*

ソマリアのワークショップで怪しまれる

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

日本エネルギー経済研究所・中東研究センターが主催するソマリア問題のワークショップというやつに行ってきた。
ビルマ勉強会みたいな20人か30人のこぢんまりした会合とばかり思い込んでいたら、
経団連会館の会議室がびっしり埋まっていた。
200人か300人いたのではないか。
講師は東大の先生、中東研究センター所属の研究者、エチオピアの日本大使館に勤務しソマリア問題を担当していた女性などで、話題はソマリアの現状、内戦、海賊、イスラム過激派のアル・シャバーブなど多岐にわたっていた。
一つ一つは私にとってひじょうに興味深かったのだが、ソマリアの予備知識がほとんどない人にはかなり難しい内容だったのではなかろうか。
今のところ、ソマリア情勢をわかりやすく教えてくれるような入門書、概説書の類は、日本には一冊もない。もしかすると、世界中でもないかもしれない。
早く私がソマリランドとソマリアについてのエンタメ・ノンフィクションを書かねばと
強く思った。
ワークショップ(というか事実上は普通の講演会)終了後、講師の先生方にご挨拶に行ったのだが、みなさんに怪訝な顔をされた。
それもそのはず、差し出した名刺は「ソマリ語国際TV ホーン・ケーブル 東京支局代表」などと書いてあるうえ、みんなが黒っぽいスーツを着用している厳かな場所に
私ひとりだけ、ユニクロの水色のシャツとジーンズ、くたびれたデイパック。
「なんだか知らないけど、インチキ臭い奴が来たな…」と思われているにちがいない。
現地で怪しいコネをつくって、事情通面をしてる自称ジャーナリストみたいな。
私だって自分が講師だったらそう思っただろう。
ますます「早く本を書いて出さなきゃ」と強く決心したのだった。
(来週あたりから連載開始します)

関連記事

no image

新刊入荷『青春の門』

今日も外出。 といっても毎日、最終的にはワセダの「野々村荘」に落ち着く。 これは外出ではなく、アパー

記事を読む

no image

なぜ知っているのか

渋谷で、メディアファクトリーの担当Nさんと打ち上げ。 Nさんによれば、『間違う力』は社内ではたいへん

記事を読む

no image

戦時中に建てられた家

友人が大井町線千束に新居を構えたので、 他の友達連中と一緒に遊びに行く。 友人はマレーシア人女性と結

記事を読む

no image

ブータンは4月

2月にブータンに行く予定だったが、向こうの事情やこちらの事情などで 4月に延期になった。 それまでゆ

記事を読む

no image

三沢光晴DVD-BOX

10月上旬のバングラ行きまでに片付けなければいけない仕事が山ほどあるが、 そんなときにかぎって、三

記事を読む

no image

米軍による驚くべき支援

28日(月)調布市被災者支援ボランティアセンターの手配で、被災地の特養老人ホームに物資を届けるという

記事を読む

no image

イラクからブータンの週末

土曜日、新宿二丁目の「タイニイアリス」という小劇場に、イラクの劇団「ムスタヒール」を見に行く。 テー

記事を読む

no image

月刊プレイボーイ休刊

「月刊プレイボーイが休刊」というニュースを見て驚く。 なぜなら、この前、同誌で旅本座談会をやったばか

記事を読む

no image

育ての親

自然現象なのかバイオリズムなのか、 周期的に「落語がすごく聞きたい」という時期がくる。 今がその時期

記事を読む

no image

愛するマンガ

今、私がいちばん愛しているマンガはこれです。

記事を読む

Comment

  1. BUZZ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.2; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    久々に笑わせていただきました。伊勢丹バンコクの紀伊国屋には「極楽タイ暮らし」が沢山置いてありましたよ。既にご存知だと思いますが。

  2. hu より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 9.0; Windows NT 6.1; Trident/5.0; BOIE9;JAJPMSE)
    アマゾンで探してみました。これが唯一の現地ルポみたいだけど、評価を見ると散々な内容みたいです。
    http://www.amazon.co.jp/%E3%82%BD%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%A2-%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%81%A8%E6%B6%88%E3%81%88%E3%81%9F%E5%9B%BD-%E4%B8%8B%E6%9D%91-%E9%9D%96%E6%A8%B9/dp/4901350552/ref=sr_1_3?ie=UTF8&qid=1328232386&sr=8-3
    あまりにも評価がひどすぎて、逆に読んでみたい。「二十歳のバイブル」みたいな感じでしょうか。
    後は有名著者のここらへんですかねー。ソマリア沖を航行しただけで、上陸はしていなさそう。
    http://www.amazon.co.jp/%E4%B8%8D%E8%82%96%E3%83%BB%E5%AE%AE%E5%B6%8B%E3%81%AE%E3%80%8C%E6%B5%B7%E4%B8%8A%E8%87%AA%E8%A1%9B%E9%9A%8A%E3%82%BD%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%A2%E6%B2%96%E5%A5%AE%E6%88%A6%E8%A8%98%E3%80%8D-%E5%AE%B6%E6%97%8F%E3%81%A7%E8%AA%AD%E3%82%81%E3%82%8Bfamily-book-%E2%80%95%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%BE%E3%81%A1%E3%82%8F%E3%81%8B%E3%82%8B%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%99%82%E4%BA%8B%E8%A7%A3%E8%AA%AC-%E5%AE%AE%E5%B6%8B/dp/4870319489/ref=sr_1_4?ie=UTF8&qid=1328232386&sr=8-4
    これなんかはソマリアに行ってすらなさそうな本。
    http://www.amazon.co.jp/%E3%82%BD%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%81%AE%E6%B5%B7%E3%81%A7%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AF%E6%B2%88%E6%B2%A1%E3%81%99%E3%82%8B-%E5%B1%B1%E5%B4%8E-%E6%AD%A3%E6%99%B4/dp/4584131465/ref=sr_1_5?ie=UTF8&qid=1328232386&sr=8-5

  3. hu より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 9.0; Windows NT 6.1; Trident/5.0; BOIE9;JAJPMSE)
    あ、なんだか荒らしみたいになっちゃいました・・削除して下さい・・。タイトルだけ書きます。
    ソマリア ブラックホークと消えた国 下村 靖樹 (単行本 – 2002/3)
    不肖・宮嶋の「海上自衛隊ソマリア沖奮戦記」 (家族で読めるfamily book series—たちまちわかる最新時事解説) 宮嶋 茂樹 (単行本 – 2009/9)
    ソマリアの海で日本は沈没する 山崎 正晴 (単行本 – 2009/3/26)

  4. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0; WOW64) AppleWebKit/535.7 (KHTML, like Gecko) Chrome/16.0.912.77 Safari/535.7
    あ、下村君がソマリアの本を出していたんだ!
    下村靖樹君は、九十年代にルワンダで会い、よく一緒に飯を食っていました。
    ジャーナリストには不向きじゃないかと思わせるくらい、心優しい人です。
    でも、それっきり会っていません。
    今、元気かなあ。
    彼がソマリアの本を出しているとどこかで聞いたのに、忘れていました。
    今アマゾンで注文しました。
    huさん、思い出させていただき、ありがとうございました!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2020年7月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑