*

「ダ・ビンチ」2月号にてオードリー春日氏と対談

公開日: : 高野秀行の【非】日常模様

2016.01.07da vinc2
現在発売中の「ダ・ヴィンチ」2月号にて、オードリーの春日俊彰氏と対談している。

私はテレビが苦手である。
90年代、住んでいた早稲田の三畳間には十年近くテレビがなかったし、外国へ行っている時間も長くて
たまにテレビを見ても俳優も歌手もタレントも芸人も誰が誰だかさっぱりわからない。
とくにバラエティ番組は内輪ネタが多いので、「○○さんがこんなこと言ってた」とか「この人、××そっくりや」などと聞いても「?」と思うだけなのである。
外国のテレビを見ている気分といえば、少しわかってもらえるだろうか。
もっとコントや漫才そのものをやってくれればいいのだが、たいていはスタジオで喋っているだけだ。
なんだか、連載マンガを途中から読むようで、ついていけないのである。

だから私のよく知っているお笑い芸人も、たけし、さんま、タモリで止まっている。
顔と名前が一致するのはダウンタウンまでだが、それでもどんな芸風なのかは全く知らない。
今回も「オードリーの春日さんと対談しませんか」という話が来たとき、
当然、全く知らなかった。
ネット検索で調べると出演する番組や画像が出てきたが、どれも見たことも聞いたこともなかった。

どうしてそんな人と私が対談するのかというと、春日さんがアフリカやニューギニアなどの「部族」を訪ねるというバラエティ番組のコーナーをもっているからだった。
どんな民族を訪ねているのか見てみると、半分以上は名前すら聞いたことがなかった。
衝撃である。
私がお笑い芸能人を知らないのは当たり前としても、同じように辺境の民族も知らなかったとは!

よくよくネットや民族事典などで調べてみると、多くは保護されて伝統生活を維持している人たちで、
特にエチオピア南部に住んでいる民族がいくつも含まれていた。
たしかにあの辺はなかなか行くのが難しい。
変な話だが、ふつうの旅では行けない。「観光客」として行くしかないようなところなのだ。
ガイドとドライバー付きで一日100ドル、「部族」の人たちは写真一枚5ドルとか、そんなところが多いようだ。

でも、たとえ観光で収入を得ていても、そういう民族は西洋文明化された他の一般住民とは隔絶した生活を送っていることはたしかで、いいか悪いか別として、独自の生活様式をかなり残しているだろう。
そんな民族の村に10も20も行き、短い滞在ながら観光客とは全くちがった接触の仕方をしている春日さんが
正直言って羨ましい。
まあ、そんなことが多少なりとも伝わる対談になっていればいいと思う。

関連記事

no image

タイ人による驚くべき被災地支援

在日タイ人の被災情報がないかと成田のタイ人ワット・パックナムに行ってみた。 同行者は後輩のKとU。

記事を読む

no image

未確認思考物隊の新テーマ

保江邦夫『武道VS物理学』(講談社α新書)はあまりに凄い本だった。 癌を患ったひょろひょろの世界的

記事を読む

no image

昔の愛読書

今から30年以上も昔、私が小学生になったかならないかの頃、 トラゴロウというトラの出てくる物語を愛

記事を読む

no image

シングルモルト

体がすごくだるい。 病院に行こうかどうしようか、真剣に悩む。 人に教えてもらって知ったが、朝日新聞の

記事を読む

no image

怪談実話系7で「神隠し」

『怪談実話系』というシリーズをご存じだろうか。 実話という建前で、でもフィクションも交えた「怖い話

記事を読む

no image

両国の暴走特急相撲

金曜日。午前中は六本木ヒルズに行き、J-WAVEの番組を収録。 web本の雑誌BOOKSTANDなる

記事を読む

no image

罠、二つ

「Amazon.co.jpで、以前に××の本をチェックされた方に、このご案内をお送りしています」と

記事を読む

no image

辺境女子作家・名須川先輩デビュー!

『メモリークエスト』で、「日本への身元保証人になってほしいと迫ったミャンマー人のアナン君」と「古今東

記事を読む

no image

2010年ノンフィクション・マイベストテン

続いてノンフィクション。 1位〜3位 木村元彦『悪者見参』『誇り』『オシムの言葉』(集英社文庫)

記事を読む

no image

ムベンベは捕獲されていた!!

『怪獣記』刊行に先駆けて、「サンデー毎日」と、 取次ぎ会社・日販のPR誌「新刊展望」のインタビューを

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • そういう私も高校時代にめぞん一刻にはまり、最終刊を読み終わったときには自分の青春が終わってしまったかのような虚無感に襲われた。実際はそのあとに自分自身がめぞん一刻みたいなアパートに入ってしまったんだけど。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : ・フロー 感想コメント ノンフィクション作家の、#高野秀行 さんより 圧倒的な映像美と軸のぶれない世界観で、様々な角度から地球を見つめている。アイ・ウェイウェイ監督おそるべし。@daruma1021 https://t.co… ReplyRetweetFavorite
    • そんな橋本君が昨日いちばん熱く語っていたのはなんと『めぞん一刻』。同席した角川の文学系編集者(いずれも30代)も大好きとのことで、話題はノーベル文学賞からめぞん一刻へ思い切り傾いた。高橋留美子、最強説。 ReplyRetweetFavorite
    • 諸事情により半年ほど遅れてしまったが、畏友・橋本陽介君の新刊『ノーベル文学賞を読む ガルシア=マルケスからカズオ・イシグロまで』(角川選書)をを祝って飲み会。彼はまだ三十代半ばなのだが、すでにノージャンルの文学研究者として日本のトップに立っている観がある。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今日は夜 19:30から日本橋ANDONからライブ配信します。で、事務局チームでワイワイやってるので現地に遊びきてもらえるの大歓迎!クラファン締めくくりに盛り上がるぞー! https://t.co/mffbJh5k… ReplyRetweetFavorite
    • なぜこんな忙しいときに部屋の片付けなんて始めちまったんだろう。パンドラの箱だよ。 ReplyRetweetFavorite
    • ふと思い立って部屋の大片付けを始めたところ、いろんな秘蔵品(?)が出てきた。10年前に探検部の先輩が撮影してくれたワセダのアパートの映像なんかも発見した。大家のおばちゃんもまだ健在。なつかしい。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年1月
    « 3月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
PAGE TOP ↑