*

酒飲み書店員大賞、韓国進出!

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

韓国のエージェントの人から聞いて初めて知ったのだが、
『ワセダ1.5坪青春記』の帯に(韓国の本にも帯がある)
「第一回 酒飲み書店員大賞受賞!」といちばん大きく記されていると聞き、びっくり。
ハングルが読めないから、知らなかった。
一般日本人にも「何のこと?」という反応が多いのに、
いきなり海を渡ってしまったのか、
酒飲み書店員大賞。
しかもけっこう評判がいいらしい。
これから世界では「日本の本なら直木賞より酒飲み書店員大賞だ!」という時代が来るかもしれない。
次は台湾進出だな。

関連記事

no image

私の名は「ヒダヤットゥラー高野」

昨日のカロメに続き、連日のサプライズである。  数日前、在日外国人関係の取材で、在日パキスタン協会の

記事を読む

no image

鼠にも刺青を彫る?!――『バタス 刑務所の掟』

藤野眞功『バタス 刑務所の掟』(講談社)を今頃読んだ。2010年に出たとき、本屋で立ち読みしたが、な

記事を読む

no image

藤波辰爾の驚くべき腰痛秘話

『藤波辰爾自伝』(草思社)がなぜか版元から送られてきたので、 即読んだ。  あまりにも意外性のない

記事を読む

no image

船戸与一は不死身

日本冒険小説協会の内藤陳会長が昨年末に亡くなり、その追悼イベント 「内藤陳帰天大宴会」というものが行

記事を読む

no image

トラックバック?

トラックバックというのがどうもイマイチよくわからないのだが、チャレンジしてみたくなった。 というの

記事を読む

no image

だめだめスウェーデン刑事小説

ヘニング・マンケル『殺人者の顔』(創元推理文庫)を読む。 「スウェーデンが世界に誇る警察小説シリー

記事を読む

no image

「アフリカにょろり旅」

今、発売されている「本の雑誌」(雨合羽潜水号)の連載(「高野秀行の辺境読書」)で、こんな本をとりあげ

記事を読む

no image

2009年の小説ベスト1

ここんところ仕事で行き詰っているのに、いや、だからこそ、 大作の小説を読んだ。 アミタヴ・ゴーシュ

記事を読む

no image

横領ニモ負ケズ

私の行くところトラブルありと人は言う。 今回もでっかいトラブルが起きた。 よりにもよって『メモリー

記事を読む

no image

妻が小学館ノンフィクション大賞受賞!

思いがけない事態が起きた。 私と同じくフリーのライターである妻・片野ゆかが今年度の小学館ノンフィクシ

記事を読む

Comment

  1. 高坂 より:

    AGENT: Opera/9.01 (Windows NT 5.1; U; ja)
     酒飲み書店員事務局長の高坂です。
     酒飲み書店員大賞が韓国進出ですか?高野さん以上にビックリです!!
    ところで、「千葉界隈の酒好き書店員が集まって勝手に決めている…」
    って説明が入っているんですかね?
    それが無いと、あちらの方々に「日本の書店員は皆酒好きだ」と
    誤解されるんじゃ…大丈夫かな?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2020年8月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑