*

釣りに失敗する

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

本の雑誌の杉江さんに新宿で会ったので、昨日思いついたばかりの「儲け話」をもちかけてみた。
すると、彼は目がどんどん大きくなり、
「え…、それ…、ホントですか…うわっ、すごいな…いやあ…おわあ」などとうめきながら
何かの発作を起したかのように、
息をはあはあ喘がせた。
脈あり!と強く引くと、案の定、魚は苦しみながらもしっかり針に食いついていて、ぐいぐい水面から岸辺に向かってあがってくる。
「よっしゃ! 一丁あがり!」と思った瞬間、思いもかけない障害が現れ、
杉江さんは我を取り戻してしまった。
魚がみすみす逃げていく。
むう、残念。釣り、失敗。
あーあ、「おいしい話」だったのにな。
でもどうして杉江さんは○○○○○を持ってないんだ!!

関連記事

no image

イケメンなのか昆虫なのか

新潮社にて、トレイルランの第一人者・鏑木毅氏と対談。 さらっとした長髪とにこやかな笑みがなんとも魅

記事を読む

no image

少数民族の村で

別のミャンマー国境に近い村(?)にいる。 無国籍もしくは国籍不明の人がわさわさいるみたいだ。 雲南

記事を読む

no image

ミャンマーの伝奇小説「マヌサーリー」

 ジャズとプロレスを小学生のときから愛す義姉・高橋ゆりが(とついに名前が出てしまったが)日本語に訳

記事を読む

no image

スーツでヤブ漕ぎをする人を発見!

読売新聞のインタビュー取材を受けた。 「何か“原点”とか“こだわり”のある場所でインタビューするとい

記事を読む

no image

偉いのは荻原井泉水

いつ買ったのかすら憶えていない吉村昭『海も暮れきる』(講談社文庫)を読む。 吉村昭のドラマチック性を

記事を読む

no image

大分→東京→ソウル

以下、ほぼ業務連絡。 昨日の早朝に東京を発ち、急遽大分へ飛び、竹田市まで往復、 昼は暑さに驚き、夜は

記事を読む

no image

「野々村荘」にほんとに復帰

ワセダの「野々村荘」(仮名です、念のため)の部屋が空き、 ちゃぶ台をもって初めて行ってみた。 アパー

記事を読む

no image

ブータンと提携した男

上智大学の対談講義にも来ていただいた マレーシア在住のジャングルマニアの二村聡さんが産経新聞で紹介さ

記事を読む

no image

今年からノンフィクション作家

みなさん、明けましておめでとうございます。 今年は何をするか。 まずは肩書きを変えることにした。 正

記事を読む

本当の本物は深海で弾ける

いろんなことがありすぎて、ブログを書く暇がない。 ここ数日の出来事を簡単に羅列してみましょう。

記事を読む

Comment

  1. naoking より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/312.9 (KHTML, like Gecko) Safari/312.6
    一体どんな儲け話を考えられたのでしょう?
    ○○○○○とは?
    のりP印のおいしい小麦粉とかじゃないですよね?
    あるわけないか
    ところで最近ちょっと思ったのですが、アスクルなど特に若者向けってわけではないのでしょうが、高野さんの本の購入者っておいくつくらいの人が多いのでしょう?
    というのも75歳になる父はどんな本に興味があるのか、ふと気になり聞いてみたところ「最近はあまり読んでない。若い頃に買って忙しくて読んでないものをたまに読むぐらい」との返事。
    仕事も引退して子育ても終わり、毎日それほどやる事も無く、家事全般を出来る事からコツコツと、みたいな感じでありあまる時間を持て余しているようです。
    そんな父が夢中になるような本をぜひ高野さんに書いていただきたいなと思いまして。
    高齢者が高野ワールドにハマったら素晴らしくおもしろい事になると思いますが、いかがでしょう?
    うちの父はあまり金もってないけど、世間一般には金持ち高齢者多いんじゃないでしょうか?
    メジャーへの足がかりになるんじゃないでしょうか?
    「放っておいても明日は来る」若者だけじゃなく、「放っておいたら迎えが来る?」年代にも、高野流の元気を分けてあげてほしいなと思った次第でございます。
    ps. 「雲南の花嫁」借りてきました。これから観ようと思います。

  2. あぱらぎ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322)
    おじゃまします。うちの両親60歳は読んでますよー
    子どもたちが(30歳です)ぶっと吹きだす様を見て いつのまにやら。義父はやはり『アヘン・・・』『ミャンマー』がヒットして、いろいろ知識も披露してくれました。両親にすると三畳一間も懐かしいようです。
    最近は本を読まない旦那もついに手にとりました(!拍手!)「俺は活字は好まないなぁ」とぼんやり話していたのに、あれよあれよと読破・・・でたっ、高野中毒っ。たった数行から始まるんですよね〜。

  3. mo より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X 10.4; ja-JP-mac; rv:1.9.1.7) Gecko/20091221 Firefox/3.5.7
    いつも読ませていただいているものです。
    ○○○○○はiPhoneと予想。どうでしょう。

  4. よっしぃ より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.2) Gecko/20100115 Firefox/3.6 (.NET CLR 3.5.30729)
    そのネタ、杉江さんのブログでネタばれしてますね。
    http://www.webdoku.jp/column/sugie/
    儲け話ってのは、ブータンで何やら怪しい話をするとか・・・?
    ちなみに、naokingさん、
    1月の高野さんのファンイベントでは
    平均30代くらい、20代から30代の男女が多かったです
    (MIXIってのもありましたが)。
    ジュンク堂でイベントすると、平均年齢がぐっと上がるのは
    なぜなんだろう?

  5. タカノ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; WOW64; YTB720; GTB6.3; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30618)
    正直なことを言うと、高野本の読者層は、
    「老若男女」です。
    昔は圧倒的に男子が多かったのですが、
    今では男女比は完全に五割ずつ。
    「この辺に読者層が多い」という世代も特にありません。
    確認されているだけでも、下は小学三年生から上は84歳まで。
    「家族で読んでいる」「夫も好き」「娘に読ませたらハマって」などなど
    私も驚くくらい幅広い層に読まれているのがうかがえます。
    ではなぜメジャーにならないのか?!
    出版界七不思議とも言われますが、
    ひろ〜くあさ〜く読まれているのでしょう。

  6. naoking より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/312.9 (KHTML, like Gecko) Safari/312.6
    あばらぎさん よっしぃさん タカノさん
    返答ありがとうございます。
    親父に高野本すすめてみます。
    多分読んだら、息子の数々の奇行?に合点が行くと思いますが、この際マイペンライって事で。
    ありがとうございました。
    前回のmixiイベントは参加できませんでしたが、次回は是非参加したいと思ってます。
    よろしくおねがいします。

  7. コタ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; GTB6.4; .NET CLR 1.1.4322)
    私は60才女子、読んでますよ〜ほぼ全部。
    冒険大好き、辺境大好き。
    旅も そんなところばかり行ってます。
    ワタシの本棚の前に座れば…たちどころに紀行・旅ワールドに入ります。
    え? タカノさん マイナーなんですか?
    ワタシは しっかりメジャー作家と読んでましたが。

  8. shima より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.1; Trident/4.0; YTB730; GTB6.4; SLCC2; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; Media Center PC 6.0)
    1月のmixiイベントに行った58歳女子です。
    過去三回イベントに行きましたが、いずれの時も私がとび抜けて年上のようでした。
    で、なんだかいつも居心地が悪い・・・  
    本当は二次会も参加したかったのですが、やめておきました。
    熟年以上の方々もどんどんご参加を!

  9. コタ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; GTB6.4; .NET CLR 1.1.4322)
    う〜ん  ホント行きたいですよ〜、イベント。
    仕事がなかなか休めなくて…。  日曜も仕事だし。(薬剤師です)
    それに地方に住む者にとって 東京へは難しいですね。
    近いってうらやましい〜〜。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : ゲストは「Gダイアリー」デスクの室橋裕和さん、Gダイで連載していた(イスラム飲酒紀行ほか)高野秀行さん、Gダイ編集部に入りたかった丸山ゴンザレスさん、Gダイ外部編集で「駐妻カナ」などを担当した西野風代さんです。 1月31日(金)、阿佐ヶ… ReplyRetweetFavorite
    • いい時代だ! ReplyRetweetFavorite
    • それにしても、ソン・ガンホは黙って座っていて息をしているだけで面白い。 ReplyRetweetFavorite
    • ポン・ジュノ監督、ソン・ガンホ主演の『パラサイト 半地下の家族』を渋谷の東宝で観た。スクリーンがすごくでかいのに、まちがって前から四列目の席をとってしまったため、「観た」というより「現場に居合わせた」感じ。いや、すごい体験だった。 ReplyRetweetFavorite
    • 子だくさんの「やもめのジョナサン」夫婦が子供をぞろぞろ連れてハネムーンに行く場面と、情けない警官のなべおさみが泥まみれ涙まみれになる場面がいい。展開が早くて笑いあり涙ありでなんだかジャッキー・チェンの映画みたいだった。 ReplyRetweetFavorite
    • 映画好きの友人に強く勧められ、生まれて初めて「トラック野郎を観てしまった。第2作の爆走一番星。始まっていきなり主役の菅原文太がトルコ風呂の裸の女の子たちと酒盛りをしているシーンで度肝を抜かれる。でもあまりにあっけらかんとして、全然エロくないんだが。 ReplyRetweetFavorite
    • 「へうげもの」は完全に私の戦国〜江戸初期の概念を変えた。加藤清正なんて具志堅用高だとしか思えなくなってるし。 ReplyRetweetFavorite
  • 2020年1月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑