*

タマキングはなぜモテる?

公開日: : 高野秀行の【非】日常模様

土曜日、新宿ネイキッドロフトにて行われたタマキング祭りを見に行った。
私は自分ではイベントにしばしば出ているが、人のイベントに行くことはほとんどない。
とても新鮮で、気楽な気持ちだった。

ご存じのように私は熱心なタマキンガー(タマキングファン)である。日頃から電話やメールでやりとりしているし、
この日も、7月に奄美大島へ一緒に遊びに行くため、二人でネイキッドロフトのすぐ近くにあるショップにシュノーケル・グッズを買いに行ったりしていた。

要するに、しょっちゅう彼と喋っているわけだが、
なのに、「タマキングの話を聞きたい!」と思って、一般参加も辞さない思いでいたのだから、どうかしている。
(実際には主催者の方が「関係者」としてご招待してくれた)

本人はやる前から「何も喋ることない。全然気がすすまない」とげっそりしていたが、私は自分が出るわけじゃないのでますます気楽。
そして始まってみれば、これがめったやたらに面白い。
本人は否定するかもしれないが、やはりどこかに芸人気質があるし、さらにその核心には芸人も超えた何か特殊な天然要素がある。

それからもう一つ、宮田さんは写真がひじょうに上手い。絵があれだけ上手いのだから、構図がいいのは当然かもしれないが、
カラーの大画面で、本では公開されていないホンノンボや巨大仏、迷路旅館などの写真が見られ、それがまたばかばかしくて強烈で
会場は爆笑の渦に巻き込まれた。

まったく私とは話芸でも写真でも全然レベルがちがう。

だが、最大にやられたのは、客層。
6割から7割が女子なのだ。しかもイベント終了後は宮田さんにサインをもらうために長蛇の列ができ、
サインをもらったあとはツーショットで写真を撮る若い女子が続出。
私のイベントとは見違える光景だ。
なぜ彼はそんなにモテるのだろう? 「文章ではひねくれ者のオヤジみたいだけど、実際にはいい男だから
そのギャップに萌えるのでは?」と解説する女性がいたのを思い出した。

「いやあ、胸元とか見ないようにって意識しちゃったよ~」とタマキングは始まる前とは打って変わってご機嫌。
私は筋金入りのタマキンガーで、いつもタマキングの人気は上がれば上がるほどいいと心底思っているが、
これだけはどうにも納得がいかないのだった。

関連記事

no image

ソマリランドで今、話題になってること

今、やっと日本でもソマリアの飢饉がニュースになってきたようだ。 では、こっちではどうかというと、ほ

記事を読む

no image

ダルマ死す。享年17歳9ヶ月

飼い犬のダルマが昨晩、午前2時ごろ息を引き取った。 享年17歳9ヶ月。人間なら90歳くらいの高齢だっ

記事を読む

no image

幻の旅人、復活!

「旅行人」2010年上期号が届いたので、じっくり読む。 いつにもまして、マニアックな現地情報と美し

記事を読む

no image

メモリークエスト発進!

突然だが、五月の連休明けから一ヵ月ほど海外へ行くことになった。 例の「メモリークエスト」の取材、とい

記事を読む

no image

重版は他力にかぎる

今日、集英社の担当編集者の人から電話がかかってきて、「『未来国家ブータン』重版が決まりました」と言っ

記事を読む

no image

タンデム三輪車「トライデム」

拙著『異国トーキョー物語』の最終章に「盲目のスーダン人留学生・マフディ」という男が出てくる。 本名は

記事を読む

辺境ドトールで大宴会

土曜日、仕事場である「辺境ドトール」にて受賞祝賀パーティが行われた。 ドトールの常連である高級

記事を読む

no image

エンタメ・ノンフの横綱はこの人!

今月号の「本の雑誌」のコラムで、高橋秀実『素晴らしきラジオ体操』(小学館文庫)を紹介した。 秀実さん

記事を読む

no image

酒浸りなのかと言われても…

私の数ある悩みの一つは、初対面の人に「これが私の書いた本です」とさっと渡せるような本が一冊もないこと

記事を読む

no image

ミャンマーで上映会

業務連絡を兼ねての報告だが、 2月11日(月)から17日(日)まで、ミャンマーへ行くことになった。

記事を読む

Comment

  1. おふじちゃん より:

    (笑)
    ところで、宮田さんは、東電や原発についての怒りを軽いタマキングたっちでツイッターに書いてらっしゃいますが、高野さんはどうですか?
    明日金曜18時から、首相官邸前に一般の人が原発反対で大勢集まるらしく(毎週集まってて先週は1万人。だけど、報道無し)
    ついに日本にもアラブの春がっ!?
    高野さんにぜひレポートしてもらいたいです。
    私も、もちろん行きます。(野次馬で)

  2. 高野 秀行 より:

    私は人混みが苦手なので行けませんね…

  3. みいねこま より:

    タマキング祭り、見に行きました!わたしも宮田さんにサインをいただき、一緒に写真を撮っていただいた女子の一人です^^(・・・何歳までが女子ですか?泣)
    でも以前、高野さんのイベントでもツーショットで写真撮っていただきましたよ~
    確かにあの時は男性が多かったかも(笑)
    先日は宮田さんのトークを聞き、そして高野さんをチラ見し、なんとも贅沢なイベントでした!!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2022年11月
    « 3月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
PAGE TOP ↑