*

完璧な探検記

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


 わけあって、今さらながらアルフレッド・ランシング著『エンデュアランス号漂流』(新潮文庫)を読んだ。
 史上初めて南極大陸横断を目指したアーネスト・シャクルトンと27人の仲間が、
17ヶ月にわたる大遭難の末、全員が無事に生還したという奇跡の物語だ。
 彼らの艱難辛苦ぶりと不屈の魂といったら、想像を絶するという形容詞が全く足りないくらいで、それを南極の氷の結晶のように緊密な文章で伝えるこの本は、私が今まで読んだ中でも最も完璧な探検・冒険記だろう。
 探検部の後輩たちにも、まったく普通の生活をしている社会人の方々にも、同じようにお勧めしたい。これを読めば、絶対に元気になれるはずだ。
 しかし、今までこんな凄い探検家と探検記を知らなかった自分の無知にも驚いた。
      

関連記事

no image

民族問題とイスラムはダメなのか

こんな写真が出てきた。 うちには至る所に本があるが、ダルマはそれをいたずらすることは滅多になかった

記事を読む

no image

書店員の書いたプロレス&格闘技ミステリに感涙

大阪の書店でトークイベントを行ったとき、すごく変わった人に出会った。 書店員なのだが作家でもあ

記事を読む

no image

「ムベンベ」映画化企画

拙著『幻獣ムベンベを追え』を映画化したいというオファーが来た。 しかもアニメかと思ったら実写である。

記事を読む

no image

エンタメノンフ@ジュンク新宿

ジュンク堂新宿店にて「エンタメノンフ」のフェアをやっているというので見に行った。 最初なかなか見つか

記事を読む

no image

寒波と猛暑

フランスに亡命したルワンダ人の友人のところに母国から家族が到着した。 奥さんと娘が移住を認められたの

記事を読む

no image

意識が

「婦人公論」の書評コーナーでインタビューを受ける。 本を出すたびに、こういうふうに反響がくるのはあ

記事を読む

no image

SFの「次」

 本の雑誌社の杉江さんに会い、「SF本の雑誌」の「見本」をもらう。 なぜ「見本」なのかというと、先

記事を読む

no image

NHKの仕事でまたミャンマー

(撮影:森清、『西南シルクロードは密林に消える』より) ※こんな映像が撮れればいいのだが…    

記事を読む

no image

フロスト警部中毒者に告ぐ

「売れている本はわざわざ紹介しない」というのが私のポリシーなのだが、 全く不本意なことに、ススキノ探

記事を読む

no image

リキシャ・アートは語る

バングラの印象といえば、リキシャ。 自転車がひっぱるサイクルリキシャがメインだが、 人間を乗せるだ

記事を読む

Comment

  1. daonan より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    はじめまして、いつも更新を楽しみにしています。
    エンデュアランス号漂流、購入しようとAmazonを見たら
    他にも色々と面白そうな漂流記があって目移りです。
    本文と関係ないのですが、高野さんのアヘン王国〜を読み、
    ワ州に興味がわいており、中国語の検索サイトで以下を
    発見しました。(ご存知かも知れませんが)
    http://www.ct2t.com/myweb/index.asp?id=2604
    多分、中国人対象で、外国人はNGなのでしょうが、
    一度接触してみるつもりです。
    (小生、中国駐在中で、一応普通話出来るので・・・)

  2. izu より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    私はこの本を80歳の祖母に薦められて読み、非常に感動して、身近な人に読ませまくりました。隠れた名著ですよね。ちなみに、うちの祖母は本当の読書好きで、遊びに行くと、押入れの「あげてもいい本(=一番好きじゃない本)」の棚からいろんな本をくれるのですが、この本にもそんな経緯で巡り合いました。

  3. gadogado より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; BT Openworld Broadband; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727)
    はじめまして。ロンドンよりLOVEです。 シャクルトン関係の本はイギリスでは厳格で教育熱心な家庭には必ず一冊あるような気がします(私の勝手な思い込みかもしれないけど)。両家の子供達がこの本を読んで不屈の精神とは何ぞやと学ぶのでしょう。日本で言ったら誰でしょうね?ちなみに10年ほど前にロンドンのNFTでこのエンデュランス号の記録係の隊員が撮影し今でも残っているフィルムの上映会がありました。

  4. タカ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; InfoPath.1; .NET CLR 1.1.4322)
     ようやく読み終わりました。凄い本ですね。人間ってこんなに強いのか、
    と思い知らされました。
     ラスト、生還した彼らがどのように扱われたか、その後の人生は
    どうだったかが書かれていればもっとよかったと思いました。

  5. AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0)
    ボクはDVDで観ました。(本じゃないと反則?)
    タカさんと11月末に東京で会います。講談社本の項目で撮影大会をするのですが、多分トンボ帰りで戻ります。せっかく高野さんやタカさんの家に上がりこんで隠されたエロ本でも物色しようかと思っていたのに。残念

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2021年5月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑