*

完全なる無駄

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

お盆休みとオリンピックが重なり、
区民プールが昼間でも夜でも
おもしろいぐらい空いている。
いつまでもお盆休みとオリンピックが続いてほしい。
     ☆      ☆       ☆
この前、web本の雑誌で連載中のタマキング「スットコランド日記」を紹介したが、
同じサイトで営業兼編集の杉江さんが連載している「帰ってきた炎の営業日誌」
いつも面白くて楽しみにしている。
出版界の「現場」である書店の状況がよくわかるし(文芸書が壊滅的に売れないという事実も出版界自体がヤバイという事実も再確認できる)、
すごい読書家でもある彼の読書案内もタメになるし、
娘や奥さんとのやりとりも笑えるうえ、
全然ためにならないが浦和レッズファンという不思議な人種の生態もわかってしまう。
(今度、単行本化されるらしい!)
それはいいのだが、昨日見たら、連載ページの上の広告(バナーというのだろうか?)が麻雀だった。
テンパイした牌が並び、「何を待っているのでしょう?」というクイズになっている。
これを見て、私はわりと簡単に答えを出し、
それがちゃんと当たっていた。
(五面待ちの手だった)
麻雀は高校時代3年間熱中していたが、その後24年間、ほぼ全くやってない。
思い出すこともない。役の名前も忘れてしまった。
なのに、テンパイを見るとかなり複雑でもすぐわかる。
若い頃熱中したことというのは残るものなんだなあ。
まったくの無駄だったが。
音楽とか映画とかスポーツとか文学に熱中しておけばどんなによかっただろう。
囲碁や将棋でももちろん、いい。
鉄道マニアや切手コレクターでもよかった。
だって麻雀なんて今は全く興味がなく、今後も絶対に興味をもつとは思えないし、
仕事にも全くつながらない。
たいへん虚しい…。

関連記事

no image

月刊日本語

日本語教師やそれを目指す人向けの雑誌「月刊日本語」(アルク)のインタビューを受ける。 担当の編集者

記事を読む

no image

英訳「突破者」を外国人はどう読む?

なんとなくアマゾン書店の洋書コーナーを眺めていたら、 おもしろい本をみつけた。 宮崎学「突破者」の英

記事を読む

no image

マイブームじゃなかった…

依然としてマイ・ブームとして続いている「自閉症モノ」、 3冊目に読んだやはり泉流星の『僕の妻はエイリ

記事を読む

no image

相模原の秘境

取材で相模原の郊外へ行く。 畑の中にポツンとあるちっぽけな施設に、すごい人物がいた! ほんとうに凄い

記事を読む

仕事の邪魔になる本を是非!

帰国するなり、仕事と雑務が山積。 って、最近いつも同じことを書いている気がする。 ちょっと前

記事を読む

no image

意識が

「婦人公論」の書評コーナーでインタビューを受ける。 本を出すたびに、こういうふうに反響がくるのはあ

記事を読む

no image

「アヘン王国」復活?!

知人から「アヘン王国」関係の情報を教えてもらった。 「黄金の三角地帯」でアヘン生産が激増しているとい

記事を読む

新連載開始?

今、すでに五誌(紙)で連載していてアップアップなのに 今度は「本の雑誌」で新連載を開始してしま

記事を読む

no image

「中国人の本音」

人気ブログ「大陸浪人のススメ」の管理人で、それを書籍化した「中国人の本音 中華ネット掲示板を読んで

記事を読む

no image

「アドゥンはタイ人」さんご来場

上智大学の講義第2回。 ゲストであるタイの伝統音楽家アドゥンさんと大学の北門で待ち合わせていたのだ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 3日連続で研究者の方々と飲み会や雑談。一昨日は歴史学者(対談相手の清水克行さんだけど)、昨日は言語学者、今日は考古学者。専門家の話は本当にためになるし、面白い。 ReplyRetweetFavorite
    • 拙著『辺境メシ』の中国繁体字版のオファーが香港の出版社から来たという。何でも食べることで知られる広東人に認められたとは、ちょっと自慢したくなる。 ReplyRetweetFavorite
    • ご丁寧にどうもありがとうございます!「モディリアーニにお願い」は第3集までコンスタントに面白かったです。第4集も期待してます。奄美のケンモン話は私も好きです。 ReplyRetweetFavorite
    • 辺境ドトールで仕事してたら、店長がどこかから個人的に入手した「ウィスキーコーヒー」を飲ませてくれた。ウイスキーの樽にコーヒー豆を何年も寝かせて作ったものだという。アルコール分はもちろんないけど、香りも味も濃厚なウイスキー風味で、だんだん酔ってきた。 ReplyRetweetFavorite
    • ジュンク堂吉祥寺店では文化人類学特集をやっていたが、一冊だけ文化人類学と関係ない本があった。私の『謎の独立国家ソマリランド』。しかも、宮本常一『忘れられた日本人』とマリノフスキー『西太平洋の遠洋航海者』にはさまれて。何か間違ってると思うが、とても嬉しい。 ReplyRetweetFavorite
    • 仕事と雑務がちょっと一段落したので、勇気を振るってものすごく久しぶりに大型書店(ジュンク堂吉祥寺店)へ行ったところ、あまりに楽しくて、3時間近くも店から出られなかった。だから大型書店は怖い。 ReplyRetweetFavorite
    • 今日、休日だったのか! どうも普通の月曜日と様子が違うと思ってた。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年7月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑