*

言葉を失う映画「魔女と呼ばれた少女」

公開日: : 高野秀行の【非】日常模様

今3:20AM。こんな時間に覚醒しているのは酒が切れたためだが、今日にかぎってはそれだけではない。
昼間、川崎アートセンターで、コンゴの少年兵たちを描いた映画「魔女と呼ばれた少女」(キム・グエン監督)を観たせいもある。

ほとんど予備知識を持たずに行ったせいもあり、ものすごい衝撃を受けてしまった。
この映画については、感想を言うことができない。
何か話すと、そこから映画の本質がそぎ落とされてしまう気がする。
正直言って、他の人たちに観に行ってほしいのかそうでないのかもよくわからない。
ただ、一つ言えるのは「すごい」ということ。
それだけは間違いない。

映画の本質的な部分については触れられないので、それ以外の部分について気づいたことを話すと、
カナダ人の父とベトナム人の母をもつというキム・グエン監督の態度が素晴らしい。
エンドロールを見たら、カナダ映画にもかかわらず、スタッフがほとんど地元コンゴ人。
アフリカを舞台にしているけど、なんだかんだ言って作ってるのは欧米人…という一般的な映画とはちがう。

しかも、そこには運転手や門番の名前まで記されている。
そういった裏方のそのまた裏方の人たちも映画作りにたずさわっているのだというメッセージが読み取られるとともに、
彼らもこの映画を観るという当然の心づもりが感じられる。
技術スタッフから運転手まで、総勢百名を超える現地の人たちが観るということは、彼らを納得させられないような荒唐無稽な話は作れない。

「そんなの当たり前じゃないの?」というなかれ。
現実には、現地の状況や感覚を無視した、欧米のご都合主義的な小説や映画は多いのだ。
この映画でも、大きな町から歩いて行けるところに鬱そうとした森があったり、漁村があったりという
現実にはありえない空間設定にはなっているものの、それ以外はほぼ事実に即しているか、
「こういうことがあっても不思議はないだろう」と思わせる内容になっている。
「現地の目」を意識すればこそだと思う。

また、映画の内容や本質とはまったく関係ないが、この映画は会話部分はほぼ全てリンガラ語なので
その部分は個人的にひじょうに興味深かった。
これはコンゴ民主共和国(旧ザイール)の話だが、リンガラ語にフランス語が浸食されている度合いがすごい。

主人公の少女が夜中に取り憑かれたように「あたしの銃はどこ?」と叫び廻るシーンでは
「ウエ・ブンドキ・ナ・ンガイ?」と連呼していた。
「ウエ」(どこ)はフランス語で、それ以外はリンガラ語。
「どこ」なんて疑問代名詞を外来語で置き換えてしまうとは驚きだ。
(リンガラ語で「どこ」は「ワピ」)
そのほか「右」「左」「10」などもフランス語が使われていたし、とにかくフランス語混入率が高い。
私が通っていた20年前もフランス語は混じっていたが、これほどではなかったように思う。
戦乱による人の移動が激しくなった結果、
フランス語の通用度が上がったのだろうか。
それとも私の気のせいだろうか。

もう一つ「さようなら」の使い方が強烈に印象的だった。
残念ながら翻訳してしまえば、別の言葉になってしまうので一般の観客にはわからないのだが。
この辺はまたマイナー言語おたくの話になってしまうので、いつか機会があったら書きたい。

関連記事

no image

小説家になるのは大変だ!

土曜日、モスク取材とその後の予定について打ち合わせをしていたら、 ホテルの部屋に戻ったのはもう12

記事を読む

no image

エンタメノンフ@ジュンク新宿

ジュンク堂新宿店にて「エンタメノンフ」のフェアをやっているというので見に行った。 最初なかなか見つか

記事を読む

no image

白石顕二さんを悼む

今年の3月にこのブログ上で「アフリカの奇跡!」と題する話を書いた。 そこで紹介した白石顕二さんが先

記事を読む

no image

見えないサッカー世界大会

昨夜、ギリシアより帰国。 行きも帰りも飛行機に乗っている時間(トランジット含む)が24時間を超えると

記事を読む

no image

NHKに出演して仰天

金曜日、NHK-BS1の「ほっと@アジア」という番組に出演した。 テーマは「UMA(未確認動物

記事を読む

no image

謎の国際ボランティア特殊部隊@浦安

後輩Kとネパール人のクマルという国際統合失調症コンビを引き連れ、 浦安市の被災地へボランティアに行っ

記事を読む

no image

インドの怪魚ウモッカを探せ!

自分のなかではずっと前から決定していすぎてブログに書くのを忘れていた。 今年の12月中旬から来年の

記事を読む

no image

危険の意味

『アフリカにょろり旅』(講談社文庫)の著者、青山潤氏(東大特命準教授)と対談。 一年のうち3,4ヶ月

記事を読む

no image

育ての親

自然現象なのかバイオリズムなのか、 周期的に「落語がすごく聞きたい」という時期がくる。 今がその時期

記事を読む

no image

ゼロの衝撃

何人かの知人が絶賛していたので読んでみた坂口恭平『TOKYO 0円ハウス 0円生活』(大和書房)。

記事を読む

Comment

  1. Silentspice より:

    見ていて字幕の翻訳が気になったのですが、フランス語が多く取り入れられてたのですね〜
    情景から翻訳者の方の苦労がしのばれるのですが
    かなり、字幕にし辛いキツイ表現が多かったのですか?

    武装した警備員の保護下での撮影や収益の一部を主演の娘の教育費に充てたりと云う辺りに
    並々ならぬ決意を感じます。

    • 高野 秀行 より:

      >私のリンガラ語力(なんてものがあるかな?)では「キツイ表現」があったかどうかまではわかりませんが、
      場面や字幕をみるかぎり、なさそうではありました。

      翻訳者は、おそらく原版(ていうんですかね?)で付けられたフランス語字幕か英語字幕を訳したのだと思います。

      日本の映画界もここまでやれば大したもんなんですけどね。

  2. HU より:

    ちょっと調べたんですが、韓国語のように「去る側」と「残る側」で「さようなら」の言い方が違うんですよね。そのことでしょうか…?映画を早く見てみたいです。
    高野先生は20年前からキンシャサに行かれているので、昔のリンガラ語に比べて変わってきているというのを実感されたのだろうと思うのですが、高野先生の話されるコンゴ共和国側のリンガラ語は社会主義時代になるべくフランス語の影響を排除しようとした、ということはあるでしょうか…?
    例えばインドネシア語とマレー語は元々同一の言語ですが、マレー語には英語の単語が非常に多く混ぜ込まれています。これと似た現象なのかなと思いました。

    • 高野 秀行 より:

      HUさん、さすがですね。その通りです。
      韓国語でもそうなんですか。知りませんでした。勉強になりますね。

      リンガラ語におけるフランス語の影響については、ご推測の逆ですね。
      ブラザビル・コンゴ(共和国)よりキンシャサ・コンゴ(民主共和国、旧ザイール)のほうがフランス語は少なかった。
      というのは、モブツ大統領時代、「ザイール化政策」というのをやっていて、
      なるべくフランス語や欧米の文化を排し、現地純粋主義になるべしというのが国是だったからです。
      公共の場では極力リンガラ語を使うよう奨励されていたと記憶します。

      ブラザビル・コンゴは社会主義だったけどフランスとの関係は良好だったんですよ。
      こちらは公の場では全部フランス語でした。

  3. HU より:

    キンシャサ・コンゴの方が現地語主義というか国粋主義的だったんですね。北朝鮮ではなるべく外来語を廃して純朝鮮語の比率を高めようとしていたので、つい社会主義=国粋主義と考えてしまいましたが、本来は社会主義者の方が欧州志向の強いインテリが多いはずだし、長期独裁政権を国民国家として維持するために国粋主義が求められたということなのかなと思いました。ありがとうございました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : 雑誌FRaU最新号の書評コーナーに寄稿しました。「海」をテーマに『海と陸をつなぐ進化論』『タコの心身問題』『日本人の世界地図』を選書。一緒のページのノンフィクション作家の高野秀行さん、モデルのKIKIさん、漫画家の鳥飼茜さんお三方の書評もとっても面白… ReplyRetweetFavorite
    • 著者マルジは女性が人前で男と話をすることさえ憚れるイランから、80年代ドラッグやパンク文化全盛のヨーロッパに1人で移住、人前で平気でセックスする男女を見て絶句するが、読者も絶句だ。 ReplyRetweetFavorite
    • なぜか知らないが、最近新聞に、2005年に出版されたイラン人女性の自伝漫画『ペルセポリス』(マンルジャン・サトラビ著、園田恵子訳/basilico)の広告が出ていたので、気になった再読してみた。12年ぶりに読むと、こちらのイスラム… https://t.co/zzImPg7upE ReplyRetweetFavorite
    • 私もぜんぶ見てしまいました! ReplyRetweetFavorite
    • RT : 3位『移民の宴 日本に移り住んだ外国人の不思議な食生活 (講談社文庫)』(高野秀行/講談社) 尼:https://t.co/JMJAbhj98l 楽:https://t.co/4mUnuU1Aw5 日本に住む二百万を超える外国人たちは、日頃いっ… ReplyRetweetFavorite
    • SFとミステリに詳しい友人曰く「ひょっとして「異なる体制下の刑事がコンビを組むバディ物」って『鋼鉄都市』が元祖なのかな?米ソ、東西ドイツ、南北朝鮮とかあるけど」というのだが、どうだろう? 誰か知ってる人いたら教えて下さい。 ReplyRetweetFavorite
    • これ、この前読んだアシモフの古典SF『鋼鉄都市』(ハヤカワ文庫)によく似ている。宇宙人の支配する未来の地球で、宇宙人の惨殺死体が発見され、うだつのあがらない地球人刑事とロボットの助手がコンビを組んで捜査にあたるという話。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年10月
    « 3月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
PAGE TOP ↑