*

驚嘆のユーゴ・サッカー三部作

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


山田先輩は四万十に帰ってしまいサッカーファン強化合宿は終了してしまったが、
その後も自主練はつづいている。
サッカー本も読み漁っている。
金子達仁『秋天の陽炎』『28年目のハーフタイム』(文春文庫)も面白かったし、
木崎伸也『サッカーの見方は1日で変えられる』(東洋経済)もサッカーファンを目指すものにとってかゆいところに手が届くような内容だった。
だが、私にとって最大の衝撃は木村元彦(ゆきひこ)のユーゴ・サッカー三部作だ。
現名古屋グランパス監督の「ピクシー(妖精)」ことドラガン・ストイコビッチの
天才ぶりと苦難を描いた『誇り』(集英社文庫)。
ストイコビッチ全盛期にユーゴ代表監督をつとめたイビツァ・オシムの
素晴らしい人間性を描き、「あー、この人が代表監督をやっていたら…」と
読む者を絶叫させずには済まない『オシムの言葉』(集英社インターナショナル)。
そして、ユーゴのサッカーに魅せられたあまり、セルビア(旧ユーゴの中心民族)が
なぜ、いかにして「悪者」にしたてあげられていったのか、現実はどうなのかを
現場で徹底的に取材した『悪者見参』(集英社文庫)。
三作すべてが傑作だが、私は中でも『悪者見参』に驚嘆した。
ノンフィクションとして超一流、それこそワールドクラスである。
木村さんがもしサッカー選手だったら、すぐにバルセロナやマンチェスター・ユナイテッドからオファーがくるだろう。
この本が売れているというのも驚きだ。
だってガチガチのハードノンフィクションである。
そこら中に「難民」「虐殺」「空爆」「憎しみ」という言葉があふれ、
人名はみんな「なんとかビッチ」だし、地名も民族名も耳慣れず、しかも情勢はひじょうに
複雑。それをはしょることなく、すべて事細かに書き記している。
なのに、一般の人もすらす読めてしまうのは、やっぱり中心にあるのがサッカーだからだろう。
サッカーはエンターテイメントだから、サッカーについて書かれたノンフィクションは
どんなに難しくてもエンタメノンフなのだ。
そして、木村さんは熱血漢ながら、要所要所にユーモアがある。
セルビア語・クロアチア語では「そんなの屁のかっぱだよ」というところを
「マンコの煙」というとか、かつてレアル・マドリードをチャンピオンズリーグ優勝へ導いたストライカー、プレドラグ・ミヤトビッチを愛する地元サポーターが
「へい、ミヤト、俺はおまえのペニスだってくわえることができるぜ」という
歌詞の応援歌をつくって熱唱していたなんて話も出ていて、たいへん勉強になるし、
なにより現場の雰囲気が伝わってくる。
いや、ほんとうに脱帽、メッシもびっくりの超絶ノンフィクションだった。

関連記事

no image

世界はまだまだ広く、日本人にもスゴイ人たちがいる

まずはお詫びから。 『謎の独立国家ソマリランド』で2ヵ所誤りが見つかった。 正確に言えば、知

記事を読む

no image

人は夢だけでは生きて行けない

かすれ声のまま、大学へ。 幸いマイクがかろうじて音を拾ってくれていたが、 声は突然、完全ストップす

記事を読む

no image

NHKの仕事でまたミャンマー

(撮影:森清、『西南シルクロードは密林に消える』より) ※こんな映像が撮れればいいのだが…    

記事を読む

no image

戦国時代のインスタント味噌汁

料理雑誌「danchu」の取材で奈良在住の料理研究家の先生を訪ねる。 戦国時代からあるインスタント味

記事を読む

no image

IT2013年問題

私の新しい趣味について、いろいろな提案をいただき、ありがとうございます。 特にいくつかはひじょうに

記事を読む

no image

クンサー死去

 韓国へ行っている間だったため知らなかったが、 「元・麻薬王」ことクンサーが死んだそうだ。  私は

記事を読む

no image

佐藤圭作監督『人間椅子』

私の学生時代からの数少ない探検部以外の友人である佐藤圭作が、 今度、商業映画監督としてデビューする

記事を読む

no image

「人類最高の食品」、それはカロリーメイト

 先日、ヤングチャンピオン誌で連載している辺境バカ話コラムで、「背徳のカロリーメイト」というのを書い

記事を読む

no image

『腰痛探検家』韓国マンガ版?

韓国語版『腰痛探検家』のレビューは、読者の方々があっという間に正確に翻訳してくれた。 高野本の読者

記事を読む

本当の本物は深海で弾ける

いろんなことがありすぎて、ブログを書く暇がない。 ここ数日の出来事を簡単に羅列してみましょう。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 「清水さんはエッセイも一級品」と書くつもりだったのに、「清水さんのエッセイは一級品」と書いてしまった。これでは他の仕事が一級品じゃないみたいだ。もちろん全部一級品ですよ、すみません! ReplyRetweetFavorite
    • 清水さんはエッセイは一級品。読みやすい文章に誘われて、中世の人の息づかいを感じることができる。「スマホを手繰る」という斬新な表現にも感嘆した。蕎麦か!? ReplyRetweetFavorite
    • 私と対談本を出している歴史家の清水克行さんが「小説新潮」(9月号)にて「アナーキー・イン・ジャパン」なる新連載を始めた。同誌では私も「謎の未確認納豆を追え」という連載を行っており今月号は「西アフリカのハイビスカス納豆」。二人とも「それ、どうよ?」というタイトルだ…。 ReplyRetweetFavorite
    • 私はニュースの素材になるような取材をしていないから、そういうことをやっている人を尊敬するという意味です。 ReplyRetweetFavorite
    • 「人が表現者として世に出るのに必要なのは才能と運と継続」もけだし名言。 ReplyRetweetFavorite
    • 本棚で別の本を探していたら、大槻ケンヂ著『いつか春の日のどこかの町へ』(角川文庫)が目に留まり思わず再読してしまった。しみじみと明るく切ない名作。オーケンさんは大人になれない大人の話を書かせたら天下一品だ。 ReplyRetweetFavorite
    • 電車の中で親しげに「おう!」と声をかけてきた人がいて、誰かと思ったら弟だった。生きてたんだな、弟。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年8月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑