*

大感謝デー

公開日: : 高野秀行の【非】日常模様

金曜日は『謎の独立国家ソマリランド』大感謝デー。

まずは本の雑誌社の杉江さんと一緒に多磨霊園へ行き、集英社の編集者だった堀内倫子さんのお墓参り。
前にもブログに詳しく書いたが、堀内さんは『ワセダ三畳青春記』『異国トーキョー漂流記』など
私の本をいくつも担当し、技術も教えてくれた「プロデューサー」であった。

今回の『謎の独立国家ソマリランド』も、堀内さんから学んだことがなければ技術的に書けなかっただろう。
また『困ってるひと』や『わが盲想』のプロデュースも堀内さんゆずりの編集技術をそのまま応用したもので、
結果的にいえば大野更紗さんやアブディンは彼女の孫弟子みたいなもんだ。

アブディンにいたっては、本人を直に堀内さんに紹介していた。
ネタだしの原稿を読ませたら、「これは本当に金の卵ね」と感激し、その後アブと二人で会ったり電話で話をしたりして
急逝する直前まで企画を進めていた。私への最後のメールもアブの原稿について書かれていた。
アブも『わが盲想』のあとがきで「この本を堀内さんに捧げます」と書いている。

なので、『謎の独立国家ソマリランド』大ヒットと『わが盲想』発売のご報告に行ったのだ。
堀内さんはきっと喜んでくれたと思うが、同時に「高野さん、本が一冊ちょっと売れたからっていい気になってる場合じゃないわよ。
はっきり言ってそんなのヒットのうちに入らないし。早く次の本、書きなさい!!」という叱咤の声も聞こえた。

ちなみに、霊園前の花屋さんのおばさんは、「置き引きや泥棒が多いから注意してくださいね」「ほんとうに危ないから」と
まるでここが南部ソマリアかのように繰り返していたが、特に何もなかった。
40歳すぎて派手なキャップをかぶったオヤジ二人はどう見ても「盗られる側」より「盗る側」に見えたのかもしれない。

昼飯を食ってから本の雑誌社に行き、今度は職人カネコッチと一緒にソマリ映像制作。
イベントや講演会で使えるような写真と映像のセットを遅まきながら作ることにしたのだ。
自分の写真撮影と整理能力のなさ、映像を撮ろうとする意欲の欠如などに深く失望しつつも、
カネコッチのおかげでなんとか叩き台は作ることができた。

そのあと、社長の浜本さん以下主な社員のみなさんと、『謎の独立国家ソマリランド』ヒット記念飲み会。
というか、みんなで打ち上げもやってないので、やっとこれが打ち上げだ。
小さい会社はこういう点がいい。集英社や講談社で、社長から営業、編集が集まり、社内で打ち上げなんてありえない。
辺境ドトールの後援会長Yさんにいただいた福井の銘酒「花垣」のスペシャルバージョン2つを酌み交わす。
一つはこの前紹介した「花垣純米大吟醸拾年古酒」、もう一つは「花垣オーク樽純米大吟醸」。

日本酒を十年も寝かせるとどんな味になるのかと思ったら、ちょっと紹興酒に似た味になっていた。
こちらももちろん旨かったのだが、それを上回ったのがオーク樽純米大吟醸。
純米大吟醸のまとやかな甘みを残しつつ、樽のクールな風味が何とも言えない。

日本酒2本が空になると、今度は水泳のK先輩からいただいた「三鷹キウイワイン」。
三鷹産のキウイから作ったという酸味爽やかな珍品で、
これが濃厚な日本酒を実によく引き継いでくれた。
アルコール度数9度というのも適度で、いつもは日本酒をぱかぱか飲んで最後に撃沈するのだが、
この日は珍しくソフトランディングに成功。
Y会長とKさんに大感謝である。
浜本社長や杉江さんも「ソマリランドがもっと売れたら会社で自転車を買おう!」などと気炎をあげていた。

すっかり幸せな気分に浸り、ほろ酔いで電車に揺られていたら、
「高野さん、こんなことで満足してちゃダメよ!」という堀内さんの声がまた聞こえたのだった。

関連記事

no image

銀河ヒッチハイク・ガイド

 「しばらく新刊を断ち、家にある未読の本を読もう」という“新刊ラマダン”をやっていたが、実はユーフ

記事を読む

no image

ぶったるんでるのか、それとも…

最近どうにも体調がわるい。 3,4年ぶりに腰痛が再発したのを皮切りに、これまた5年ぶりとも6年ぶり

記事を読む

no image

医学界に進出

「週刊医事新報」なる医学雑誌が自宅に届き、何事かと思ったら 私の本が紹介されていた。 神奈川県葉山

記事を読む

no image

内澤旬子と三匹の豚

ジュンク堂新宿店で、宮田珠己部長、内澤旬子副部長とトークショーを行った。 本来、宮田部長が『スットコ

記事を読む

no image

語学オタクが喜ぶ変な辞書

シャン語の辞書がほしくて、ヤンゴンに移住した私のITの師匠Gさんに訊いてみたら、 さっそく足と

記事を読む

no image

インドのビザがとれる

インド謎の怪魚ウモッカ探しだが、いいアイデアは何も浮かばない。現地の漁師に聞いて、網を毎日覗くくらい

記事を読む

no image

リキシャ・アートは語る

バングラの印象といえば、リキシャ。 自転車がひっぱるサイクルリキシャがメインだが、 人間を乗せるだ

記事を読む

no image

となりのツキノワグマ

ツバルが沈まなくて驚いたばかりだが、 またしても環境問題の常識が覆される本を見つけた。 宮崎学『と

記事を読む

no image

カゴの中の鳥のつぶやき

謎の海賊国家プントランドに入ってからもうすぐ一週間。 今は首都のガロウェという町にいる。 滞在し

記事を読む

no image

おすもうさん

相変わらず慌しい日がつづいているが、移動時間や待ち時間も多いため 仕事はできなくても本は読める。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2020年10月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑