*

9月30日ドキュメント受賞式

公開日: : 最終更新日:2013/10/04 高野秀行の【非】日常模様

2013.10.04chanpion朝6時起床。7キロ、ジョギング。
朝飯でついうっかりビールを飲んでしまう。

パソコンがネットに接続できない状態がつづいており、
スピーチ原稿をプリントアウトできない。
(プリンタとパソコンを無線LANでつないでいるため)
どうにもならないのでワタル社長に来てもらう。
苦しんだ末、不具合の原因を突き止めてくれた。
やっとプリントアウトする。

スーツを着こむ。鏡で見るが、スーツを見慣れてないため、似合ってるのかどうかいまだにさっぱりわからない。
ハンカチがないことに気づき、カメラマンの森に買ってきてと頼む。
講談社が用意してくれたハイヤーに乗って出発。
車の中でスピーチを覚えようとする。

妻が髪をセットしてもらっている恵比寿の美容院ヘアメイクeに立ち寄り、
ついでに私もヒロシさんに軽く髪型を整えてもらう。
「中田ヒデみたいになった」とヒロシさんは言うが、本当だろうか。

つづいて銀座ライオンへ。
受賞式が始まると何も食べられなくなるので、鶏唐揚げなど一気食い。
ついビールも飲んでしまう。
森がハンカチを買って、持ってきてくれる。

自分でネクタイが締められないため、バーニーズ・ニューヨークへ行く。
内澤旬子先生に連れられてここでスーツを買ったのだ。
コンシエルジュの鴨田さんにネクタイを締めてもらう。
鴨田さんは凄腕のスタイリストで、今回は本当にお世話になった。
森まで鴨田さんにネクタイを締め直してもらい、見違えるほどかっこよくなる。

東京會舘到着。
控え室で選考委員の先生方にほんの一言ずつ挨拶し、角幡の隣に案内される。
最近、対談や座談会で角幡とはしょっちゅう会っている。
またか、という感じ。

受賞式はじまる。
「スピーチは一人2分」と言われたため、用意したスピーチは話せず、
てきとうに思いついたことを喋り散らす。それでも長かったらしい。
姪が花束をもって壇上にあがったのにはびっくり。
この子がいちばん目立っていたんじゃないか。

びっくりといえば、式が終わってパーティに移った直後、
宮部みゆきさんが突然現れ、花束をくださった。
二回しか会ったことがないのに、しかも宮部さんは小説のパーティにもほとんど来ないと聞いているのに、
このためにわざわざ来ていただけたとは感激。
「高野さんの本はいつも楽しみにしているんです。特に『メモリークエスト』が好きです」とおっしゃってくれる。

その後、受賞式ではお馴染みの光景だが、受賞者の前に長い列ができる。
私もずっと挨拶と名刺交換。といっても、私が名刺などを預けた編集者が見当たらず、こちらから名刺を渡すことができず。

その合間に、探検部の大先輩である西木正明氏、選考委員の重松清氏と中沢新一氏、それから意外なところでは
関川夏央氏に声をかけていただく。
関川さんが「高野さん、サンスクリット語はできないの?」と言うので、「できません」と答えたら
「な~んだ」とがっかりしたように言われた。
一体なんだったんだろう?

受賞式が終わり、神保町に移動してイタリア・レストラン「オーレオーレ」で二次会。
中に入ると、参加者の人たちがものすごく嬉しそうな顔をしているのに驚く。
みんな、酒だけではない、独特のハイな状態になっているよう。
二十代の頃物心両面でお世話になった沖縄在住の永田さんや辺境ドトールの店長ご夫妻なども
駆けつけてくれた。

本の雑誌社の浜本社長がプロの司会者のような手際のよさと面白さ。
宮田珠己さんやワタル社長などが笑えるスピーチで盛り上げてくれる。
中でも白眉はファン代表で来てくださった「よっしーさん」こと吉松さんがチャンピオンベルトを贈呈してくれたこと。
しかもUMA認定と記されている。人生でいちばん嬉しいプレゼントかもしれない。
(今日、妻がその写真をフェイスブックにアップしたら、友だちが「文芸の賞でチャンピオンベルトをくれるって面白いですね!」
とコメントしていたとか。いや、そんなことはないですって)

そしてクライマックスは杉江さんのスピーチ。
絶対泣くだろうという万人の予想通り、途中で声を詰まらせ、周囲からは「スギエー!」「がんばれ-!」と声がかかり、
杉江さんはますます涙にむせぶという、最高の展開。
わかっていながらも私ももらい泣きしそうになり、杉江さんを抱きしめて、彼の手を高々とあげてしまう。

そして、そして…そのあとはよく覚えていない。
誰かに抱きつかれたり、抱きついたりしたような気もする。
三次会でどこかの店に行ったのは覚えているが、話の内容はまったくわからず。

杉江さんとハイヤーで杉並のうちまで帰り、浦和に帰る杉江さんを見送ったところで
完全に記憶は終わっている。

朝、目覚めたら犬がチャンピオンベルトの匂いをかいでいた。

以上、みなさん、ほんとうにどうもありがとうございました!!

関連記事

no image

趣味は「辺境料理」に決定

先日「公募」もした私の「趣味」がやっと決まった。 「辺境料理」である。 私はチェンマ

記事を読む

no image

犬の力

前に評判になったミステリに『犬の力』とか言う本があった。私にはあまり面白くなくて途中で止めて

記事を読む

タイ北部最大の市場…なんてあったのか

全然知らなかったが、チェンマイ郊外にタイ北部最大の市場(七日市)があり、 友だちに連れて行って

記事を読む

no image

僕が、落語を変える

私は自分のことを「文芸人」だと思っている。 文章を芸とする芸人であるという自覚だ。 だから、「芸人

記事を読む

no image

呆然

ソマリアのモガディショでいつも世話になっている友人のジャーナリスト2名が「日本に是非来たい」というの

記事を読む

no image

生物「超」多様性問題

探検部の後輩で今、テレビのディレクターをやっている男が生物多様性問題について取材をしているというので

記事を読む

no image

日本の冬

会社員を辞めて山岳ガイドになった後輩と一緒に箱根の山を歩いた。 ただ普通に山歩きをするだけのつもり

記事を読む

no image

ゲバラと私はどこで道を違えたのか?

 映画「モーターサイクル・ダイアリーズ」を見た。  若き日のチェ・ゲバラが友人と一緒に南米を旅する話

記事を読む

no image

酔って記憶をなくします

野宿泥酔の翌日は二日酔いにもならず、心身とも妙に快調。 そして翌々日、つまり今日も絶好調。 身体か

記事を読む

no image

漁師の作家

 「本の雑誌」9月号が出た。特集は「エンタメ・ノンフの秋」。  これを機に各書店で、エンタメ・ノンフ

記事を読む

Comment

  1. SGM より:

    この度は本当におめでとうございます!
    高野さんの本に出会って10年ほどになります、ちょっとうるっとしてしまいました。
    よっしーさん、洒落てるなあ~。
    これからも楽しみにしております。

  2. よっしぃ より:

    高野さん
    みなさん

    いろいろとお褒めの言葉、ありがとうございます。
    FACEBOOKのほうにちょっと書きましたが、
    当初は会場の隅っこで渡されば・・・くらいに思っていましたが
    まさかの会の最初・乾杯前の授与式には
    驚いてしました。

    これから、チャンピオン高野として
    『いつ何時誰の挑戦でも受ける』精神で
    異種格闘技戦も辞さず戦っていっていただきたい!
    新宿・伊勢丹前には注意していただきたい
    でも、時々、過激な若手から
    「高野なら何をやっても許されるのか!」
    と突っ込まれる脱力本も出しながら、
    UMA道に邁進していただきたい、と思っております

  3. Komo より:

    改めておめでとうございます。
    ネクタイきまってるな~と思ったら、スタイリスト
    さんだったんですね。
    次にネクタイを締めるときは、自らの手でお願
    いしますね。
    その画像が見られる日を期待しないで待って
    います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 「本の雑誌」1月号が届いていた。恒例の2019年の総合&ジャンル別ベストテン。ランクインしたほとんどの本が未読であるのも驚きだが、中には買ったまま未読の本もあって二度びっくり。 ReplyRetweetFavorite
    • そして何とも嬉しいことにSWAは来年から本格始動するという。これほどの人気者&実力者が4人もよくぞ。来年はよい年になりそうだ。 ReplyRetweetFavorite
    • よみうりホールにて8年ぶりのSWAを堪能。期待通り、面白かった。出色はトップバッターの喬太郎さんか。心に闇を抱えたOLがマジで怖かった。 ReplyRetweetFavorite
    • 年明けにこんなイベントをやります。 https://t.co/QugDcyKPiH ReplyRetweetFavorite
    • 今やこのうちの一人の独演会でもチケットがなかなか入手できないのに、四人が集まって新作をやってたんだから、おそろしく贅沢なことだった。亡くなってしまったS社の担当編集者Rさんと2,3回一緒にSWAを観に行ったことを懐かしく思い出す。 ReplyRetweetFavorite
    • 春風亭昇太、柳家喬太郎、三遊亭白鳥、林家彦いちの各師匠が全員でオリジナルの噺を作って話すという伝説のグループ「SWA」が今、一時的に復活している。それで十年前に購入した「SWAのDVD ブレンドストーリー『願い』」を久しぶりに観たが、やっぱり奇跡的な完成度の高さ。 ReplyRetweetFavorite
    • 今読んだけど、とても面白かった。扉を開くと自由で明るい未来が待っていたというような有緒ワールドを堪能。 https://t.co/qAC7OZuflw ReplyRetweetFavorite
  • 2019年12月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑