ですごした。
 大統領や国連の要人と頻繁に会ういっぽう、スタッフが一人しかいないので車の運転から電話の応対から全部一人でやって、ときには水牛の水飲み場で牛をかき分けながら水浴びをしていたらしい。
 …なんて話はそのクレープ・レストラン「ル・ブルターニュ」で、ガレットを食べながら聞いたのだった。
 グレッグによれば、そこのガレットは「ここ数年感じたことのない美味しさ」だという。グレッグが言うのだから、本当にうまいのだろう。私は当然、ガレットなんて初めて食べた。

 そば粉を焼いたというから、てっきりチャパティみたいな円盤状の堅いものだと思っていた。ワ州の村にいたとき、何度か食べたことがある。
でも、ル・ブルターニュのガレットは色もクレープのようなクリーム色で、柔らかく、野菜や肉を中に包み込んだピザっぽい食べ物でとても美味かった。でもワ州のものとは似ても似つかず、
驚いた。驚きのある美味さ…なのだろうか?

 ちなみに「焼いたそば粉を食べたのはワ州以来」とグレッグに言ってしまったが、あとで考えれば、ブータンでも食べた。ワ州と同様、いかにも山奥で作ったという食べ物だった。
お詫びして訂正するとともに、グレッグ&ミワさん夫妻はカンボジアやラオスなどでもいろいろ面白い経験をしているようで、また一杯やりながらお話を聞きたい。

 

関連記事

no image

八丈島での発見

一週間、八丈島に行っていた。 浜辺のキャンプ場にテントを張ったが、なにしろ起伏に富んだ地形なので徒歩

記事を読む

no image

多忙な土曜日

「本の雑誌」2月号届く。 私も「レフリー・ジョー高野」として参加したプロレス本座談会は、 なかなか

記事を読む

no image

異種格闘技戦、夏休み原理主義、未来国家

26日(日)、リブロ池袋店でジャーナリストの木村元彦さんの「争うは本意ならねど」(集英社インターナシ

記事を読む

no image

今明かされる「野々村荘秘話」

  新国劇の島田正吾が亡くなった。  「新国劇」など、私には何の関わりもないと思うだろうが、多少の縁

記事を読む

no image

ロゼをちびちびやりながら砂漠を行く

ごぶさたしております。 20日に東京を発ち、今度はなぜか北アフリカのチュニジアをうろうろしている。

記事を読む

no image

2013年小説ベストワン決定

風邪は治ったものの今度は咳がひどく、声もがらがら。 とくに夜になると咳が止まらず苦しい。 朝

記事を読む

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリースされた。 タイトルはずば

記事を読む

no image

怪獣奇書、出版したい人は手をあげて!

昨日、トルコの怪獣についての奇書を紹介したら 「その本が読みたい」というコメントがあった。 私も実は

記事を読む

no image

『雪』断念

オルハン・パムク『雪』(藤原書店)を修行のように少しずつ読んできたが、 今日ついに断念。 小説自体が

記事を読む

no image

祝&残念! タマキング酒飲み書店員大賞受賞!

宮田珠己ことタマキングが『東南アジア四次元日記』(文春+文庫)で、 第3回 酒飲み書店員大賞を受賞し

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • スイカをバットでかち割ったアブ。ホームランを打ったような清々しい笑顔だが、横で見ていた末っ子はスイカ割りの趣旨がわからないらしく、お父さんが突然スイカを破壊したのを見て、わっ!と驚愕してた。 https://t.co/FiAM6BZdW8 ReplyRetweetFavorite
    • いわきの海水浴の写真が発見された。スイカ割りの準備をする子供や私たち、そして一度も見たことないのにカープの鈴木誠也のフォームを真似しようとする盲目の天才アブ。青い空が見ている。 https://t.co/t3DFEbUfqK ReplyRetweetFavorite
    • 決して美談ではなく合理的な話であるのがいい。 https://t.co/AxJosuQ94I ReplyRetweetFavorite
    • かつてケニヤのソマリ難民キャンプで働いていた私の知り合いの人(ユニークだけど一応日本人)が、新潟県南魚沼の廃寺を改装して民宿を始めたところ、外国人客が押し寄せているという。「外国人は時間的余裕があるから日本人とは旅のしかたがちがう… https://t.co/lh0ii3yaQz ReplyRetweetFavorite
    • RT : ミャンマーの柳生一族 (カラー版) (集英社文庫) (高野秀行) が、Kindleストアランキング24時間で、21534位⇒30位に急浮上しました。 https://t.co/8K0zamslhk ReplyRetweetFavorite
    • しかし、3作連続で福島正実訳はびっくり。この人の訳文は明朗かつ深みがあり、会話文はともかく、地の文章は40年たっても全然古びていない。 ReplyRetweetFavorite
    • SF古典宇宙の旅・第4弾は『鋼鉄都市』アイザック・アシモフ(福島正実訳、ハヤカワ文庫)。ストーリーより世界描写中心なので、テンポはイマイチだが、よくSFとミステリと人間ドラマを組み合わせている。反宇宙人の群衆が歌う「くされ宇宙人」には爆笑。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年8月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑