*

釣りに失敗する

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

本の雑誌の杉江さんに新宿で会ったので、昨日思いついたばかりの「儲け話」をもちかけてみた。
すると、彼は目がどんどん大きくなり、
「え…、それ…、ホントですか…うわっ、すごいな…いやあ…おわあ」などとうめきながら
何かの発作を起したかのように、
息をはあはあ喘がせた。
脈あり!と強く引くと、案の定、魚は苦しみながらもしっかり針に食いついていて、ぐいぐい水面から岸辺に向かってあがってくる。
「よっしゃ! 一丁あがり!」と思った瞬間、思いもかけない障害が現れ、
杉江さんは我を取り戻してしまった。
魚がみすみす逃げていく。
むう、残念。釣り、失敗。
あーあ、「おいしい話」だったのにな。
でもどうして杉江さんは○○○○○を持ってないんだ!!

関連記事

no image

マイナー・ミート対談

9月15日(土)にジュンク堂池袋店にて、『世界屠畜紀行』の内澤さんとトークセッション (まあ、公開対

記事を読む

no image

三沢の試合を見よ

アフリカに行っている最中、三沢光晴の急死について、 知人や読者の人たちから多数のお知らせメールをいた

記事を読む

no image

5分で振り返る今年の出来事

大晦日なので今年を5分だけ振り返ってみた。 今年よかったこと。 ・『辺境の旅はゾウにかぎる』を刊行で

記事を読む

no image

チェンマイに行きます

二日前、チェンマイにいる知人が病気で重篤な状態にあるという知らせを受けた。 ビルマ(ミャンマー)の反

記事を読む

no image

野宿の話はつづく

「高野さん、この前うちの近くで野宿してたでしょ?」と水泳のY先生にレッスンのあとで言われて驚いた。

記事を読む

no image

バトルロイヤルに負ける

7月に紀伊国屋新宿本店で行われていた書店員オススメ本バトルロイヤルだが、 「ゴッドファーザー」の続編

記事を読む

no image

未確認思考物隊

1月からどうやら本当に始まるらしい関西テレビの 変な番組のタイトルが決まったと連絡があった。 「未確

記事を読む

no image

もう一つのキンシャサの奇跡

映画「ベンダ・ビリリ もう一つのキンシャサの奇跡」を渋谷のイメージフォーラムで見た。 もう一つのキ

記事を読む

no image

熟成

「クロワッサン」という雑誌が届いた。 『放っておいても明日は来る』(本の雑誌社)で著者インタビュー

記事を読む

no image

日曜日のイベント

代々木でミクシイの高野秀行コミュ&宮田珠己コミュ合同イベント。 雨上がりにもかかわらず40〜50人(

記事を読む

Comment

  1. naoking より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/312.9 (KHTML, like Gecko) Safari/312.6
    一体どんな儲け話を考えられたのでしょう?
    ○○○○○とは?
    のりP印のおいしい小麦粉とかじゃないですよね?
    あるわけないか
    ところで最近ちょっと思ったのですが、アスクルなど特に若者向けってわけではないのでしょうが、高野さんの本の購入者っておいくつくらいの人が多いのでしょう?
    というのも75歳になる父はどんな本に興味があるのか、ふと気になり聞いてみたところ「最近はあまり読んでない。若い頃に買って忙しくて読んでないものをたまに読むぐらい」との返事。
    仕事も引退して子育ても終わり、毎日それほどやる事も無く、家事全般を出来る事からコツコツと、みたいな感じでありあまる時間を持て余しているようです。
    そんな父が夢中になるような本をぜひ高野さんに書いていただきたいなと思いまして。
    高齢者が高野ワールドにハマったら素晴らしくおもしろい事になると思いますが、いかがでしょう?
    うちの父はあまり金もってないけど、世間一般には金持ち高齢者多いんじゃないでしょうか?
    メジャーへの足がかりになるんじゃないでしょうか?
    「放っておいても明日は来る」若者だけじゃなく、「放っておいたら迎えが来る?」年代にも、高野流の元気を分けてあげてほしいなと思った次第でございます。
    ps. 「雲南の花嫁」借りてきました。これから観ようと思います。

  2. あぱらぎ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322)
    おじゃまします。うちの両親60歳は読んでますよー
    子どもたちが(30歳です)ぶっと吹きだす様を見て いつのまにやら。義父はやはり『アヘン・・・』『ミャンマー』がヒットして、いろいろ知識も披露してくれました。両親にすると三畳一間も懐かしいようです。
    最近は本を読まない旦那もついに手にとりました(!拍手!)「俺は活字は好まないなぁ」とぼんやり話していたのに、あれよあれよと読破・・・でたっ、高野中毒っ。たった数行から始まるんですよね〜。

  3. mo より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X 10.4; ja-JP-mac; rv:1.9.1.7) Gecko/20091221 Firefox/3.5.7
    いつも読ませていただいているものです。
    ○○○○○はiPhoneと予想。どうでしょう。

  4. よっしぃ より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.2) Gecko/20100115 Firefox/3.6 (.NET CLR 3.5.30729)
    そのネタ、杉江さんのブログでネタばれしてますね。
    http://www.webdoku.jp/column/sugie/
    儲け話ってのは、ブータンで何やら怪しい話をするとか・・・?
    ちなみに、naokingさん、
    1月の高野さんのファンイベントでは
    平均30代くらい、20代から30代の男女が多かったです
    (MIXIってのもありましたが)。
    ジュンク堂でイベントすると、平均年齢がぐっと上がるのは
    なぜなんだろう?

  5. タカノ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; WOW64; YTB720; GTB6.3; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30618)
    正直なことを言うと、高野本の読者層は、
    「老若男女」です。
    昔は圧倒的に男子が多かったのですが、
    今では男女比は完全に五割ずつ。
    「この辺に読者層が多い」という世代も特にありません。
    確認されているだけでも、下は小学三年生から上は84歳まで。
    「家族で読んでいる」「夫も好き」「娘に読ませたらハマって」などなど
    私も驚くくらい幅広い層に読まれているのがうかがえます。
    ではなぜメジャーにならないのか?!
    出版界七不思議とも言われますが、
    ひろ〜くあさ〜く読まれているのでしょう。

  6. naoking より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/312.9 (KHTML, like Gecko) Safari/312.6
    あばらぎさん よっしぃさん タカノさん
    返答ありがとうございます。
    親父に高野本すすめてみます。
    多分読んだら、息子の数々の奇行?に合点が行くと思いますが、この際マイペンライって事で。
    ありがとうございました。
    前回のmixiイベントは参加できませんでしたが、次回は是非参加したいと思ってます。
    よろしくおねがいします。

  7. コタ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; GTB6.4; .NET CLR 1.1.4322)
    私は60才女子、読んでますよ〜ほぼ全部。
    冒険大好き、辺境大好き。
    旅も そんなところばかり行ってます。
    ワタシの本棚の前に座れば…たちどころに紀行・旅ワールドに入ります。
    え? タカノさん マイナーなんですか?
    ワタシは しっかりメジャー作家と読んでましたが。

  8. shima より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.1; Trident/4.0; YTB730; GTB6.4; SLCC2; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; Media Center PC 6.0)
    1月のmixiイベントに行った58歳女子です。
    過去三回イベントに行きましたが、いずれの時も私がとび抜けて年上のようでした。
    で、なんだかいつも居心地が悪い・・・  
    本当は二次会も参加したかったのですが、やめておきました。
    熟年以上の方々もどんどんご参加を!

  9. コタ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; GTB6.4; .NET CLR 1.1.4322)
    う〜ん  ホント行きたいですよ〜、イベント。
    仕事がなかなか休めなくて…。  日曜も仕事だし。(薬剤師です)
    それに地方に住む者にとって 東京へは難しいですね。
    近いってうらやましい〜〜。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年7月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑