*

書店員の書いたプロレス&格闘技ミステリに感涙

公開日: : 最終更新日:2013/03/06 高野秀行の【非】日常模様


大阪の書店でトークイベントを行ったとき、すごく変わった人に出会った。
書店員なのだが作家でもあるという。
しかも、プロレスと格闘技をテーマにしたミステリを書いているという。

ええーっ!という感じだ。

私は、かつてプロレスと格闘技に熱中し、ミステリファンでもある。
プロレスをテーマにしたミステリはないことはないが、実に少ない。
それを専門に何冊も書いている作家なんて聞いたこともなかった。

「ここで売ってますか?」と訊くと、ご本人が案内してくれた。
著者に案内されてその人の著書を本屋で買うというのはすごく変な感じだ。
しかもその人は文芸担当。つまり自分で自分の本を並べて売っているのだ。書店で。
自称作家が道端で自著を売っているのとはわけがちがう。

ご本人も「自分で自分の本を棚に並べたり、注文を出したりするのは恥ずかしい」と言っていたので
笑ってしまった。
たしかに、そんな人は日本広しといえどもこの人しかいないんじゃないか。

さて、読み始めるともう止まらない。
プロレス&格闘技ファンのツボを突きまくった内容だからだ。

正体不明のマスクマンらしき男が殺されたが、いかんせん正体が不明なので身元がさっぱりわからないとか、
ヒクソン・グレーシーをモデルにしたとおぼしき「世界最強の男」が控え室で誰かに素手で殺されたが、
世界最強の男を誰が一体殺せるのかとか、
嬉しくて口元がふふふと緩んでしまう。

正直、私には本書の客観的な評価はできない。
でも解説では『イニシエーション・ラブ』のヒットで知られるミステリ作家・乾くるみが
「私はプロレスにも格闘技にも一切興味はないが、本格ミステリとしてこの著者はすごくセンスがいい」と具体的に例を挙げて
褒め称えているところをみると、非プロレス&格闘技ファンにも十分おもしろいようだ。

全国の(元)プロレス&格闘技ファンのみなさん、伯方雪日『誰もわたしを倒せない』(創元推理文庫)をぜひお試しあれ!

          ☆             ☆             ☆

『謎の独立国家ソマリランド』、おかげさまで増刷になった。
Amazonのランキングでも急上昇し、今200位くらいだ。
ソマリランドの本が日本でが売れているとわかったら、世界中が驚くだろうなあ。

関連記事

no image

館山で昼寝

ぶらっと東京湾フェリーに乗って館山に行ってみた。 船の中でビールを飲んだら眠くなり、館山駅近くの小

記事を読む

no image

クリント・イーストウッドとモン族

一年ぶりにTSUTAYAでDVDを借りて、観た。 ウチザワ副部長がかつてブログで絶賛していたクリン

記事を読む

no image

東電に勇気と可能性をもらった

昨日、友人のワタル社長に驚くべき話を聞いた。 東電は今、人手が足りないのか、会社自体が混沌としている

記事を読む

no image

芥川賞受賞の衝撃作

あまりに評判がいいので、磯崎憲一郎『終の住処』(新潮社)を読んでみたら、 衝撃を受けた。 こ、これ

記事を読む

no image

我が言い訳

昨日、なんと今月5度目の神楽坂詣で。 やっと「移民の宴」4回目の取材が終わった。 明後日までに原稿を

記事を読む

no image

読書がすすむ

最近ずっと、あまり実にならない取材が続いている。 西へ東へうろうろしているが成果はこれといって、な

記事を読む

no image

新しい探検部の部室とゴリラ

第5回目の上映会が早稲田大学の学生会館で行われた。 数年前に建てられたわりと新しい建物だ。 この新

記事を読む

no image

写真家・後藤修身の撮ったパキスタン北部辺境

先日、パキスタン北部のフンザ周辺の話を書いたら、反響が大きくてちょっと驚いた。 コメントの他にもメ

記事を読む

no image

ディアスポラ

エンタメ・ノンフ作家は彷徨うことが宿命づけられている。 本人もそうだが、著書はもっと。 書店に棚がな

記事を読む

no image

大家のおばちゃんには誰も勝てない

日曜日、「野々村荘」の大家のおばちゃん宅で宴会をした。 久しぶりに会うおばちゃんは齢83という高齢で

記事を読む

Comment

  1. キノコハンター より:

    ソマリランド、ようやく読了しました。ひじょうに面白かったです。
    増刷おめでとうございます。トータルでしっかり黒字になることを祈ってます。
    この本の潜在的な読者は欧米にも多いと思うので、英語でも出版したら、結構売れると思います。

  2. 高野 秀行 より:

    キノコハンターさん、ありがとうございます!
    英語は訳してくれる人がいないので難しいんです。
    たぶん、この本だと、全訳300万円くらいかかってしまいます。
    それから出版社に持ち込んで営業…という気の遠くなるような過程が待ってます。

    世界は欧米圏でぐるぐる回っているだけで、まだまだ遅れてますよね。

  3. 伯方雪日 より:

    ご紹介いただきありがとうございます!
    この他に、「死闘館」(東京創元社)、「ガチ! 少女と椿とベアナックル」(原書房)が出ています。よろしくお願いします!

  4. 民之助 より:

    この作家は人生が格闘の様相。

    かなり面白かったですね。格闘技あんまり見ないですが、
    それでものめり込みましたよ!。
    その後格闘技に興味持っちゃって、CSとかでチャンネルザッピングして
    格闘技番組とか見ちゃってます・・・。
    伯方雪日さん、新作も出ているので結構ネットでも盛り上がってますね。
    伯方さんを解説するサイトまで見つかってしまいました。
    http://www.birthday-energy.co.jp/

    どうやら今後こそ格闘して生きていく様です。
    何に格闘するかは、ちょっと分からないんですけどね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2019年5月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑