*

となりのツキノワグマ

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


ツバルが沈まなくて驚いたばかりだが、
またしても環境問題の常識が覆される本を見つけた。
宮崎学『となりのツキノワグマ』(新樹社)
この前会った関野吉晴さんや望月昭さんは当然のように名前を知っていたが、
動物の死体やカラスの巣など、ふつうの写真家とはちがう目線で動物の生(なま)の姿を追っているフォトグラファーらしい。
土門拳賞も受賞しているから、知られざる凄い人じゃなく、
私が知らなかっただけで、もう有名な人のようだ。
宮崎さんによれば本州ではクマが増えまくっているという。
理由は環境が大幅に改善されたこと。
今、日本の山はよく「人の手が入ってなくて荒れている」とか「緑の砂漠」などと言われるが、それは林業という経済面からだけであり、
多種多様な植物が生い茂り、動物にとって最高に住みやすい環境になっている。
そう、生物多様性が豊富になっているというのだ。
「日本では森がなくなり、クマの居場所がなくなって彼らは里に下りてくるようになった」と、しばしば耳にするが、本書を読む限り、どうやらそれも怪しいというか、間違いのようだ。
まあ、それはともかく、凄い本ですよ、これ。
クマが百年後の子孫のために、樹を傷つけるという話には仰天した。
本当だとすると、生物学や進化論にも影響しそうな説だ。

関連記事

no image

イスラム飲酒講演会

昨日は講演が2つ連チャンであった。 一つは午後、小田急線の鶴川にある和光大学。 主にフィリピンや在日

記事を読む

no image

すばらしき未知動物対談

作家の宮部みゆきさんと対談した。 テーマはずばり「未知動物」。 宮部さんはネッシーをはじめとする未知

記事を読む

no image

また未知動物

磯崎憲一郎の第二弾、『世紀の発見』(河出書房新社)。 帯の惹句によれば 「ガルシア=マルケス『百年

記事を読む

no image

正月には柳昇師匠がよく似合う

ここ数日、なんだか正月のような気がしてならない。 そう言うと妻に「は?」と呆れられたが、寒くて晴れて

記事を読む

no image

いいちこ伝説

コピーライターをしている友人夫妻と焼肉を食う。 酒は「いいちこ」のお湯割り。 友人によれば、「いいち

記事を読む

no image

日本の冬

会社員を辞めて山岳ガイドになった後輩と一緒に箱根の山を歩いた。 ただ普通に山歩きをするだけのつもり

記事を読む

no image

「激しくおもしろいブログ100」

 先週、突然見知らぬ人からメールが来た。 「あなたのブログは『激しくおもしろいブログ100』に選ばれ

記事を読む

no image

このくだらない本がすごい!

正月早々、高橋秀実『はい、泳げません』(新潮社、現在は文庫も出ている)を再読。 超カナヅチの秀実さ

記事を読む

no image

辺境読書が終了

「本の雑誌」で連載していた「辺境読書」が今週発売の号で ついに最終回。 ラストは「私の座右の書」の紹

記事を読む

no image

私の目は節穴

前からうすうす気づいていたことだが、この度私の目が節穴だということが判明した。 なぜなら茂木大輔『

記事を読む

Comment

  1. HOGEHOGE より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.1.10) Gecko/20100504 Firefox/3.5.10
    「森が荒れる」って言葉自体に違和感があります。
    「森」が原生林(天然林)なのか人工林なのかで全然話が違ってくるのに
    素人にはどっちの森の話なのかわかりにくいんですよね。
    「荒れる」って言われると、素人としては生物が住みにくいことを
    想像しちゃうことも、違和感の原因です。荒れる内容にも
    よるでしょうけど。

  2. アジケト より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; OfficeLiveConnector.1.3; OfficeLivePatch.0.0; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    Hogehogeさんに一票。
    ほんとにそうですよね。
    手が入らずに荒れるのは人工林ですから。
    保全する優先順位は原生林が一番だと思います。
    里山なんかは後回しで(笑)。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2022年1月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑