*

半分以上、東京にもどる

公開日: : 高野秀行の【非】日常模様

昨日の朝、イサーン(東北地方)のウドンターニーから寝台列車でバンコクに到着した。
バンコクは一ヵ月ぶりで、まるで「帰国」したかのような錯覚に陥った。

そういえば、かつてチェンマイに住んでいた頃、日本に一時帰国するときはバンコクまで列車かバスで出て、
そこから飛行機で帰った。
すると、チェンマイ→バンコクは9,10時間かかり、バンコク→東京は6時間くらいとバンコク→東京のほうが短い。
なので私の感覚では「バンコクは、チェンマイと東京の中間で、やや東京寄り」という認識が定着した。
実際、チェンマイとバンコクはあまりに都市の近代化や規模がちがって、同じ国と思えない。
バンコクに着くと、どこに何があるのかさっぱりわからないし、バスの乗り方も覚えられないしで
1,2泊でそうそうに次(東京かチェンマイ)に移動したものだった。

それから十年くらいして、30代になると、さすがに私もバンコクからチェンマイや他の都市に飛行機で移動したりするようになった。
とくに帰りはそうである。
飛行機は一瞬で着いてしまう。国内便は手続きも簡単なので、なおさら「一瞬で着いた」感じがする。
いつの間にか、チェンマイも他の地方都市もバンコクからすぐ手近のところにあるように脳内地図が著しく変更された。

さて今回。非常識な犬連れ旅では、国内線の機内に犬を持ち込むのが禁止、バスも原則禁止(地方では曖昧だが)なので
移動は列車(しかもエアコンはダメなので扇風機車両のみ)かチャーターした車にかぎられた。
おかげでタイの広さを実感することになった。
面積が日本の1.4倍は伊達でない。

そしてバンコクの都市化ぶり、巨大さはチェンマイ大学時代に実感したものと同じ。
ここまで来ると東京とさして変わらない。
犬が泊まれる宿はどの町もひじょうにかぎられ、そんな風変わりな宿はデスクと椅子が部屋にあることなどほとんどなくて
座骨神経痛が悪化してからはパソコンを打つのも容易でなかったが(そもそも常にベッドにいるしかないから座骨神経痛にもなる)、
バンコクにはアイビス・ホテル・チェーンがある。
アイビスは世界的なビジネスホテルのチェーンだが、どこも基本的に犬OK、そしてデスクと椅子がある。

だからあれだけ更新しなかったブログもこうやって気軽に書くことができる。
座骨神経痛も急速に楽になってきた。ありがたい。

面白い事に、うちの犬もアイビスが好きだ。
部屋の作り自体、気に入っているようだし、どこもほぼ同じ作りなので、
アイビス・ナナでもアイビス・サイアムでもアイビスなら犬にとっても「帰ってきた」感じがするらしい。
去年、フランスのトゥールーズで私が泊まったアイビスも同じ作りだったから、
犬はアイビス・トゥールーズでも着いてすぐリラックスするはずだ。

匂いだけでなく空間認識も犬はとても大事にすることが今回わかった。
初めての宿でも犬が喜ぶ(居心地よさそうにする)宿とそうでない宿があり、往々にして犬が喜ぶ宿は
人間にとっても居心地がいい。

たぶん間取りや家具の置き方、窓やドアの位置などで、風や光の通り具合、音の反響の仕方などが決まってきて、
最終的には「安全」「安心」につながり、
その感じ方は人も動物も大差ないのだろう。
きっと風水もそういうことを基準に考えられているのだと思う。
犬に風水を見させてもいいのではないかという気がするくらいだ。

帰国まで約一週間。
バンコクで徐々に東京の生活に戻るためのリハビリをしたいと思うが、
新たな誘惑もあり、できるかどうか。

関連記事

no image

深谷陽というアジア風天才漫画家

日本にいる時間が残り少なくなってきたので、 駆け足で紹介。 先日行われたmixiのイベントに、純粋

記事を読む

no image

読売新聞の書評欄で紹介される

4月9日 読売新聞書評欄「本よみうり堂」にある”記者が選ぶ”というコラムで『ミャンマーの柳生一族』が

記事を読む

no image

モノカキ=ハジカキ

  先日、読者の方からメールで『辺境の旅はゾウにかぎる』の誤りを指摘された。 船戸与一『金門島流離譚

記事を読む

no image

アジア未知動物紀行<第3弾>

「小説現代」(講談社)で不定期連載中の「アジア未知動物紀行」。 第1弾はベトナムの猿人フイハイ、そ

記事を読む

no image

可哀想なレビュアーの話

角田光代の『紙の月』(角川春樹事務所)を読んでから、アマゾンのレビューを見た。 「駄作です」という

記事を読む

no image

彼もエンタメノンフ?

意外に思われるかもしれないが、高橋源一郎の文芸評論が好きである。 今日も『大人にはわからない日本文

記事を読む

no image

グレート関野6歳説

 探検部の大先輩であるグレートジャーニーの関野吉晴略して「グレート関野」に会い、都内某所にある秘密ス

記事を読む

no image

今更アニー・プルーの衝撃

この前、マイクと話していたとき、「アニー・プルーがいい」と言っていた。 私も十年以上も前、まだ早稲

記事を読む

no image

ソマリランドで発見した素敵なドリンク

人と喋っているときはいいのだが、一人になると、波のように佐藤先輩のことが押し寄せてきて、 いろんな

記事を読む

no image

ソマリランド療法の勧め

なんとか取材の目処がつき、来週の8日(金)に東京に着く便を予約した。 ソマリ人は、私にとって、おそら

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2022年11月
    « 3月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
PAGE TOP ↑