*

un no ochiteiru kata boshu

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

Bhutan no kita e ittekita.
omotta ijou ni samukute,tokidoki hyou ga hutteita.
mondai no kokan taisaku daga,
kekkyoku “Go”wo kinai koto de ochitsuita.
nazenara,yama dewa Go wo kiteiru hito wa amari inai kara da.
watashi wa ajia gentei ame-otoko nanode,konkai mo zonbun ni ame ga hutteiruga,
Go no ue kara amagu wo chakuyou suru koto wa dekinai shi,
daitai,Go wa yappari ugokinikukute huben da.
doumo Go toiunowa nihonjin ni totteno seihuku mitaina monorashii.
kaishain no su-tsu toka gakuseihuku to onaji nanoda.
sutsu de yama wo noboru hito wa imai.
moshi iru to sureba,honnozasshi no Sugie-san kurai darou.
tokorode,kita no yama dewa hyoukou 3500mkuraide koudoshougai(kouzanbyou)de shinisouni natta.
koudo no koto nado nani mo kangaetenakattanode totemo odoroita.
ikigire to zutsuu to memai de hurahura shinagara,
yukiotoko no hanasi wo kikou to shitara,doumo sonohen dewa amari yukiotoko ga denai rashiku,kawarini “Churei”toiu nazo no doubutsu ga popular no youda.
Ghurei niwa un ga ochiteiru toki ni deau toiu.
isiki shite un wo otosu nowa muzukashii.
saikin tsuitenai…to omou kata wa chousa ni kyouryoku shite itadakitai.

関連記事

no image

声が出ない!

たぶん風邪だと思うのだが、 昨日の晩から声が妙にガラガラになり、 今日にいたっては朝からまったく声が

記事を読む

no image

骨と沈黙

年に一度のお楽しみ、本の雑誌増刊の「おすすめ文庫王国2009」で 佐藤多佳子が自分の文庫オールタ

記事を読む

アラスカへ逃げたい

石塚元太良・井出幸亮著『All About Alaska アラスカへ行きたい』(新潮社)

記事を読む

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている人なのか説明できない」という人

記事を読む

no image

在日外国人支援ボランティア

世界中の人たちに二十五年もお世話になりつづけている。 そろそろ何か恩返しをしなければと思い、 在日ア

記事を読む

no image

イスラム飲酒講演会

昨日は講演が2つ連チャンであった。 一つは午後、小田急線の鶴川にある和光大学。 主にフィリピンや在日

記事を読む

no image

形見の銃弾

 義父が昨年1月、義母が今月と、相次いで亡くなったため、 妻の実家は遺品の山である。  なにしろ8

記事を読む

no image

日本はよい国

天気がいいので、相模湖から城山まで山をぶらぶらする。 途中の休憩小屋で酒が売られているのを見て感激

記事を読む

no image

全国のホテルにスットコを!

宮田珠己『スットコランド日記』(本の雑誌社)を 気が向いたときにてきとうなページを開いて読んでいる。

記事を読む

no image

映像をだらだら見れた!

久しぶりに会った年長の友人の勧めでtwitterを半年ぶりに再開した。 ブログとの棲み分けができるの

記事を読む

Comment

  1. LP より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 F08A3(c500;TB;W30H20)
    Takarakuji Atatta Koto Arimasen. Watashi no Ochita Un wo Roma Ji Henkan Shite Okurimasu. Korede Tsugino San Okuen ha Watashi no Monodesu!
    ローマ字100%だと投稿出来ないみたいですね。

  2. ヒロシ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; YTB720; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    がんばってください。
    私はあなたのファンです。
    次なる秘境はやはりブータンですね。
    本も楽しみにしています。

  3. アジケト より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322; InfoPath.2)
    ローマ字変換職人さんがGWでお休みのようなので(笑)
    代わりに私がやってみます。
    ===ここから===
    『運の落ちている方募集』
    ブータンの北へ行ってきた。
    思った以上に寒くて、ときどき雹が降っていた。
    問題の股間対策だが
    結局ゴを着ないことで落ち着いた。
    なぜなら、山ではゴを着ている人はあまりいないからだ。
    私はアジア限定雨男なので、今回も存分に雨が降っているが
    ゴの上から雨具を着用することは出来ないし、大体ゴはやっぱり
    動きにくくて不便だ。
    どうもゴというのは日本人にとっての制服みたいなものらしい。
    会社員のスーツとか学生服と同じなのだ。
    スーツで山を登る人はいまい。
    もしいるとすれば、本の雑誌の杉江さんくらいだろう。
    ところで、北の山では標高3500mくらいで高度障害(高山病)で
    死にそうになった。
    高度のことなど何も考えてなかったのでとても驚いた。
    息切れと頭痛とめまいでふらふらしながら、
    雪男の話を聞こうとしたら、どうもその辺ではあまり雪男が出ないらしく、
    かわりに『チュレイ』という謎の動物がポピュラーのようだ。
    『チュレイ』には運が落ちている時に出会うという。
    意識して運を落とすのは難しい。
    最近ついてない…と思う方は調査に協力していただきたい。
    ===ここまで===
    『Churei』なのか『Ghurei』なのかは
    再来週ティンプーで合流時に確認します。

  4. ぷーたん より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; YTB720; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    高野さんは語学が堪能だから
    次は語学をどうしたらマスターできるかっていう
    語学学習者向けの本を出してほしい。

  5. フカヤ より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X 10_5_8; ja-jp) AppleWebKit/531.22.7 (KHTML, like Gecko) Version/4.0.5 Safari/531.22.7
    運の落ちてる人ですか
    はいはい、僕です。
    あ、いや自分の低迷は運じゃなくて実力ですかねorz
    失礼しましたー。
    お身体お気をつけてー。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 私はタオルを濡らして首に巻いていた。西欧人のランナーたちには怪訝そうに見られて、中には「それは重くて首によくないんじゃないか」と忠告してくれる人もいた。でも実際は首タオルは体温を低く保ち、すごく快適だった。西欧では知られていないジ… https://t.co/skXMkm6W2L ReplyRetweetFavorite
    • 十数年前、私がサハラマラソンに出場したとき、主催者はレース前に選手たちに「とにかくたくさん水を飲んでください。そして、(給水所で)頭から水をかぶってください」と言っていた。すると実際熱中症で倒れる人はいなかったようだ。日本で「水を頭からかぶる」は難しいが… ReplyRetweetFavorite
    • 私もまだ徹マン効果が続いている。気持ちが高ぶって昼寝しようにも眠れなくて困ってる。この発明はマジで凄いのかも。 https://t.co/J33GKQk6LZ ReplyRetweetFavorite
    • 帰りの新幹線で眉村卓著「ねらわれた学園」(講談社文庫)を一気読み。シンプルな力強さに古典の醍醐味を満喫。 ReplyRetweetFavorite
    • 長野県の菅平高原で開催されている信州森フェスで講演してきた。菅平は涼しい!森フェスは入場無料だから、避暑だけでも行く価値あり。食べ物も美味しいです。https://t.co/B7WUhvoHPc ReplyRetweetFavorite
    • RT : 【🦍是非🦍】 『渋谷いきもの会議2022』のアーカイブ販売はいよいよ今週末6月25日(土)22時までとなります。三年ぶりの生物パーティーを目撃ください! https://t.co/zTNrOjP04A ※ゲストの宮田珠己氏の登場は開始から約2時間5… ReplyRetweetFavorite
    • 元のカバーと比べてみた。元の方もすごくいいんです。ちなみに内容はこんな感じ。 https://t.co/qTIJtTFEFJ ReplyRetweetFavorite
  • 2022年7月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑