*

ブログとツイッター

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

半年ほど前、誰かに誘われてツイッターを始めたものの、使い方がよくわからないうえ、
面倒くさくなって放置していたが、この年末からまた友人の勧めで再開した。
やはり使い方がよくわからないのだが、まずどんなことをつぶやけばいいかわからない。
「目玉焼きの黄身はやっぱり半熟がいい」みたいなことももちろん頭には浮かぶが、
そんなことをいちいちつぶやいていたのではキリがない。
かといって、140字いっぱいで成立する俳句や短歌のような緊張感のある文を作るというのも
趣旨ではないのだろう。
よくわからないまま、てきとうにつぶやいていたら、
ブログがどんどん書けなくなってきた。
バケツに水がたまる前に、小さい穴から漏れていくような感じか。
でも、そういえば、数年前ブログを始めたときも全く同じようなことを感じていたのだった。
つまらない文章を書いたら読者は読みたくないだろうし、無償の文章に精力を傾けてもな……と思って、わけがわからなくなった。
わからないながらも、せっせと書いていったら本業の原稿が書けなくなっていった。
当時の担当編集者からは「ブログなんてやってる暇があれば、原稿をどんどん書きなさいよ」とお叱りを受けたし、「あのネタをブログで公開しちゃもったいないでしょ」とは今もときどき言われる。
そもそもブログやツイッターというのは、本来文章を書くことを仕事としていない人が書いてこそ面白いし、意味もある。
ブログやツイッターは無料かつリアルタイムであることが重要なのだから、文章の精度や構成力などは求められていない。
かくして、プロの文筆業者である私はますます何をどうすればいいかわからなくなってきたのだが、とりあえず、仕事である原稿を書き、余力があればブログも書き、さらにブログにも書ききれない細かい情報をツイッターでお伝えすることにしたい。
で、私の沖縄の友人である井手裕一君がプロデュースし、中学生の仲村君が監督した
「やぎの冒険」がいよいよ今週末(9日)から池袋テアトルダイヤ、横浜・ブリリアショートショートシアターなどで上映される。
仲村監督の記事が朝日新聞の電子版に載っているのを教えてもらった。
http://www.asahi.com/showbiz/movie/TKY201012300267.html
てなお知らせもツイッターで流したほうがいいのだろうか?
やっぱりよくわからない。

関連記事

no image

元「たま」の石川浩司氏とトークイベントのお知らせ

元「たま」のランニングこと石川浩司氏とイベントを行うことになりました。 前に何度もイベントを企

記事を読む

no image

長井健司、ミャンマーに死す

毎日このブログではお気楽な話題を提供していたが、 ミャンマー情勢は緊迫の一途をたどっていた。 私のと

記事を読む

高野はぐれノンフィクション軍団に新メンバーが加入

前作『バウルを探して 地球の片隅に伝わる秘密の歌』(幻冬舎)で新田次郎文学賞を受賞した川内有緒(

記事を読む

no image

加点法の傑作「ジェノサイド」

ソマリ旅行中、なにしろ一人だけで話し相手もいないから、 iPhoneでツイッターをよく見ていた。

記事を読む

no image

書店泥酔野宿

土曜の午後4時過ぎ、ちょっと用事があって、近所の友人宅に行ったところ、 ビールを出してもらい、すぐ帰

記事を読む

no image

少数民族の村で

別のミャンマー国境に近い村(?)にいる。 無国籍もしくは国籍不明の人がわさわさいるみたいだ。 雲南

記事を読む

no image

『誰も国境を知らない』

西牟田靖『誰も国境を知らない』(情報センター出版局)の書評を 「北海道新聞」に書く。 新聞の書評は

記事を読む

no image

ジュンク堂新宿店&啓文堂渋谷店と特別契約?!

 昨日、ジュンク堂新宿店へ行った。アジア・コーナーには、私の『西南シルクロードは密林に消える』(講談

記事を読む

no image

ヒマラヤのイエティは神戸で飼育されていた!?

最近、さまざまな未知動物について調べているが、 私が知らなかったことがすごくたくさんあり、 驚きの毎

記事を読む

no image

ウモッカのトゲ!?

早稲田での上映会では錦鯉専門誌という珍しいものと トナカイのぬいぐるみ(?)という奇妙なものをいた

記事を読む

Comment

  1. LP より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 F08A3(c500;TB;W30H20)
    ハハ、水は低きに流れるといいますが、twitterは全ての表現方法の中で、今のところ一番簡単ですからね。twitterとブログの両立は難しそうですね。
    twitterはプロのライターにとっては大変でしょうね。replyされたら無視もしにくいでしょうから。でも高野さんのブログにせよ、宮田さんや内澤さんのtwitterにせよ、やっぱりプロのライターは面白いと思いますよ。
    もちろん素人にも面白い人は沢山いますし、フォローしてる人がフォローしてる人とか追っかけていくと、twitterが無かったら絶対に接点が無かったような人とも繋がりが出来たりします。
    楽しみに読んでますので、高野さんも本業に差し支えない範囲で楽しまれたらどうでしょう。
    あと「やぎの冒険」はtwitterで流した方が良いと思います。こういう宣伝費用のかけられない作品ほど口コミの効果は強いんじゃないかと思います。

  2. KOW より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6.6; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    まあ、ブログ更新のお知らせとか
    ツイッターに流しておくといいのではないでしょうか。
    仕事の告知とかも。

  3. コシチェイ より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 N05A(c100;TB;W24H16)
    「テレ湖なう」とか「ムベンベキター!」とか「サハラなう」とか。別に140字全文埋めなくてもいいと思います。「強制送還なう」とか。

  4. ぶあ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322)
    明けましておめでとうございます。
    どうかお願いですから、ブログはやめないでくださいーー!
    新年早々ワガママですが、お願いです。ほんと。

  5. negi より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6.5; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729; Creative AutoUpdate v1.10.10)
    本業がモノカキなのにブログやツイッターでネタやエネルギーを使ってしまうのは本当に本当に、大変だと思います。。。
    でも、決して無理はせずにテキトーに続けてくだされば、ファンとしては大変うれしいです!
    自分は高野さんの本読みブログが大好き&購入本の参考になっております

  6. トニー より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X 10.5; ja-JP-mac; rv:1.9.2.13) Gecko/20101203 Firefox/3.6.13 GTB7.1
    無理してまでつぶやかれる必要はまったくないと思いますが、情報収集のツールとしては、結構重宝できると思います。例えば、注目していたジャーナリストとか、動向が気になる人など。
    ただ、同時に高野さんほどの方であれば、Twitterを有効に使われれば、それこそ著作のPRにも効果的だとは思います。いずれにしても無理せず、というのがキーワードではありますが。
    ところで、私が過去の日記で見落としているだけかもしれませんが、「幻獣ムベンベを探せ!」の映画化の話は、その後、ご進捗はありましたでしょうか? 言えない話かもしれませんが、ものすごく状況が気になるお話です。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年7月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑