*

ソマリ人の好きな意外な食べ物

公開日: : 高野秀行の【非】日常模様

みなさん、新年明けましておめでとうございます。

とはいうものの、私自身は正月を迎えた気がしない。
年末年始はソマリ人の若者が12日間も家に泊まっており、その面倒をみるので手一杯だった。

年末の間はソマリ料理を作っていたが、妻に「羊やヤギはもう飽きた」と言われたし
(クリスマスイブはヤギ汁)
ソマリ料理は酒の肴に不向きなので、私でもさすがに他のものが食べたくなる。
大晦日の晩からはいつものご飯+正月料理に切り替えたのだが、
たまげたことにソマリ青年はほとんど何一つ食べることができなかった。

豚肉の類と酒はイスラムの戒律上アウトだからしかたないが、生もの、魚介類、牛乳以外の乳製品、
さらには焼き鯖寿司、年越しそば、鍋、もち、焼き魚、すべての炒め物&煮物&サラダ…ととにかく一切ダメ。

来日してまもないのならわかるが、彼はもう1年半近くも日本に住んでいるのだ。
なのに、醤油を指さし、「これは何?」と訊く。なめてみても「うーん…」と怪訝そうに顔をしかめるのみ。

どうしてこんなに食の幅が狭いんだろう。
結局、彼が食べられるのはソマリ料理の他は、牛丼、ファミリーマートのチキン、クリームシチューと麻婆豆腐が若干くらい。
子供が好きな、味の濃い洋食風の料理ならちょっとは食べられる。
でも、彼の味覚は繊細を通り越して過敏で、
同じチキンでもケンタッキーのフライドチキンは食べない。あの皮が苦手らしい。

ごま油はソマリにもあるから、牛しゃぶのごまだれというメニューを出したら、
やはり一口で箸を置いた。
どうもゴマはゴマでもソマリのものとはちがうらしい。牛肉はふつうのだし。

私が作ったソマリ料理以外のもので唯一彼が気に入ったのはツナとマヨネーズをぶっかけたご飯。
昔、私が早稲田のアパートに住んでいたとき、常食としていたやつだ。
毎食、テーブルの料理を一口食べると箸を置き、台所に行って自分でツナマヨご飯を作ってかきこんでいた。

さらに、意表を突いたことにはツナ缶が切れたら、いつの間にか、ごまだれとマヨネーズをご飯にぶっかけて食っていた。
え、いいのか、ごまだれ!?
じゃあ、しゃぶしゃぶは、ごまだれはよくて牛肉がダメだったってこと?

12日間、彼がおいしく食べられるようにと四苦八苦したが、最後にこのごまだれ飯を見て私は「もう無理」と観念した。
そして、疲労感に包まれて、正月は過ぎていったのだった。

そうそう、そういえば、彼が喜んで食べていたものがもう一つあった。
「かりんとう」だ。
「あ、これ、ソマリアにもある。カアカアっていうんだ」

純和菓子だと思っていたが、かりんとうはソマリア起源だったのか…
なんて、わけないが、もう頭が働かなくてぼんやりするだけの私だった。

関連記事

no image

娘を溺愛する父親と言われた

先週末、本の雑誌の杉江さんに会ったら、「最近高野さんのブログを見ていると、 娘を溺愛してる父親みた

記事を読む

no image

願い事は強要から

ここ数年、私が最も買っている小説家・中島京子さんと四谷三丁目で会食。 中島さんの『均ちゃんの失踪』(

記事を読む

no image

マイブームじゃなかった…

依然としてマイ・ブームとして続いている「自閉症モノ」、 3冊目に読んだやはり泉流星の『僕の妻はエイリ

記事を読む

no image

ありえねー!

しょっぱなから全く予期しない出来事が起きた。 人為的原因により、ワン行きの飛行機に乗り損ねたのだ。

記事を読む

no image

すべての酒飲みに読んでほしい

大野更紗『困ってるひと』(ポプラ社)の影でひっそりとだが、 私の『イスラム飲酒紀行』(扶桑社)の見

記事を読む

no image

日本浄土

 最近手元に置いて、仕事が手につかないとき、 つまりしょっちゅう、ページをめくるのは 藤原新也『日

記事を読む

no image

『犬部!』

明日7日、妻・片野ゆかの新刊『犬部!』(ポプラ社)が発売される。 犬部とは、北里大学獣医学部に実在

記事を読む

no image

ナガランドに行けるのか

「G-diary」の元編集長がスタッフとともに分離独立して創刊した「アジアの雑誌」3月号が届く。

記事を読む

no image

中国40年の狂気

また外出。 町のあちこちで運動会の練習をしている。 「フレー、フレー、赤組!」なんて今でも言ってる

記事を読む

no image

未知動物より既知動物か

妻・片野ゆかの新刊『犬部!』がスゴイことになっている。 発売からまだ2ヵ月経ってないのに、もう4刷

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2022年5月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑