*

昔の縁

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

仕事というより雑事に追われて
ブログを書く時間もなかなかとれない日々が続いている。
昨日は稲城市で上映会。
主催者は若い女性だったが、なかなかユニークな雰囲気の人。
あとで聞いて見ると、
その昔、私と一緒にコンゴやアマゾンに行った写真家・鈴木邦弘氏の教え子だった。
鈴木さんは写真学校で「荒くれ教師」として恐れられており、
よほど変わり者の学生でないと寄り付かないと聞いている。
どうりでユニークなわけだ。
もう一つ驚いたのは、高校時代に親しくしていた同級生コムロ君が来ていたこと。
二十年以上会っていなかったので、最初は全くわからず、
質疑応答のとき、彼が手をあげて
「ぼくは高野君と高校のとき同級生だったけど、その当時はこんなことをやる気配は
なかったですね。何がきっかけで怪獣探検とかやるようになったんですか?」
というので、ぶったまげ、壇上で
「え、コムロ?!」と口走ってしまった。
かくして二次会は、昔話で盛り上がるという予想もできない展開だった。

関連記事

no image

大人の遠足

 ブータンが4月に延期になり時間がぽっかり空いたので、 発作的に小旅行に出かけることにした。  つ

記事を読む

2014年のベスト本はもう決まった!!

昨年、あれだけ「小説がダメだった」とぼやいていたのが天に聞こえたのだろうか。 今年最初に読

記事を読む

no image

名犬ロンドン

名犬ロンドンのDVDが届いた。 1963年にカナダで作られたテレビドラマシリーズで、一回30分。

記事を読む

no image

ヤノマミ読書VSサバイバル登山家

忙しくてなかなかブログの更新ができなかった。 そうそう、本の雑誌3月号の「冒険本・探検本特集」でと

記事を読む

no image

珍しく円城塔氏と気があった、と思ったのだが……「本の雑誌」上半期ベスト1特集

「本の雑誌」8月号が届いた。今回の特集は「2012年上半期ベスト1」で、私も書いている。題して「超人

記事を読む

no image

まくらサイズです。

「在日ムスリムのメッカ」と一部で勝手に言われることもある群馬県・館林&伊勢崎の館林を初めて訪れた。

記事を読む

no image

犬の力

前に評判になったミステリに『犬の力』とか言う本があった。私にはあまり面白くなくて途中で止めて

記事を読む

no image

まるで結婚式のような…

 上映会第3弾はmixiの高野秀行コミュの主催。  これが凄かった。  コアなファンばかり50人も

記事を読む

no image

新年あけましておめでとうございます

昨年の出版界は、一般社会に輪をかけた未曾有の大不況だったようである。 その影響は直接間接に私のところ

記事を読む

no image

飲み放題トークイベント

一昨日、神保町に行ったら、いつの間にか東京堂書店が2軒とも様変わりしていた。 一件は女性のファッシ

記事を読む

Comment

  1. COM より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)
    昨日はお疲れ〜♪
    いや〜!久々に会えてホントよかったよ^^
    前から何かイベントとかで都合があったら行ってみようと思ってたんだけど、
    今回近くで上映会やるってことだったから「コレだ!」ってね。。。
    ただギリギリまで行けるかどうか微妙だったんで、
    参加表明もせずにサプライズにしちゃった^^
    「すぐ気づくかな」と思ってたんだけど案外わからないもんなんだね^^;
    子供の頃の質問が出たところで、
    「それじゃ高校の頃のことを質問して正体を明かしておこう」って(笑)
    皆さんに紹介されて照れちゃったよ^^;
    おかげで二次会に誘ってもらって話す時間ができてよかった♪
    またそのうちゆっくり・・・ネ!
    主催者一家の方々!
    その他二次会に参加されたお二人をはじめ今回上映会に参加された方々!
    楽しい時間を共有できてよかったです^^
    ありがとうございました♪

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • ジュンク堂吉祥寺店では文化人類学特集をやっていたが、一冊だけ文化人類学と関係ない本があった。私の『謎の独立国家ソマリランド』。しかも、宮本常一『忘れられた日本人』とマリノフスキー『西太平洋の遠洋航海者』にはさまれて。何か間違ってると思うが、とても嬉しい。 ReplyRetweetFavorite
    • 仕事と雑務がちょっと一段落したので、勇気を振るってものすごく久しぶりに大型書店(ジュンク堂吉祥寺店)へ行ったところ、あまりに楽しくて、3時間近くも店から出られなかった。だから大型書店は怖い。 ReplyRetweetFavorite
    • 今日、休日だったのか! どうも普通の月曜日と様子が違うと思ってた。 ReplyRetweetFavorite
    • 勉強会と2次会には万城目学さんも来てくれたのであれこれ話す。小説にしてもご本人と話しても、どこか万城目さんの目の付け所や思考回路は自分に似てると思ったら、万城目さんも「高野さんの思考回路は自分に似てる」と言う。しかし、酔っ払った二人にはどこが似てるのか言語化することができず。 ReplyRetweetFavorite
    • とある中東系勉強会で発表。研究者の人たちがメインの参加者だったので、とても勉強になった。これで5月末からほぼ毎週続いた講演会&トークイベント強化期間はとりあえず終了。 ReplyRetweetFavorite
    • 発酵こそ真のトラディショナルにして、オーセンティックでローカルなグレートアートだと、なぜかカタカナで思うんだけど。信じない人は小倉ヒラク君の『日本発酵紀行』を立ち読みしてほしい。写真を見るだけでわかると思う。 ReplyRetweetFavorite
    • 南信長さんが書評で進めていた相澤いくえさんの美大生漫画『モディリアーニにお願い』(小学館)をときおり読んでいる。青春ものとしてもクリエーターものとしても面白いのだけど、全く別次元の感想が頭から離れない。それは「どうして美大には発酵学科がないんだ?」ってこと。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年7月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑