*

本当の本物は深海で弾ける

公開日: : 最終更新日:2013/10/01 高野秀行の【非】日常模様

2013.09.23takaikenいろんなことがありすぎて、ブログを書く暇がない。
ここ数日の出来事を簡単に羅列してみましょう。

まずはお知らせから。角幡唯介と公開対談をします。
以下、web本の雑誌の告知を貼り付けた。

—————————————————————————————————-

第35回講談社ノンフィクション賞を同時受賞された高野秀行さんと角幡唯介さんによる公開対談が開催されます!

早大探検部出身同士のお二人による辺境探検話。果たして話はどこへ行き着くのか。乞うご期待!

日時:10月11日(金)19時〜
会場:芳林堂書店高田馬場店8階
   東京都新宿区高田馬場1-26-5 FIビル
定員:70名
参加費:1000円
申し込み方法:芳林堂書店高田馬場店3階予約カウンターにて受け付けております。
       電話による申し込みはこちらまで→TEL03-3208-0241 芳林堂書店高田馬場店(代)

—————————————————————————————————
20日(金)
 文芸界のおしゃれ番長、ジュンコ・ウチザワ先生に連れられ、銀座に受賞式の衣装を買いに行く。
スーツを一着も持っていないし、ネクタイも結べないと言ったら、同行の杉江さんに「奇跡の47歳」と呼ばれる。
ダンヒル(どうしてライターのメーカーが服も作ってるのか?)、バーバリー、ボス、バーニーズinニューヨークなど、
未知の世界をさまよう。
おかげでスーツは買えた。でも直しがあり、一週間後に取りに来なければならない。
こんな魔界に、一人で来られるのか?

21日(土)
 映画の配給会社からソマリ語の仕事を依頼される。内容は翻訳でなく、カタカナに直すこと。
世の中には不思議な仕事があるものだ。

22日(日)
 「新潮45」で新潮ドキュメント賞の選評が掲載されていた。
『謎の独立国家ソマリランド』はおおむね絶賛されていてまるで受賞したかのよう。
ノンフィクション界の大御所・保坂正康氏は「著者のこのエネルギーはどこから来るのだろう、と感動する」と述べており、
私はこの言葉に感動してしまった。
多くの選考委員が挙げているソマリランド本の欠点は「長い(ページ数が多い)」ということ。
 冗談のようだが、それくらいしか欠点がなかったらしい。
 受賞できなかったが、勘弁してやるか。

23日(月)
 本年度のノンフィクション暫定1位候補がまた出現した。
 高井研『微生物ハンター、深海を行く』(イースト・プレス)。世界トップレベルの研究者が
生命の起源を探るため、深海艇に乗り込み、「冒険」を続ける。
 しかし、その筆致はタマキングや椎名誠がさらにおちゃらけたよう。

 目次を見るだけでもすごくて、

第4話 JAMSTEC新人ポスドクびんびん物語

第6話 JAMSTECの拳――天帝編――

(註:JAMSTECとは独立行政法人・海洋研究開発機構のこと)

など、およそ真面目に書かれた本とは思えない。
(1969年生まれであるため、話題もやや古い。私にはドンピシャであるが…)

 しかし、実際に読んでみれば、これほど真剣な男の話はない。
「ヘンな未知の生物を絶対に見つけてやる。それで生命の起源の謎を解き明かす!」
と本気で人生をかけているのだ。しかも世界でその謎に最も肉薄している!!!!

 青春記としても最高で、これまで私が読んだ「世界クラス青春記御三家」である、
小澤征爾『ボクの音楽武者修行』、藤原正彦『若き数学者のアメリカ』、植村直己『青春を山にかけて』と肩を並べる。

 タイトルはイマイチだし、なぜか青いインクで印刷されてるし、このおちゃらけた文体だし、
たぶん良識ある人々には訴えないと思うが、本当の本物はこんなところに潜む、というか弾けているのである。
まるで著者が追い求める深海熱水の微生物のように。

 そのうちどこかの雑誌か新聞でこの本について書くことになるだろう。

関連記事

no image

イランの料理をみくびっていた

日曜日、「おとなの週末」で連載開始する「移民の宴」の第2回取材で、 イラン人のベリーダンサー、ミーナ

記事を読む

no image

求む、ナイスな雑木林コース

昨日、鎌倉と江ノ島に行った。 両方とも今までの人生で行ったことがあるといえばある。 が、鎌倉

記事を読む

no image

「ミャンマー」じゃなくて「バマー(ビルマ)」だった

昨日、高橋ゆりさんからメールが来た。彼女も『ハサミ男』に名探偵サンシャーの話が出てくることにびっくり

記事を読む

no image

ベトナムの猿人

紆余曲折の結果、ミャンマー行きは取り止めになった。 最近、ほんとについていない。 その代わり同じ時期

記事を読む

no image

このくだらない本がすごい!

正月早々、高橋秀実『はい、泳げません』(新潮社、現在は文庫も出ている)を再読。 超カナヅチの秀実さ

記事を読む

no image

いい人症候群の後遺症

震災以来、突然「いい人」のふりをしてしまう恐ろしい伝染病「急性いい人症候群」に冒されていたが、 ここ

記事を読む

no image

なぜ妻子持ちは超過酷に挑むのか

1カ月ほど前、鏑木毅『激走100マイル 世界一過酷なトレイルラン』(新潮社)という本を読んで感銘

記事を読む

no image

芥川賞受賞の衝撃作

あまりに評判がいいので、磯崎憲一郎『終の住処』(新潮社)を読んでみたら、 衝撃を受けた。 こ、これ

記事を読む

no image

発売直前の本は売れるように見える

本の雑誌社へ赴き、できたての「アスクル」を見る。 一見ビジネス書風だが色合いがおかしい。 ブログに載

記事を読む

no image

ソマリ兄妹来宅の巻

アブディラフマンとサミラのソマリ姉妹がうちに来て、遅まきながらラマダン明けのパーティ。 サミラ

記事を読む

Comment

  1. ajiketo より:

    高井研さんですか。
    お名前はかねがね。
    お仕事からすると広島大学の長沼 毅准教授と接点がありそうですね。
    いいなぁこういう本物の研究者は。

    ちなみに熱水環境に生息する極限環境微生物は
    耐熱性酵素開発の重要なネタでもありますので、
    日本の温泉は結構海外企業のターゲットになっているそうです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 「清水さんはエッセイも一級品」と書くつもりだったのに、「清水さんのエッセイは一級品」と書いてしまった。これでは他の仕事が一級品じゃないみたいだ。もちろん全部一級品ですよ、すみません! ReplyRetweetFavorite
    • 清水さんはエッセイは一級品。読みやすい文章に誘われて、中世の人の息づかいを感じることができる。「スマホを手繰る」という斬新な表現にも感嘆した。蕎麦か!? ReplyRetweetFavorite
    • 私と対談本を出している歴史家の清水克行さんが「小説新潮」(9月号)にて「アナーキー・イン・ジャパン」なる新連載を始めた。同誌では私も「謎の未確認納豆を追え」という連載を行っており今月号は「西アフリカのハイビスカス納豆」。二人とも「それ、どうよ?」というタイトルだ…。 ReplyRetweetFavorite
    • 私はニュースの素材になるような取材をしていないから、そういうことをやっている人を尊敬するという意味です。 ReplyRetweetFavorite
    • 「人が表現者として世に出るのに必要なのは才能と運と継続」もけだし名言。 ReplyRetweetFavorite
    • 本棚で別の本を探していたら、大槻ケンヂ著『いつか春の日のどこかの町へ』(角川文庫)が目に留まり思わず再読してしまった。しみじみと明るく切ない名作。オーケンさんは大人になれない大人の話を書かせたら天下一品だ。 ReplyRetweetFavorite
    • 電車の中で親しげに「おう!」と声をかけてきた人がいて、誰かと思ったら弟だった。生きてたんだな、弟。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年8月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑