*

となりのツキノワグマ

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


ツバルが沈まなくて驚いたばかりだが、
またしても環境問題の常識が覆される本を見つけた。
宮崎学『となりのツキノワグマ』(新樹社)
この前会った関野吉晴さんや望月昭さんは当然のように名前を知っていたが、
動物の死体やカラスの巣など、ふつうの写真家とはちがう目線で動物の生(なま)の姿を追っているフォトグラファーらしい。
土門拳賞も受賞しているから、知られざる凄い人じゃなく、
私が知らなかっただけで、もう有名な人のようだ。
宮崎さんによれば本州ではクマが増えまくっているという。
理由は環境が大幅に改善されたこと。
今、日本の山はよく「人の手が入ってなくて荒れている」とか「緑の砂漠」などと言われるが、それは林業という経済面からだけであり、
多種多様な植物が生い茂り、動物にとって最高に住みやすい環境になっている。
そう、生物多様性が豊富になっているというのだ。
「日本では森がなくなり、クマの居場所がなくなって彼らは里に下りてくるようになった」と、しばしば耳にするが、本書を読む限り、どうやらそれも怪しいというか、間違いのようだ。
まあ、それはともかく、凄い本ですよ、これ。
クマが百年後の子孫のために、樹を傷つけるという話には仰天した。
本当だとすると、生物学や進化論にも影響しそうな説だ。

関連記事

no image

書店員の書いたプロレス&格闘技ミステリに感涙

大阪の書店でトークイベントを行ったとき、すごく変わった人に出会った。 書店員なのだが作家でもあ

記事を読む

no image

螺旋

たまにはガイブン(外国文学)が読みたくなり、サンティアーゴ・パハーレスの『螺旋』(ヴィレッジブック

記事を読む

no image

花のズボラ飯

久住昌之原作、水沢悦子画『花のズボラ飯』(秋田書店)を読む。 グルメ漫画を読んで、共感したのも初め

記事を読む

no image

残念な人

話題の『KAGEROU』の発売日にポプラ社の編集者にたまたま会い、一冊もらったので 昨日読んだ。 内

記事を読む

no image

知られざる名作がまた一つ

桜栄寿三『蝸牛の鳴く山』(藤森書店)を読む。 先日お会いした作家の古処誠二さんが「すごくいい本です

記事を読む

帰国しました&怪談本

ミャンマー納豆取材旅行を終え、金曜日に帰国した。いつもは誰も知らないものを探す私だが、今回は「誰もが

記事を読む

no image

珍しく円城塔氏と気があった、と思ったのだが……「本の雑誌」上半期ベスト1特集

「本の雑誌」8月号が届いた。今回の特集は「2012年上半期ベスト1」で、私も書いている。題して「超人

記事を読む

no image

エチオピアへ

突然ながら、6月1日より30日まで一ヵ月間、 アフリカ方面に出かけることした。 行き先は未定だが、と

記事を読む

no image

「同志」タマキンさんに会う!

宮田珠己ことタマキング(逆か)と会う。 タマキンさんの『52%調子のいい旅』が幻冬舎文庫から出ること

記事を読む

no image

未確認思考物隊の新テーマ

保江邦夫『武道VS物理学』(講談社α新書)はあまりに凄い本だった。 癌を患ったひょろひょろの世界的

記事を読む

Comment

  1. HOGEHOGE より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.1.10) Gecko/20100504 Firefox/3.5.10
    「森が荒れる」って言葉自体に違和感があります。
    「森」が原生林(天然林)なのか人工林なのかで全然話が違ってくるのに
    素人にはどっちの森の話なのかわかりにくいんですよね。
    「荒れる」って言われると、素人としては生物が住みにくいことを
    想像しちゃうことも、違和感の原因です。荒れる内容にも
    よるでしょうけど。

  2. アジケト より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; OfficeLiveConnector.1.3; OfficeLivePatch.0.0; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    Hogehogeさんに一票。
    ほんとにそうですよね。
    手が入らずに荒れるのは人工林ですから。
    保全する優先順位は原生林が一番だと思います。
    里山なんかは後回しで(笑)。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : 幻のアフリカ納豆を追え 高野秀行、新潮社 納豆で366頁!しかも面白い。単なる珍しい納豆の紹介ではなく、その地の食文化や歴史も考察する。前作「謎のアジア納豆」のほうが科学的?と思っていたら「納豆菌ワールドカップ」から、つるまめ納豆で縄文… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 旅人として尊敬する高野秀行さんの著書読了。素晴らしい内容!徹底した現場主義は勉強になります。 個人的には、納豆の世界とかつて調べたゴマの世界に関係性を感じゾクゾクしてきました。今度南米に行ったら・・・ ちなみに私は納豆NGです。笑 http… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行『幻のアフリカ納豆を追え!』面白かった。 前作『謎のアジア納豆』のほうが読んでいて面白かったかなと思ったけど、アフリカフィールドワークの描写の面白さ、紹介される納豆の多彩さなど実に面白い。最後に開陳されるサピエンス納豆仮説の壮大さも素晴らしい。 ht… ReplyRetweetFavorite
    • 健ちゃんは幼なじみだから容赦ない。しょっちゅう、「秀ちゃんはほんとにダメだな!」とよく叱られている。ゲストで登場したら、またダメ出しの嵐を食いそう…。ヤバいことを言われなきゃいいが…。 https://t.co/GjMZORwe3K ReplyRetweetFavorite
    • 「健ちゃん」は私の幼なじみ。技術者として味の素株式会社に入社、ナイジェリアに商品開発担当として赴任した。彼が目をつけたのはアフリカ納豆(?)の「ダワダワ」。私は彼に呼ばれてナイジェリアへ飛び、40年ぶりに再会してしまった…。「20… https://t.co/qTcqnDtiOn ReplyRetweetFavorite
    • 自分の本は抜きにしても、紀伊國屋新宿店はいい。2Fにちゃんと「ノンフィクション」の棚があり、しかも国内・海外両方が収められている。社会問題・旅・各国事情に収まらない「ノンフィクション」としか言えない本がたくさんあるのだから。個人的… https://t.co/ZX1myE9Anw ReplyRetweetFavorite
    • 半年ぶりぐらいに紀伊國屋書店新宿本店に行ったら、『幻のアフリカ納豆を追え!』が巨大に展開されていて驚いた。こんな時代が来るとは…。いや、ありがたいことです。 ReplyRetweetFavorite
  • 2020年9月
    « 3月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
PAGE TOP ↑