*

藤沢周平症候群にお悩みの方へ

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


前にも書いたが、長年私は深刻な藤沢周平症候群にかかっている。
この病気にかかると藤沢周平以外の時代小説を受け付けなくなる。
それがどんなに良質のものであってもだ。
とくに最近は時代小説家自体が藤沢周平の影響を受けた人が多く、
ますますダメである。
なにしろ藤沢周平に似ていて、藤沢周平度は当然本家より薄いわけだから、
今までキリンクラシックかエビスを飲んでいたのが、どうしてわざわざ「のどごし生」とかを飲まなきゃいけないんだ!みたいな気持ちになる。
そんな中、ふとしたきっかけで、犬飼六岐『吉岡清三郎貸腕帳』(講談社文庫)を買って読み始めたら、意外なことに止まらなくなって、最後まで読み切ってしまった。
藤沢周平以外の時代小説を最後まで読んだのはずいぶん久しぶりな気がする。
犬飼六岐という人をうかつにも全然知らなかったのだが、構成も文章もひじょうにうまい。
だがなにより、主人公が藤沢周平とかけ離れているのがいい。
一言でいえば、ブラックジャックの剣客版である。
カネをもらえば、どんな悪人が依頼者だろうが、どういう非倫理的な仕事だろうが、請け負う。
その代わり、気に入らなかったら、どんな大金を積まれてもやらない。
腕はめっぽういい。天才である。
もちろん、ピノコ役のヒロインみたいな娘と同居している。
ただし、関係性はひじょうに冷たい。
互いに憎み合っている…。
ここまで藤沢周平から遠いと比較にもならない。
だが、読み心地は悪くなく、その世界から離れられなくなる。
世にゴマンといると思われる同じ病気の人は、ぜひ本書をお試しいただきたい。

関連記事

no image

小説の強烈な引き

麻雀やカードゲームと同じように、読書も「引き」が強いときと弱いときがある。 引きが強いときには、て

記事を読む

no image

サッカーの敵

「本の雑誌」バックナンバーのサッカー本特集のコピーを杉江さんに送ってもらい、 それにしたがってサッ

記事を読む

no image

なかなか出発できない件について

悪戦苦闘の挙げ句、『移民の宴』は無事校了。予定通り11月15日に発売される。 旅の準備も今よう

記事を読む

ムエタイのちチュニジア飲酒紀行

3,4日前に発売になった「ゴング格闘技」7月号で、格闘家・ムエタイ研究家の菱田慶文先生(帝京平成

記事を読む

no image

紀伊國屋書店新宿南口店にてもう一つのトークイベント

渋谷の丸善&ジュンク堂書店でのトークイベントはもう定員に達したようです。 それに行けない方にお知ら

記事を読む

no image

天皇はロマン

どうも体がだるい。 春のせいだろうか。 「歴史観が覆る新・天皇論」という帯コピーに惹かれ、 本郷和

記事を読む

グラスワイン100円!! 超激安隠れ家アフリカレストラン「GOMASABA(ゴマサバ)」

以前、知り合った在日アフリカ人の二人が元浅草にレストランをオープンしたというので、 先週、『移

記事を読む

no image

別ジャンルで2つ上がる

「本の雑誌」2008年1月号が届いた。 2007年度ベスト10に『怪獣記』が6位にランクイン。 昨

記事を読む

no image

小橋ファン、誕生!

暴れん坊の甥っ子(小1)がうちに遊びに来たので、プロレスのDVDを見せてやる。 数年前の三沢光晴V

記事を読む

no image

もう一つのキンシャサの奇跡

映画「ベンダ・ビリリ もう一つのキンシャサの奇跡」を渋谷のイメージフォーラムで見た。 もう一つのキ

記事を読む

Comment

  1. 高野症候群 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X 10_5_6; ja-jp) AppleWebKit/525.27.1 (KHTML, like Gecko) Version/3.2.1 Safari/525.27.1
    それは、高野本を知ってしまった人も一緒です。
    出版されてるのを全部読んでしまうと、
    枯渇のあまり、他の人が書いた似たような辺境本に
    次々手を出し、たいていは面白さほどほどで、
    ああ、高野、早く次の出せよ。となるのです。

  2. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0; WOW64) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Chrome/12.0.742.91 Safari/534.30
    これはどうも恐れ入りました…。
    そうと聞けば、少しは仕事をしなきゃいかんなという気持ちになりますね。
    今からドトールに出勤します!

  3. 野浪 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Chrome/12.0.742.100 Safari/534.30
    google alarm ”藤沢周平” がこのブログの存在を教えてくれました。
    犬飼六岐を紹介していただいて、ありがとうございました。
    まだ吉岡清三郎貸腕帳と桜下の決闘だけを読んだだけですが、
    場面転換や物思いに耽る時に、風景が描写されるところが似ています。藤沢周平作品より風景描写の頻度も量も多いと感じます。
    剣技が描写されるところが似ています。
    似ていないのは、
    吉岡清三郎という視点人物の心理描写を使った[語り」だけで、語り手の[語り」がない点です。だから語りの饒舌・露悪にブレーキがかからないのかもしれません。
    色模様がない点。「おさえ」は「佐知」になるんだろうか?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : 幻のアフリカ納豆を追え 高野秀行、新潮社 納豆で366頁!しかも面白い。単なる珍しい納豆の紹介ではなく、その地の食文化や歴史も考察する。前作「謎のアジア納豆」のほうが科学的?と思っていたら「納豆菌ワールドカップ」から、つるまめ納豆で縄文… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 旅人として尊敬する高野秀行さんの著書読了。素晴らしい内容!徹底した現場主義は勉強になります。 個人的には、納豆の世界とかつて調べたゴマの世界に関係性を感じゾクゾクしてきました。今度南米に行ったら・・・ ちなみに私は納豆NGです。笑 http… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行『幻のアフリカ納豆を追え!』面白かった。 前作『謎のアジア納豆』のほうが読んでいて面白かったかなと思ったけど、アフリカフィールドワークの描写の面白さ、紹介される納豆の多彩さなど実に面白い。最後に開陳されるサピエンス納豆仮説の壮大さも素晴らしい。 ht… ReplyRetweetFavorite
    • 健ちゃんは幼なじみだから容赦ない。しょっちゅう、「秀ちゃんはほんとにダメだな!」とよく叱られている。ゲストで登場したら、またダメ出しの嵐を食いそう…。ヤバいことを言われなきゃいいが…。 https://t.co/GjMZORwe3K ReplyRetweetFavorite
    • 「健ちゃん」は私の幼なじみ。技術者として味の素株式会社に入社、ナイジェリアに商品開発担当として赴任した。彼が目をつけたのはアフリカ納豆(?)の「ダワダワ」。私は彼に呼ばれてナイジェリアへ飛び、40年ぶりに再会してしまった…。「20… https://t.co/qTcqnDtiOn ReplyRetweetFavorite
    • 自分の本は抜きにしても、紀伊國屋新宿店はいい。2Fにちゃんと「ノンフィクション」の棚があり、しかも国内・海外両方が収められている。社会問題・旅・各国事情に収まらない「ノンフィクション」としか言えない本がたくさんあるのだから。個人的… https://t.co/ZX1myE9Anw ReplyRetweetFavorite
    • 半年ぶりぐらいに紀伊國屋書店新宿本店に行ったら、『幻のアフリカ納豆を追え!』が巨大に展開されていて驚いた。こんな時代が来るとは…。いや、ありがたいことです。 ReplyRetweetFavorite
  • 2020年9月
    « 3月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
PAGE TOP ↑