*

対談は仕事場でなく家庭で

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

宮田珠己さんとの対談シリーズ「タカタマ対談」の第5弾を
本の雑誌の杉江さん立会いの下、
関東某所に実在する「スットコランド」で行った。
だが、宮田さんの仕事部屋でやったのがいけなかったのか、
だんだん「どうしても原稿が書けない」という話がマジになってきて、
二人して沈痛な面持ちになり、
「雑誌の対談で沈痛になってどうする!」と必死に自分を鼓舞したのだが
ずんずんテンションが下がっていき、そのまま三人ともため息をついて終了。
ところが、そのあと宮田さんの自宅にお邪魔したところ、
奥さんが頭脳明晰、明朗快活で話が楽しい。
「(宮田さんに向かって)ごちゃごちゃ言ってないで小説を書けばいいのよ」とか
「(宮田さんは)あまりに世間の常識からズレていて、最初のころはどうしてそういうことをするんだろう?って思ったけど、
しばらくして『あ、この人、ガイジンなんだ!』って思うようになって
腹も立たなくなった」
など、直撃弾を連発、宮田さんは頭を抱えて悶絶し、
私と杉江さんは死ぬほど笑った。
こっちを対談にすればよかった。

関連記事

no image

大使館から始まる

今日、エチオピア大使館に指定された時間にビザを取りに行ったら、 担当者である日本人女性がいない。 車

記事を読む

no image

まつりスペシャル

この前話題にあがった神尾葉子氏だが、少女マンガの絵にアレルギー体質がある私には さすがに『花より男

記事を読む

no image

かっこいい公務員たちの物語

片野ゆかの『ゼロ!こぎゃんかわいか動物がなぜ死なねばならんと?』(集英社)が本日発売である。

記事を読む

no image

高島先生の新刊

高島俊男先生が新刊を送ってくださった。 早速読んでみたが、これもまた名著です。

記事を読む

no image

美味すぎる差し入れ

読者の方よりお酒をいただいた。 身内の方が、千葉県香取郡神崎町にある超老舗(江戸時代初期創業だそう

記事を読む

no image

また増刷

「異国トーキョー漂流記」(集英社文庫)の増刷が決まった。 これで三ヶ月連続で増刷だ。 運がよすぎるの

記事を読む

no image

新刊入荷『青春の門』

今日も外出。 といっても毎日、最終的にはワセダの「野々村荘」に落ち着く。 これは外出ではなく、アパー

記事を読む

no image

完全なる無駄

お盆休みとオリンピックが重なり、 区民プールが昼間でも夜でも おもしろいぐらい空いている。 いつまで

記事を読む

no image

『わが盲想』の意外な落とし穴

いよいよアブディン『わが盲想』(ポプラ社)が本日発売である。 宮田珠己部長には前もって献本

記事を読む

no image

ある阿呆の血

10日ほど前だが、このブログを通して、読者からのメールが来たのはいいが、 「あなたは私を知っている。

記事を読む

Comment

  1. 昼寝カワウソ より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.0; ja; rv:1.9.0.15) Gecko/2009101601 Firefox/3.0.15 (.NET CLR 3.5.30729)
    >こっちを対談にすればよかった。
    杉江さん,ぜひそうしてください。
    あ,両方世に出して,明暗をくっきり対比させてください。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2021年4月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
PAGE TOP ↑