*

藤沢周平症候群にお悩みの方へ

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


前にも書いたが、長年私は深刻な藤沢周平症候群にかかっている。
この病気にかかると藤沢周平以外の時代小説を受け付けなくなる。
それがどんなに良質のものであってもだ。
とくに最近は時代小説家自体が藤沢周平の影響を受けた人が多く、
ますますダメである。
なにしろ藤沢周平に似ていて、藤沢周平度は当然本家より薄いわけだから、
今までキリンクラシックかエビスを飲んでいたのが、どうしてわざわざ「のどごし生」とかを飲まなきゃいけないんだ!みたいな気持ちになる。
そんな中、ふとしたきっかけで、犬飼六岐『吉岡清三郎貸腕帳』(講談社文庫)を買って読み始めたら、意外なことに止まらなくなって、最後まで読み切ってしまった。
藤沢周平以外の時代小説を最後まで読んだのはずいぶん久しぶりな気がする。
犬飼六岐という人をうかつにも全然知らなかったのだが、構成も文章もひじょうにうまい。
だがなにより、主人公が藤沢周平とかけ離れているのがいい。
一言でいえば、ブラックジャックの剣客版である。
カネをもらえば、どんな悪人が依頼者だろうが、どういう非倫理的な仕事だろうが、請け負う。
その代わり、気に入らなかったら、どんな大金を積まれてもやらない。
腕はめっぽういい。天才である。
もちろん、ピノコ役のヒロインみたいな娘と同居している。
ただし、関係性はひじょうに冷たい。
互いに憎み合っている…。
ここまで藤沢周平から遠いと比較にもならない。
だが、読み心地は悪くなく、その世界から離れられなくなる。
世にゴマンといると思われる同じ病気の人は、ぜひ本書をお試しいただきたい。

関連記事

no image

西原理恵子『できるかな クアトロ』

私が「解説」を書いた西原理恵子の『できるかな クアトロ』(角川文庫)が届く。 漫画部分は例によって

記事を読む

no image

純文学とエンタメのあいだ

三崎亜紀『廃墟建築士』(集英社)を読む。 『となり町戦争』『バスジャック』を読んだときにも思ったが

記事を読む

no image

ユーフラテスの旅の落とし穴

昨日やっとこワンに飛んだ。 延々とつづく茶色の香料として山岳地帯を見下ろし、 「こんなところで河下り

記事を読む

no image

biiru no aji

Sakenomi ni totte,atsui kuni de naniyorimo nom

記事を読む

no image

踊るダルビッシュの謎

斉藤祐樹が日本ハムに入団したため、以前にも増してダルビッシュ有のニュースが多い。 で、思い出したの

記事を読む

no image

タマキングはなぜモテる?

土曜日、新宿ネイキッドロフトにて行われたタマキング祭りを見に行った。 私は自分ではイベントにしばし

記事を読む

no image

NHK「きょうのお料理」

立て続けに珍しいインタビューを二つ受けた。 一つは朝日新聞の受験生向けサイト。 テーマはパニック力

記事を読む

no image

仏教の週末

以前、『トルコのもう一つの顔』(中公新書)とその著者である言語学者の小島剛一氏を紹介し、 たしか「

記事を読む

no image

イケメンなのか昆虫なのか

新潮社にて、トレイルランの第一人者・鏑木毅氏と対談。 さらっとした長髪とにこやかな笑みがなんとも魅

記事を読む

no image

ナイロビのカリフォルニアにて

結局、ナイロビ市内は昼前なら歩いても、気をつけさえすれば、 問題ないとわかった。 酒もちゃんと飲んで

記事を読む

Comment

  1. 高野症候群 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X 10_5_6; ja-jp) AppleWebKit/525.27.1 (KHTML, like Gecko) Version/3.2.1 Safari/525.27.1
    それは、高野本を知ってしまった人も一緒です。
    出版されてるのを全部読んでしまうと、
    枯渇のあまり、他の人が書いた似たような辺境本に
    次々手を出し、たいていは面白さほどほどで、
    ああ、高野、早く次の出せよ。となるのです。

  2. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0; WOW64) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Chrome/12.0.742.91 Safari/534.30
    これはどうも恐れ入りました…。
    そうと聞けば、少しは仕事をしなきゃいかんなという気持ちになりますね。
    今からドトールに出勤します!

  3. 野浪 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Chrome/12.0.742.100 Safari/534.30
    google alarm ”藤沢周平” がこのブログの存在を教えてくれました。
    犬飼六岐を紹介していただいて、ありがとうございました。
    まだ吉岡清三郎貸腕帳と桜下の決闘だけを読んだだけですが、
    場面転換や物思いに耽る時に、風景が描写されるところが似ています。藤沢周平作品より風景描写の頻度も量も多いと感じます。
    剣技が描写されるところが似ています。
    似ていないのは、
    吉岡清三郎という視点人物の心理描写を使った[語り」だけで、語り手の[語り」がない点です。だから語りの饒舌・露悪にブレーキがかからないのかもしれません。
    色模様がない点。「おさえ」は「佐知」になるんだろうか?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2020年1月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑