*

大感謝デー

公開日: : 高野秀行の【非】日常模様

金曜日は『謎の独立国家ソマリランド』大感謝デー。

まずは本の雑誌社の杉江さんと一緒に多磨霊園へ行き、集英社の編集者だった堀内倫子さんのお墓参り。
前にもブログに詳しく書いたが、堀内さんは『ワセダ三畳青春記』『異国トーキョー漂流記』など
私の本をいくつも担当し、技術も教えてくれた「プロデューサー」であった。

今回の『謎の独立国家ソマリランド』も、堀内さんから学んだことがなければ技術的に書けなかっただろう。
また『困ってるひと』や『わが盲想』のプロデュースも堀内さんゆずりの編集技術をそのまま応用したもので、
結果的にいえば大野更紗さんやアブディンは彼女の孫弟子みたいなもんだ。

アブディンにいたっては、本人を直に堀内さんに紹介していた。
ネタだしの原稿を読ませたら、「これは本当に金の卵ね」と感激し、その後アブと二人で会ったり電話で話をしたりして
急逝する直前まで企画を進めていた。私への最後のメールもアブの原稿について書かれていた。
アブも『わが盲想』のあとがきで「この本を堀内さんに捧げます」と書いている。

なので、『謎の独立国家ソマリランド』大ヒットと『わが盲想』発売のご報告に行ったのだ。
堀内さんはきっと喜んでくれたと思うが、同時に「高野さん、本が一冊ちょっと売れたからっていい気になってる場合じゃないわよ。
はっきり言ってそんなのヒットのうちに入らないし。早く次の本、書きなさい!!」という叱咤の声も聞こえた。

ちなみに、霊園前の花屋さんのおばさんは、「置き引きや泥棒が多いから注意してくださいね」「ほんとうに危ないから」と
まるでここが南部ソマリアかのように繰り返していたが、特に何もなかった。
40歳すぎて派手なキャップをかぶったオヤジ二人はどう見ても「盗られる側」より「盗る側」に見えたのかもしれない。

昼飯を食ってから本の雑誌社に行き、今度は職人カネコッチと一緒にソマリ映像制作。
イベントや講演会で使えるような写真と映像のセットを遅まきながら作ることにしたのだ。
自分の写真撮影と整理能力のなさ、映像を撮ろうとする意欲の欠如などに深く失望しつつも、
カネコッチのおかげでなんとか叩き台は作ることができた。

そのあと、社長の浜本さん以下主な社員のみなさんと、『謎の独立国家ソマリランド』ヒット記念飲み会。
というか、みんなで打ち上げもやってないので、やっとこれが打ち上げだ。
小さい会社はこういう点がいい。集英社や講談社で、社長から営業、編集が集まり、社内で打ち上げなんてありえない。
辺境ドトールの後援会長Yさんにいただいた福井の銘酒「花垣」のスペシャルバージョン2つを酌み交わす。
一つはこの前紹介した「花垣純米大吟醸拾年古酒」、もう一つは「花垣オーク樽純米大吟醸」。

日本酒を十年も寝かせるとどんな味になるのかと思ったら、ちょっと紹興酒に似た味になっていた。
こちらももちろん旨かったのだが、それを上回ったのがオーク樽純米大吟醸。
純米大吟醸のまとやかな甘みを残しつつ、樽のクールな風味が何とも言えない。

日本酒2本が空になると、今度は水泳のK先輩からいただいた「三鷹キウイワイン」。
三鷹産のキウイから作ったという酸味爽やかな珍品で、
これが濃厚な日本酒を実によく引き継いでくれた。
アルコール度数9度というのも適度で、いつもは日本酒をぱかぱか飲んで最後に撃沈するのだが、
この日は珍しくソフトランディングに成功。
Y会長とKさんに大感謝である。
浜本社長や杉江さんも「ソマリランドがもっと売れたら会社で自転車を買おう!」などと気炎をあげていた。

すっかり幸せな気分に浸り、ほろ酔いで電車に揺られていたら、
「高野さん、こんなことで満足してちゃダメよ!」という堀内さんの声がまた聞こえたのだった。

関連記事

no image

まるでカフカの「審判」

  「オシムの言葉」(集英社文庫)などユーゴ・サッカー三部作で知られる木村元彦氏から 「争うは本意

記事を読む

no image

アフガンのケシ栽培の謎(2)

 アフガンのケシはなぜそんなに大きい実がなり、ミャンマーの4倍ものアヘンがとれるのか?  一つには

記事を読む

no image

部長命令、下る!!

エンタメノンフ文芸部の活動内容をひた隠しにしてきたが、 一昨日更新のタマキング「スットコランド日記」

記事を読む

no image

ソマリ人の好きな意外な食べ物

みなさん、新年明けましておめでとうございます。 とはいうものの、私自身は正月を迎えた気がしない

記事を読む

no image

Bhutan ni tsuita

Ottoi Bhutan ni tsuita. Sono hi wa hareteite yokat

記事を読む

no image

夢から悪夢へ

11日の午後2時ごろまで、「王様のブランチに出たら今度こそ本が売れる」とか 優香のコメントが出たらも

記事を読む

no image

日本の路地を旅する

いやあ、昨日は日本がカメルーンに勝って驚いた。 誰がどう見てもダメだというチームが勝ってしまった

記事を読む

no image

マンガ「ムベンベ」と単行本「しわゆめ」

 秋田書店へ行き、同社「ヤングチャンピオン」誌で、7月から連載開始の漫画「ムベンベ」の第一話・生原稿

記事を読む

no image

このベタな帯の作者はなんと…!!

妻・片野ゆかの「犬部!」(ポプラ文庫)が4月6日に発売になる。 単行本で3万部近く売れた、我が家で

記事を読む

no image

『アジア新聞屋台村』続編?

以前、アジア各国の新聞を発行しているエイジアンという不思議な新聞社で働いていたことがあり、その顛末を

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : 雑誌FRaU最新号の書評コーナーに寄稿しました。「海」をテーマに『海と陸をつなぐ進化論』『タコの心身問題』『日本人の世界地図』を選書。一緒のページのノンフィクション作家の高野秀行さん、モデルのKIKIさん、漫画家の鳥飼茜さんお三方の書評もとっても面白… ReplyRetweetFavorite
    • 著者マルジは女性が人前で男と話をすることさえ憚れるイランから、80年代ドラッグやパンク文化全盛のヨーロッパに1人で移住、人前で平気でセックスする男女を見て絶句するが、読者も絶句だ。 ReplyRetweetFavorite
    • なぜか知らないが、最近新聞に、2005年に出版されたイラン人女性の自伝漫画『ペルセポリス』(マンルジャン・サトラビ著、園田恵子訳/basilico)の広告が出ていたので、気になった再読してみた。12年ぶりに読むと、こちらのイスラム… https://t.co/zzImPg7upE ReplyRetweetFavorite
    • 私もぜんぶ見てしまいました! ReplyRetweetFavorite
    • RT : 3位『移民の宴 日本に移り住んだ外国人の不思議な食生活 (講談社文庫)』(高野秀行/講談社) 尼:https://t.co/JMJAbhj98l 楽:https://t.co/4mUnuU1Aw5 日本に住む二百万を超える外国人たちは、日頃いっ… ReplyRetweetFavorite
    • SFとミステリに詳しい友人曰く「ひょっとして「異なる体制下の刑事がコンビを組むバディ物」って『鋼鉄都市』が元祖なのかな?米ソ、東西ドイツ、南北朝鮮とかあるけど」というのだが、どうだろう? 誰か知ってる人いたら教えて下さい。 ReplyRetweetFavorite
    • これ、この前読んだアシモフの古典SF『鋼鉄都市』(ハヤカワ文庫)によく似ている。宇宙人の支配する未来の地球で、宇宙人の惨殺死体が発見され、うだつのあがらない地球人刑事とロボットの助手がコンビを組んで捜査にあたるという話。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年10月
    « 3月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
PAGE TOP ↑