*

ソマリランドをラクダで探検する

公開日: : 高野秀行の【非】日常模様

来年の今頃、ソマリランドとプントランドの国境地帯をラクダで旅しようと思っている。
ピラミッドみたいな謎の古墳(写真・上)やギアナ高地のような巨大な断崖と密林(写真・下)があり、
何がどうなっているのかさっぱりわからないからだ。

知り合いの映像作家K君に話したら「ぜひ行きたい」というので
二人で初めてその打ち合わせ。

店のテーブルにソマリランドの地図を広げて、あれこれ真剣に話をしようとするのだが、
場所がなんともよくなかった。
シャン料理店「ノングインレー」なのである。

周りには日本人はおらず、シャン語、ビルマ語、タイ語が飛び交い、
私も自動的にそれらの言葉を使ってオーダーとしてしまう。
高菜漬けや豆腐、納豆を駆使したシャン料理は美味く、ホッとさせる。
人は当たりがやわらかい。やさしい。
「ああ、早くシャンに行きたいな…」と無意識のうちに考えていて、
全然「ソマリでラクダ」の気分が盛り上がらない。
むしろ「シャンでゾウ」という感じだ。
(シャン人はゾウを使わないが隣接する少数民族が使っている)

これは私の「目先の状況にすぐとりこまれる」というカメレオン的な性質から来るもので、
ソマリランドに行けば、その世界にすぐ没入するに決まっている。
今年は足腰を鍛えて来年に備えたい。

☆            ☆              ☆

ところで、三日ほど前から花粉症である。
花粉症は腰痛以上に情けない病気ともいえない病気で、ほんとにガックリする。

実は3年前にも一度花粉症になったのだが、ちょうど三日もしないうちにブータンに向けて出発、
一ヵ月後に帰ったらもう何も起きなかった。そして一昨年も去年も無事にクリヤーしたのだ。

やっと長い冬が終わり、春になったかと思ったら、花粉症って、日本は(東京は?)一体何なんだよ!と言いたくなる。
外国に脱出したいところだが、ソマリ本の著者インタビューなどがひっきりなしに入ってくるし、そうもいかない。
西日本に三、四日の期間で旅行に行くとか、まだ雪の残っている山に登るというのが現実的な避難方法かもしれない。

☆            ☆            ☆

元「たま」のランニングこと石川浩司さんと何か「旅のトークイベント」みたいなものをやりたいのだけど、
誰か企画してくれる人はいないだろうか。
石川さんは台湾の電車でサイコロを振って双六をしながら旅をしたり(3が出たら3つ先の駅で下りて、変なことをやらなければいけないとか)おもしろい旅をずっとやってきている人だから、話はおもしろいはず。
ご希望の方はご連絡ください。

関連記事

no image

タマキングのおそるべき深化

早く紹介せねば!と思いながら、もう発売から二週間近くが過ぎてしまった。でも、まだ買っていない人もたく

記事を読む

no image

ぐにゃぐにゃ

「未確認思考物隊」の第9回「都市伝説」と「超能力」の収録に出る。 「魔法使いアキット」さんという、名

記事を読む

no image

メモリークエスト依頼者面談、開始!

都内の某高級ホテルのラウンジで、幻冬舎「メモリークエスト」の面談を始めた。 集まった依頼の中で「これ

記事を読む

no image

『ワセダ1.5坪青春記』、出版間近?!

『ワセダ三畳青春記』の韓国語版カバーなるものが集英社から送られ、驚く。 マジで出版する気らしい。

記事を読む

no image

残念な人

話題の『KAGEROU』の発売日にポプラ社の編集者にたまたま会い、一冊もらったので 昨日読んだ。 内

記事を読む

no image

罠、二つ

「Amazon.co.jpで、以前に××の本をチェックされた方に、このご案内をお送りしています」と

記事を読む

no image

『辺境の旅はゾウにかぎる』

ここで書いたかどうかもう忘れてしまったが、 6月に『辺境の旅はゾウにかぎる』(本の雑誌社)という本

記事を読む

no image

のぐそ界のイチロー

日曜日、キノコ写真の第一人者にして、野糞の達人である伊沢正名さんと西荻でお会いする。 伊沢

記事を読む

no image

ダチョウ力

J-WAVE「Classy Cafe」という番組の収録。 いつものようにナビゲーターの質問にてきとう

記事を読む

no image

相模原の秘境

取材で相模原の郊外へ行く。 畑の中にポツンとあるちっぽけな施設に、すごい人物がいた! ほんとうに凄い

記事を読む

Comment

  1. よっしぃ より:

    どうも
    一部の方はお久しぶりです
    mixiの管理人の吉松です。

    このエントリーで呼びかけられたイベントに
    ぜひ立候補したいと思います!
    場所も時間も未定ですが!
    多分早稲田界隈です

    ただMIXIは最近サボり気味、
    なのでFACEBOOKでやりとりしましょう。
    使い方がよくわからないけど、グループを作りました。
    http://www.facebook.com/groups/594961793865231/

    ちなみに、私は吉松史章
    http://www.facebook.com/yossy.fumi1

    同姓同名もいるから気をつけて
    MIXI高野コミュの件で、と言われれば
    様々承認します

    mixi上でもいいので
    参加意向を聞かせてください
    大体の人数読みをしたいと思います

    時は来た!それだけだ!!

    万国の高野ファンよ、団結せよ!

  2. タツ より:

    先ほどヤフージャパンのトップページに『港にラクダの大群』という写真があり、「まさかソマリアの話じゃないよなぁ」と思って見てみると、出てきた記事はまさにそうでした!
    『アフリカ東部ソマリアの首都モガディシオの港で、埠頭(ふとう)を埋め尽くすラクダの大群。ここから中東サウジアラビアへ、船で輸出される=8日』ということだそうです。

    ソマリ本を読んだ今まさにタイムリーだっただけに思わず書いてしまいました(笑)
    現地に行った人の話はやはり本当なんですね~。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 「清水さんはエッセイも一級品」と書くつもりだったのに、「清水さんのエッセイは一級品」と書いてしまった。これでは他の仕事が一級品じゃないみたいだ。もちろん全部一級品ですよ、すみません! ReplyRetweetFavorite
    • 清水さんはエッセイは一級品。読みやすい文章に誘われて、中世の人の息づかいを感じることができる。「スマホを手繰る」という斬新な表現にも感嘆した。蕎麦か!? ReplyRetweetFavorite
    • 私と対談本を出している歴史家の清水克行さんが「小説新潮」(9月号)にて「アナーキー・イン・ジャパン」なる新連載を始めた。同誌では私も「謎の未確認納豆を追え」という連載を行っており今月号は「西アフリカのハイビスカス納豆」。二人とも「それ、どうよ?」というタイトルだ…。 ReplyRetweetFavorite
    • 私はニュースの素材になるような取材をしていないから、そういうことをやっている人を尊敬するという意味です。 ReplyRetweetFavorite
    • 「人が表現者として世に出るのに必要なのは才能と運と継続」もけだし名言。 ReplyRetweetFavorite
    • 本棚で別の本を探していたら、大槻ケンヂ著『いつか春の日のどこかの町へ』(角川文庫)が目に留まり思わず再読してしまった。しみじみと明るく切ない名作。オーケンさんは大人になれない大人の話を書かせたら天下一品だ。 ReplyRetweetFavorite
    • 電車の中で親しげに「おう!」と声をかけてきた人がいて、誰かと思ったら弟だった。生きてたんだな、弟。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年8月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑