*

藤沢周平症候群にお悩みの方へ

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


前にも書いたが、長年私は深刻な藤沢周平症候群にかかっている。
この病気にかかると藤沢周平以外の時代小説を受け付けなくなる。
それがどんなに良質のものであってもだ。
とくに最近は時代小説家自体が藤沢周平の影響を受けた人が多く、
ますますダメである。
なにしろ藤沢周平に似ていて、藤沢周平度は当然本家より薄いわけだから、
今までキリンクラシックかエビスを飲んでいたのが、どうしてわざわざ「のどごし生」とかを飲まなきゃいけないんだ!みたいな気持ちになる。
そんな中、ふとしたきっかけで、犬飼六岐『吉岡清三郎貸腕帳』(講談社文庫)を買って読み始めたら、意外なことに止まらなくなって、最後まで読み切ってしまった。
藤沢周平以外の時代小説を最後まで読んだのはずいぶん久しぶりな気がする。
犬飼六岐という人をうかつにも全然知らなかったのだが、構成も文章もひじょうにうまい。
だがなにより、主人公が藤沢周平とかけ離れているのがいい。
一言でいえば、ブラックジャックの剣客版である。
カネをもらえば、どんな悪人が依頼者だろうが、どういう非倫理的な仕事だろうが、請け負う。
その代わり、気に入らなかったら、どんな大金を積まれてもやらない。
腕はめっぽういい。天才である。
もちろん、ピノコ役のヒロインみたいな娘と同居している。
ただし、関係性はひじょうに冷たい。
互いに憎み合っている…。
ここまで藤沢周平から遠いと比較にもならない。
だが、読み心地は悪くなく、その世界から離れられなくなる。
世にゴマンといると思われる同じ病気の人は、ぜひ本書をお試しいただきたい。

関連記事

no image

刀魚

昨晩は「銭形金太郎」でノノさんを見た。 まあ、そこそこ面白かったが、本人を知る者にとっては物足りな

記事を読む

no image

なんといってもインド

ちょうど映画「スラムドッグ・ミリオネア」がアカデミー賞を受賞した日に その原作であるヴィカス・スワ

記事を読む

no image

ダイエットとヒナゴン

数日前、妻・片野ゆかが出版した新刊『ダイエットがやめられない 日本人のカラダを追及する』(新潮社)を

記事を読む

no image

ボロボロのデビルマンみたいなやつ

月曜日、ヒストリーチャンネルの取材が終わったあと、 探検部の現役学生3名と飯を食う。 うち二人はニュ

記事を読む

no image

判断能力の急激な低下

うーん、参った。 内澤さんの話、何も問題なかったのか。 これでは私がただ赤っ恥をかいただけではない

記事を読む

no image

驚嘆のユーゴ・サッカー三部作

山田先輩は四万十に帰ってしまいサッカーファン強化合宿は終了してしまったが、 その後も自主練はつづい

記事を読む

no image

ブータンと提携した男

上智大学の対談講義にも来ていただいた マレーシア在住のジャングルマニアの二村聡さんが産経新聞で紹介さ

記事を読む

no image

野菜を洗剤であらう

忘れていたことをまたいくつか。 昨日(水曜日)、毎日新聞夕刊の「新・幸福論」という欄で私のインタビュ

記事を読む

no image

ブログとツイッター

半年ほど前、誰かに誘われてツイッターを始めたものの、使い方がよくわからないうえ、 面倒くさくなって放

記事を読む

no image

寒波と猛暑

フランスに亡命したルワンダ人の友人のところに母国から家族が到着した。 奥さんと娘が移住を認められたの

記事を読む

Comment

  1. 高野症候群 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X 10_5_6; ja-jp) AppleWebKit/525.27.1 (KHTML, like Gecko) Version/3.2.1 Safari/525.27.1
    それは、高野本を知ってしまった人も一緒です。
    出版されてるのを全部読んでしまうと、
    枯渇のあまり、他の人が書いた似たような辺境本に
    次々手を出し、たいていは面白さほどほどで、
    ああ、高野、早く次の出せよ。となるのです。

  2. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0; WOW64) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Chrome/12.0.742.91 Safari/534.30
    これはどうも恐れ入りました…。
    そうと聞けば、少しは仕事をしなきゃいかんなという気持ちになりますね。
    今からドトールに出勤します!

  3. 野浪 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Chrome/12.0.742.100 Safari/534.30
    google alarm ”藤沢周平” がこのブログの存在を教えてくれました。
    犬飼六岐を紹介していただいて、ありがとうございました。
    まだ吉岡清三郎貸腕帳と桜下の決闘だけを読んだだけですが、
    場面転換や物思いに耽る時に、風景が描写されるところが似ています。藤沢周平作品より風景描写の頻度も量も多いと感じます。
    剣技が描写されるところが似ています。
    似ていないのは、
    吉岡清三郎という視点人物の心理描写を使った[語り」だけで、語り手の[語り」がない点です。だから語りの饒舌・露悪にブレーキがかからないのかもしれません。
    色模様がない点。「おさえ」は「佐知」になるんだろうか?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年3月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑